スプラトゥーン2攻略記事

【スプラトゥーン2】マニューバーのスライド回避のやり方

スプラトゥーン2における、マニューバーのスライド回避のやり方と、スライド回避を使用した、おすすめの立ち回りについて解説しています!スライド回避を有効に活用して、上手に立ち回りましょう!

スライド回避の参考動画

まずは「スライド」を見てみよう

スライド回避の参考動画になります。回避を上手に活用すると、このようにトリッキーな動きが可能になります。

スライド回避のやり方

撃ちながらBボタンで回避!

射撃中にジャンプボタン(Bボタン)を押すことで、Lスティックを倒している方向に2回まで高速移動することができます。

前作からプレイしていて、ジャンプ避けの癖がある方は、試し撃ちで慣らしておきましょう。

空中でもスライドはできる

スライド回避は空中でも行うことが出来ます。高い場所で使うことで、素早く地上に降りることが出来るため、非常に便利です。

スライド後、入力なしで固定打ち可能

ケルビン525を除くマニューバーは、スライド回避後に方向キーをどこにも入力していないと、スライド終了地点で体の軸はそのままに、エイム方向のみ変えることができます。

照準がシューターの様に一つになるので、エイム力を活かしたい時に便利です。

スライド回避の使い方と立ち回り

スライド回避を使う状況

▼攻める・避ける・翻弄する

スライドは、攻める際の間合いを詰めるときや、相手のインクを避けるとき、そして、翻弄し立ち回りにメリハリをつけるのに便利なアクションです。

▼インクを一点に集中させる

スライド後のインク(射撃)は、ブレのない射撃が可能です。一点に集中してインクを撃ちたい時は、スライドを利用してみると良いです。

やりがちなタブー行為

▼とりあえず2回スライドする

低ランク帯、低ウデマエ帯で多く見られるのが、不要な場面での2連続スライドです。スライドの使用後には隙があり、相手にしてみれば、絶好のキルチャンスにしかなりません。

相手のインクに一発当ってしまったらスライド、ぐらいの余裕で使用していけると、隙を突かれるリスクは減ります。

▼ステージ外付近でのスライド

ステージ外付近で、スライドした勢いで場外に落ちていくプレイヤーをよく見ます。スライド操作になれないうちは、場外付近での対面、及びスライドの仕様は控えましょう。

ただし、敵にキルをされるよりも、場外でデスした方が復帰が速いので、手段の一つとしてはありです。その代わり、敵によるデスで効果を発揮するギアパワーの恩恵を得られないと言うデメリットもあるので、状況に応じて使い分けましょう。

スプラトゥーン2 関連リンク

コメント

19 名無しさん10日前

>>11 できねぇよww

18 名無しさん約1ヶ月前

>>1 ('0')/ハイ!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「マニューバーのスライド回避のやり方」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    攻略メニュー 続き

    新着コメント

    • LINEでスプラトゥーン2のグループを作りました!
      初心者の方から上級者の方まで、好きな時にグループ内で仲間を見つけて遊べるようにしていきたいです☆
      まだ立ち上げたばかりですが、たくさんの方からの申請待ってます(^-^)
      QRコードから登録していただいて、ひとこといただければグループ招待しますのでよろしくお願いします★

    • グループ拡大に向けてメンバー募集中、こちらのグループの理念は他メンバーとの時間帯が合わずなかなかインできない、みんなの輪に入りづらい、様々なグループの人間関係で悩む方、そう言った問題を埋めるためのグループです。だから細かいルールは設けず腕前や年齢やイン率等関係なく入っていただけます^ - ^ 唯一のルールは他メンバーに暴言を吐かない不快にさせないと言う点だけです。あとは仲間同士の個人的な交流やグループの引き抜きやともだちの招待も自由とします。新規グループなので身内ばかりとか常連で固まってるとかなくみなさん気さくな方ばかりです。もし入りたい方はわたしに声かけてくだされば速やかに招待します。みんな活動時間がバラバラですからどこかでマッチングできる環境にしたいためみなさん協力していただきたいです。現在100人近くいますが、いろいろな時間帯で活動できるようなグループにしたいためまだまだ募集します。よろしければふるって参加ください。

    権利表記

    トップへ戻る