【スプラトゥーン2】ナワバリバトルで勝つコツ!

スプラトゥーン2(splatoon2)における、ナワバリバトルのルールや勝つためのコツを掲載しています。ナワバリバトルについて詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

ナワバリバトルで勝つコツ

自陣の塗りは徹底する

ナワバリバトルで勝つコツの一つとして言えるのが、自陣の塗りの徹底です。塗りが得意な武器を使う場合は、率先して自陣の塗りの徹底をしましょう。

できれば、こまめにマップを見て、自陣に敵のインク溜まりがあまりない状態が理想です。自陣に敵インクがあると、判定で不利になることもあるほか、「仮想敵」を生み出します。なので、基本的には自陣に敵のインクがない状態を保ち、安心して前線へ出れる状況を作りましょう。

少しずつで良いので前線を上げる

自陣を固めたら、次は前線を上げる必要があります。サブによるけん制で着実にあげていくも良し、腕に自身のある方は特攻するも良し、とにかく、少しずつで良いので、前線を上げて塗り状況を有利に持っていくことが大事です。

しかし、ヤバイ、と思ったら速やかに撤退しましょう。少し下がって、相手の射程外からちまちま攻撃するのも有効です。スペシャルが溜まったり、人数有利になったら、再度前線を上げることに注力しましょう。

敵のインク変動に敏感になる

マップでは、塗り状況を把握できます。そして、インクの動き方を見れば、敵がどこにいるのか、その敵の武器はなんなのかがわかります。味方全員が前線に出ていることで、裏取りする敵に気付かず対応出来なかった、なんてことがないようにしましょう。

その為、4人のうち1人は、味方よりも少し後ろで、マップをこまめに確認しつつ、敵インクの動きを警戒する必要があります。優勢時こそ、いつもより広い視野で立ち回ることが大事です。

ラスト30秒でデスしない!

ナワバリバトルでよくあるのが、ラスト30秒での形勢逆転です。そう、30秒あれば、形勢逆転が起こるのがナワバリバトルです。そのため、ラスト30秒では、絶対にデスしない様に心がけましょう。

キルを取れというわけではありません。敵の侵攻を抑え、スペシャルが溜まったら敵陣侵入、キルは迎撃程度で構いません。とにかく、ラスト30秒でデスせずに、塗れるだけ塗ることを意識してみましょう。

ナワバリバトルでおすすめの武器


塗り性能の高さは勿論、スペシャルによる敵陣侵入が優秀。塗りにおいてはトップクラス。

RGに並ぶ塗り性能の高さを持つ。スペシャルのカーリングボムラッシュがラストスパートで効果的。

速攻性が高く瞬時な塗りができるサブ、攻撃やカウンター向けのスペシャルを持つ。バランスの良い武器。

メインの塗り性能が良く、味方のサポートも可能。初心者から上級者まで扱いやすい武器。

メインの塗り性能は勿論、サブスペの前線を押し上げる性能が非常に高い。敵を前に出させない防衛武器。

接近時のキル性能の高さ、サブを使った機動手段、スペシャルの攻撃性能が優秀。綺麗な塗りも可能な武器

メインの塗りやすさ、速攻性の高いサブ、攻撃&敵陣塗りが可能なスペシャルが便利。

▼上記以外の武器はこちらから!

ナワバリバトル最強武器ランキング

関連リンク

▼ガチマッチのルール解説

ガチエリアのアイコンガチエリア ガチヤグラのアイコンガチヤグラ ガチホコのアイコンガチホコ ガチアサリのアイコンガチアサリ

今月のガチマッチのステージ一覧

▼その他のバトルルール

ナワバリの画像ナワバリバトル リーグマッチリーグマッチ フェスの画像フェスマッチ

▼その他バトルで役立つ情報はこちら!

コメント

59 名無し4日前

いい加減ナワバリもマッチングの修正してくれないかなー。めっちゃ偏ってチャー3とかあるし酷けりゃ4の時もある!3なら2と1で分けたらいいし4なら2と2に分けてほしい。武器の性能を考慮して編成分けてくれm(._.)m

58 名無し4日前

キル厨の人とかいるけど塗りをせずにキルばっかに集中しちゃうと味方に塗りを任せることになるから味方頼りになる。それで勝ったら全然いいけど負けたら味方に負担をかけてたことになるからなー。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ナワバリバトルで勝つコツ!」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    攻略メニュー 続き

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る