【スプラトゥーン2】シェケナダムのステージ攻略

Show

スプラトゥーン2における、サーモンランのステージ「シェケナダム」のステージ攻略情報を掲載しています。シェケナダムで立ち回る上で知っておきたいことなど、得する情報も掲載しています。

シェケナダムのステージマップ

シェケナダムのステージ画像拡大

シェケナダムは高低差があり、満潮時は極端に狭くなる特徴を持つステージです。

シェケナダムのステージ攻略

ステージが狭い

シェケナダムは、余裕を持って動き回れるような広いスペースが、スタート地点くらいしかありません。スタート地点周辺は、足場をしっかり確保しておきましょう。

高低差や段差が多い

シェケナダムは、ステージが狭いかわりに小さな段差から、高低差のあるステージになっています。金イクラの運搬や逃避ルートとして、足元だけではなく、ところどころ壁は塗っておきましょう。

満潮の時はステージがかなり狭い

もともとステージの狭いシェケナダムですが、満潮時はさらにステージが狭まります。その上、マップの約3分の1は金網エリアになるので、イカダッシュで余裕をもって動き回れる範囲は、通常より半分以上も狭まっている状態になります。

金網ゾーンが広い

前述にもあるように、シェケナダムは金網が足場になっているルートが広いです。干潮満潮に限らず、金網の上での立ち回りは控えましょう。

ヘビ・グリル接近時の避難場所

シェケナダムは高台が多いので、シャケたちはそう簡単には登ってこれません。ザコシャケやヘビ、グリルなど、平地を進んでくるタイプのシャケに追われている場合は、できるだけ位置の高いところへ逃げ込み、高台から弱点を突ける状態が理想です。

スプラトゥーン2 関連リンク

▼サーモンランのステージ攻略

シェケナダム.pngシェケナダム ドンブラコ.pngドンブラコ
トキシラズトキシラズ シャケト場.pngシャケト場 方舟ポラリス方舟ポラリス

▼サーモンランの環境攻略

▼サーモンランのオオモノシャケ攻略

このゲームをプレイしている人におすすめ

1
ビビッドアーミー
【ゴジラコラボ開催!】
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
【リリース開始!】
人気TVアニメがゲームで登場!サクサク育成が可能なハーレム系RPG!
3
大軍師
【インストール不要】
自らの都市を繁栄させ、軍備を強化し、様々なイベントを楽しめる本格三国SLG!

コメント

25 名無しさん約2年前

Nさん、1連のグリル対応とても参考になりました。 詳しくありがとうございます。

24 N(sw-4321-9130-1357)約2年前

もしクランクでスタンを取り切れず高台に侵入されそうになったり、右上からきていることに気づくのが遅れた場合はタゲ持ちは高台から一度降りて誘導します。よくある失敗がグリルが高台入り口に引き返した時点で高台に上ってしまい、攻撃できずまた降りてと繰り返してしまい時間のロスとコジャケに絡まれて崩壊することがあります。この場合は短時間で上り下りを繰り返しても厳しいので、下に降りてグリルがクランクを通過するくらいまで待ちます。その後高台に戻ればクランクを再度通過して攻撃できます。 クランク以外で攻撃して倒す方法もあるかと思いますが、クランクは納品もしやすいのでお勧めです。 十分な金イクラを出したらタゲ持ちが壁でセミですとか下の高台にグリルを誘導すると納品しやすいです。

Show?1525936131

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「シェケナダムのステージ攻略」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    攻略メニュー 続き

    新着コメント

    • >>[51899]
      海外勢増えてマッチングくそになってるわ。明らかに実力差あるっしょ、海外勢は日本鯖だとレート150くらいは下がるやろ、わけてくれー。

    • ☆☆☆スプラトゥーングループ☆☆☆ ☆ナワバリ、バイト、リグマ、プラベ、一緒にできる方 ☆初心者大歓迎 ☆二十歳以上 ☆昼、夜問わず ☆通話あり、聞き専可 ☆掛け持ち可 ☆腕前は問わないです 雑談しながら楽しくやりたいなって思ってます ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

    権利表記

    トップへ戻る