【ドラクエタクト】とくぎ強化書の入手方法と使い方【ドラゴンクエストタクト】

ドラクエタクト(DQタクト)におけるとくぎ強化書の入手方法と使い方を掲載しています。

とくぎ関連記事
秘伝書一覧アイコンとくぎ秘伝書一覧 特技習得アイコン習得タイミングは? 特技強化アイコンとくぎ強化のやり方

とくぎ強化書の入手方法

とくぎ強化ダンジョンで入手

とくぎ強化
ストーリーを進めることで解放される、とくぎ強化ダンジョンで入手することができます。強化書の属性ごとのダンジョンがあるため、強化したい特技に応じたダンジョンに挑みましょう。

▶︎特技強化クエスト地獄級の攻略を見る

デイリーミッションで入手

デイリーパピヨン
デイリーミッションの「とくぎ強化クエストを1回クリアする」をクリアすると、無属性のとくぎ強化書を1つもらうことができます。毎日忘れずに行くようにすると、無属性特技の強化の際は、強化書不足に困らずに済みます。

バトルロードやストーリーの初回クリア報酬

ストーリーやバトルロードの、初回クリア報酬で入手することができます。強化ダンジョンとは違い、初回クリア時の1回だけの入手となります。

とくぎ強化書の使い方

手順一覧

ホーム画面の「なかま」ボタンをタップ
「とくぎ強化」ボタンをタップ
とくぎ強化したいモンスターを選択
強化する特技を選んで「強化どうぐ選択」をタップ
使用する強化書を選び「決定」をタップ

属性ごとに強化書は異なる

とくぎ強化書
とくぎの属性によって、必要になる強化書は異なります。強化したいとくぎの属性を確認した上で、必要な素材を集めましょう。

万能の強化書は属性に関係なくとくぎ強化可能

とくぎ強化書の中には万能の強化書という種類があります。万能の強化書はとくぎの属性に関係なくとくぎの強化が可能です。

強化段階に応じて強化成功率が低下

強化成功率
とくぎの強化を繰り返していくと、成功率はどんどん低くなっていきます。成功率を上げる方法はないため、根気よく強化を繰り返してとくぎを成長させましょう。

強化段階 成功確率
0→1 100%
1→2 70%
2→3 40%
3→4 25%
4→5 15%
5→6 8%
6→7 5%

失敗しても蓄積値が溜まっていく

とくぎ強化に失敗した場合、成功率の横にある蓄積値が溜まっていきます。蓄積値がいっぱいになると次の強化は必ず成功するため、回数をこなせば必ず強化させることが可能です。

関連リンク

ドラクエタクト初心者攻略情報▶︎初心者攻略!序盤の進め方
育成関連
レベル上げのやり方 ランクアップ優先度
戦闘力の上げ方 とくぎ強化書の入手方法
装備と錬金を解説 マスターランクの上げ方
モンスター育成のやり方 -
覚醒関連
覚醒のやり方 マスターメダル入手方法
覚醒のかけら入手方法 覚醒結晶の入手方法
攻略お役立ち関連
ゴールド稼ぎのやり方 Gショップのおすすめ
とくぎ習得のおすすめ ジェムのおすすめ使い道
ちいさなメダルの入手法 プレイヤーランク上げ方
スタミナの回復方法 宝箱・ツボの中身
Sキャラ交換方法 S確定チケットの入手方法
魔王英雄Sチケのおすすめ 初期配置の決め方
キャラ被りのメリット メタル狩りのやり方
初心者ミッションの報酬 有償ジェムの使い道
毎日やるべきことまとめ 毎日やるべきことまとめ
アイコンの使い方と入手方法
アイテム関連
経験値古文書の入手法 オーブの集め方
宝石の集め方 ストーンの集め方
ガチャチケット入手法 スキップチケット入手法
モナンメダルの使い道 -
ゲームシステム関連
バトルシステムとコツ 倍速プレイの解放条件
オートプレイの注意点 冒険手形は買うべき?
メタルカードは買うべき? タクトポイントの入手法
かしこさの意味と上げ方 さくせんの変更方法
アプデ・エラー関連
メンテ・アプデ情報 通信エラーの対処法
ダウンロード時の対処法 -

ドラクエタクトプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

コメント

8 名無しさん約1年前

今、倍増キャンペーンだよね?超級で3個ぐらいしか、泥しないけど普通?

7 名無しさん約1年前

倍増キャンペーン始まってから貰える数減った気がする!

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る