【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】「オルゴデミーラ(魔王級)」の攻略方法

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のドラクエ7後半イベントのボス「オルゴデミーラ(魔王級)」の攻略方法に関する記事です。オルゴデミーラに必要な耐性や、道具、食べ物、おすすめ装備などを紹介しています。オルゴデミーラが倒せないという方はチェックしてみてください!

オルゴデミーラ(魔王級)に挑戦するには伝説級やギガ伝説級で入手できる「オルゴデミーラのカギ」が必要です。

ドラクエ7後半イベント
オルゴデミーラ.png伝説級 オルゴデミーラ.pngギガ伝説級 オルゴデミーラ.png魔王級
その他イベント
オルゴ・デミーラのアイコン30周年記念

オルゴデミーラ第一形態の攻略の基本情報

オルゴデミーラ.pngオルゴデミーラ(伝説級)
種族 ???系
おすすめの職業 海賊
まもマス
賢者
スパスタ
いてつくはどうの頻度 なし
特別な報酬 天魔王の盾
(クリア報酬)

オルゴデミーラに必要な耐性

闇ブレス闇ブレス マヒマヒ 炎ブレス炎ブレス
★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆
眠り眠り 氷ブレス氷ブレス やすみやすみ
★★★★☆ ★★★★☆ ★★★★☆
CT減少CT減少 攻撃呪文 毒
★★★☆☆ ★★★☆☆ ☆☆☆☆☆
守備力のアイコン守備力 - -
★★★★★ - -

オルゴデミーラの耐性

メラ ヒャド ジバリア イオ
ギラ バギ ドルマ デイン
炎ブレス 氷ブレス 闇ブレス 土ブレス

◎=抜群、◯=等倍、△=いまひとつ、✕ =無効

オルゴデミーラの行動パターン

オルゴデミーラの通常行動

通常攻撃 ダメージ:約100×2
属性:無属性物理
対象:全体
付与効果:無し

オルゴデミーラの通常行動は、通常攻撃のみです。

オルゴデミーラの割り込み行動

幾千を超えし闇 ダメージ:約500
属性:闇ブレス
対象:全体
付与効果:無し

開幕のみ、幾千を超えし闇を使用してきます。

オルゴデミーラのスキル攻撃

こごえるふぶき ダメージ:約400
属性:氷ブレス
対象:全体
付与効果:無し

オルゴデミーラのスキル攻撃はこごえるふぶきのみです。

オルゴデミーラのゲージ変化攻撃

黄→赤
しゃくねつ ダメージ:約400
属性:炎ブレス
対象:全体
付与効果:なし

オルゴデミーラ第二形態の攻略の基本情報

オルゴデミーラのアイコンオルゴデミーラ第二形態
種族 ???系
いてつくはどうの頻度 なし

オルゴデミーラの耐性

メラ ヒャド ジバリア イオ
ギラ バギ ドルマ デイン
炎ブレス 氷ブレス 闇ブレス 土ブレス

◎=抜群、◯=等倍、△=いまひとつ、✕ =無効

オルゴデミーラの行動パターン

オルゴデミーラの通常行動

通常攻撃1 ダメージ:約240×2
属性:バギ属性呪文
対象:2人
付与効果:無し
通常攻撃2 ダメージ:約150×2
属性:無属性物理
対象:2人
付与効果:無し
あやしいひとみ ダメージ:なし
属性:なし
対象:1人
付与効果:眠り

オルゴデミーラの通常行動は、通常攻撃1か通常攻撃2です。ラスゲに到達すると通常攻撃1,2にあやしいひとみが追加されます。

オルゴデミーラの割り込み行動

深く落ちる眠り ダメージ:なし
属性:なし
対象:2人
付与効果:眠り+CT100%減少
備考:眠り耐性値に影響されず確定で眠る

オルゴデミーラは開幕のみ深く落ちる眠りを使用してきます。

オルゴデミーラのスキル攻撃

メラガイアー ダメージ:約??
属性:メラ属性呪文
対象:1体
付与効果:無し
眠り食らい ダメージ:約80(睡眠時約300)
属性:無属性
対象:全体
付与効果:無し
いなずま ダメージ:約150
属性:デイン属性物理
対象:全体
付与効果:無し
念じボール ダメージ:約400×2
属性:無属性物理
対象:2体
付与効果:無し

オルゴデミーラは、眠り喰らい→メラガイアー→…の順でスキルを使用します。また、ラスゲ突入時はそれまで溜めていたスキルをリセットし、念じボールを溜め始めます。

オルゴデミーラのゲージ変化攻撃

黄→赤
はげしく燃え盛る炎 ダメージ:約500
属性:炎ブレス
対象:全体
付与効果:なし

オルゴデミーラ第三形態の攻略の基本情報

スクリーンショット 2017-09-06 11.54.39.pngオルゴデミーラ第三形態
種族 ???系
いてつくはどうの頻度
(通常行動)

オルゴデミーラの耐性

メラ ヒャド ジバリア イオ
ギラ バギ ドルマ デイン
炎ブレス 氷ブレス 闇ブレス 土ブレス

◎=抜群、◯=等倍、△=いまひとつ、✕ =無効

オルゴデミーラの行動パターン

オルゴデミーラの通常行動

いてつくはどう ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:バフ解除
通常攻撃 ダメージ:約500
属性:闇ブレス
対象:全体
付与効果:猛毒+粘液状態
めいそう ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:HP400回復

オルゴデミーラの通常行動は、通常攻撃+いてつくはどうorめいそうです。

オルゴデミーラの割り込み攻撃

おぞましいおたけび ダメージ:約400
属性:無属性物理
対象:全体
付与効果:やすみ状態
追撃 ダメージ:約500
属性:闇ブレス
対象:全体
付与効果:猛毒+粘液状態

オルゴデミーラ第三形態は開幕のみ、おぞましいおたけびを使用します。また、約8回行動毎に追撃を使用してきます。

オルゴデミーラのスキル攻撃

たたきつける ダメージ:約400
属性:無属性物理
対象:1体
付与効果:やすみ
備考:1P→4Pの順

オルゴデミーラ第三形態のスキル攻撃はたたきつけるのみです。

オルゴデミーラのゲージ変化攻撃

黄→赤
マグマ ダメージ:約400
属性:炎ブレス
対象:全体
付与効果:なし

オルゴデミーラ第四形態の攻略の基本情報

スクリーンショット 2017-09-06 11.54.14.pngオルゴデミーラ第四形態
種族 ???系
いてつくはどうの頻度
(通常行動)

オルゴデミーラの耐性

メラ ヒャド ジバリア イオ
ギラ バギ ドルマ デイン
炎ブレス 氷ブレス 闇ブレス 土ブレス

◎=抜群、◯=等倍、△=いまひとつ、✕ =無効

オルゴデミーラの行動パターン

オルゴデミーラの通常行動

通常攻撃 ダメージ:約500
属性:闇ブレス
対象:全体
付与効果:猛毒+粘液
めいそう ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:HP約500回復
いてつくはどう ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:良い効果を打ち消す

オルゴデミーラの通常行動は、通常攻撃+めいそうorいてつくはどうです。

オルゴデミーラの割り込み行動

マダンテ ダメージ:約800
属性:無属性呪文
対象:全体
付与効果:無し
備考:開幕のみ
追撃 ダメージ:約500
属性:闇ブレス
対象:全体
付与効果:猛毒+粘液
からだを震わせあらがい始めた ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:なし
備考:「はげしくあらがう」を溜め始める
祈り ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:なし
備考:「マダンテ」を溜め始める

オルゴデミーラ第四形態は開幕は割り込み行動でマダンテを使用します。また、8回行動毎に追撃を使用します。

また、スキル攻撃の、マダンテ使用後は「からだを震わせあらがい始めた」、はげしくあらがう使用後は「祈り」を使用します。

オルゴデミーラのスキル攻撃

はげしくあらがう ダメージ:約150+100+300
属性:無属性+無属性+闇ブレス
対象:全体+2人+全体
付与効果:やすみ+マヒ+猛毒+粘液状態
備考:全体攻撃+マヒ攻撃+闇ブレス攻撃
マダンテ ダメージ:約800
属性:無属性呪文
対象:全体
付与効果:無し

オルゴデミーラは、体を震わせ始めたを使用した後に「はげしくあらがう」を溜め始め、祈りを使用した後に「マダンテ」を溜め始めます。

オルゴデミーラのゲージ変化攻撃

黄→赤
肉片を飛ばした ダメージ:なし
属性:なし
対象:なし
付与効果:お供(ブロブロス+ドゴロク)を生み出す

お供の行動パターン

ブロブロスの行動パターン
付け狙う
(スキル攻撃)
ダメージ:約80
属性:なし
対象:1人
付与効果:ターゲット状態
追撃
(割り込み行動)
ダメージ:約200
属性:無属性物理
対象:1人
付与効果:なし
ルカナン
(スキル攻撃)
ダメージ:なし
属性:呪文
対象:全体
付与効果:守備力ダウン
なめまわし
(スキル攻撃)
ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:すばやさ2段階ダウン
ドゴロクの行動パターン
やけつくいき
(割り込み行動)
ダメージ:なし
属性:ブレス
対象:全体
付与効果:マヒ状態
しゃくねつ
(スキル攻撃)
ダメージ:約400
属性:炎ブレス
対象:全体
付与効果:なし

オルゴデミーラ第四形態のお供のブロブロスは登場時、付け狙うを必ず使用します。スキル攻撃としてルカナン→なめまわしを使用してきます。約8回行動毎に割り込み行動として追撃を使用します。

ドゴロクは登場時、やけつくいきを使用します。スキル攻撃はしゃくねつのみです。

オルゴデミーラにおすすめの装備セット

おすすめ武器

海賊におすすめの武器

武器名 スキル構成
黄金竜の槌黄金竜の槌 天からの神撃
たたかいの歌
ピオリム
ビッグバン
ルビスの光
天空の剣★天空の剣★ 降臨黄金竜
ギガソード
たたかいの歌orルビスの光
星皇十字剣orビッグバンorギガストラッシュ
星皇十字剣
ピオリム

※スキル構成は完凸時のものです。

海賊は基本的にはルビスの光よりもたたかいの歌がおすすめです。また、イオとメラ属性では、セバスの兜★を所持している場合は、メラの方がおすすめになります。

賢者におすすめの武器

武器名 スキル構成
はぐメタの杖はぐメタの杖 ベホマラー
イオナズン
テンションチャージorたたかいの歌
メドローアorメラゾーマ
ベホマラー
フバーハ
大賢者の杖大賢者の杖 メラガイアー
ベホマラー
メラガイアー
ベホマラー
フバーハ

※スキル構成は完凸時のものです。

賢者は、海賊がたたかいの歌をセットする場合はテンションチャージ、ルビスの光をセットしている場合はたたかいの歌をセットしていきましょう。
海賊の負担を減らせる点で、はぐメタの杖の方がおすすめになります。

スパ&まもにおすすめの武器

武器名 スキル構成
ルビスの扇ルビスの扇 こだまする光撃
ベホマラー
ベホマラー
聖王のまい
聖王のまい
黄金竜の鞭黄金竜の鞭 ピオリム
突撃の一喝
ビッグバン
ベホマラー
白蛇の加護

※スキル構成は完凸時のものです。

スパスタとまもマスは回復やバフ要員としての役割が強くなるため、ルビスの扇がおすすめです。スパスタの場合は防具の装備要求がスパスタよりも高くなるため、注意しましょう。また、黄金竜の鞭に関しては、まもマスに装備させることを前提としているため、たたかいの歌ではなく突撃の一喝をおすすめしております。

おすすめ防具

その1:耐性装備セット

部位 装備名 有効なスキル
セバスの兜★セバスの兜★ 闇ブレス軽減・中
眠りガード+強
メラ属性とくぎのコツ
鎧上 黄金竜の羽衣上黄金竜の羽衣上 ミラクルボディ
氷ブレス軽減・中
炎ブレス軽減・中
鎧下 黄金竜の羽衣下黄金竜の羽衣下 黄金竜の恵み
闇ブレス軽減・強
ルビスの盾ルビスの盾 ルビスの守護
CT減少ガード+極
アクセサリー [女神のゆびわ女神のゆびわ マヒガード+中
眠りガード+中
[深緑巨竜の守り深緑巨竜の守り マヒガード+中
闇ブレス軽減・弱

魔王級のオルゴデミーラにおすすめの装備は上記の装備セットになります。装備では、闇ブレスダメージを軽減することが最重要になります。

セバスの兜★ははぐメタの兜でも代用できます。黄金竜の羽衣下は常闇の衣下魔剣士の装束下★でも代用することは出来ますが、立ち回りが大きく変わりますので注意しましょう。

また、ルビスの盾は第4形態のいてつくはどうケアとして、はぐメタの盾でも良いのですが、いてつくはどうケアは立ち回りで出来ますので、回復効果のあるルビスの盾の方がおすすめになります。

オルゴデミーラのおすすめ紋章

部位 装備名 紋章ボーナス
オルゴデミーラの紋章・頭オルゴデミーラの紋章・頭 炎ブレス5%減
やすみ耐性+5%
鎧上 ヘルバオムの紋章・上ヘルバオムの紋章・上 毒ダメージ+20%
鎧下 魔王ウルノーガの紋章・下魔王ウルノーガの紋章・下 ターン開始時3%でCT20%上昇
やすみ耐性+5%
ヘルバオムの紋章・盾ヘルバオムの紋章・盾 防御時やすみ耐性+10%
やすみ耐性+5%

おすすめ装備で挑戦する場合は、やすみ耐性値が低いため紋章ではやすみ耐性を上昇させましょう。また、毒ダメージ軽減にヘルバオムの紋章・上が役に立ちますが、毒ダメージを利用してCTチャージを狙うため、毒耐性はない方が良いです。

闇ブレスを中心に対策するのもおすすめです。

オルゴデミーラのおすすめスキル

攻撃系スキル

スキル名 スキルレベル最大時の効果
降臨黄金竜降臨黄金竜 炎ブレス属性の攻撃を行う
対象:敵全体
仲間全員の息耐性を30%上げる
天からの神撃天からの神撃 威力700%のイオ属性攻撃
敵1体

オルゴデミーラには息耐性が上昇しながら炎ブレス攻撃が出来る降臨黄金竜が非常におすすめです。また、オルゴデミーラは全形態共通して、イオが弱点ですので、イオで攻めることをおすすめします。

第三形態以降に弱点を付くことが出来るメラ系のスキルもおすすめです。

補助系スキル

スキル名 スキルレベル最大時の効果
荒波の舟歌荒波の舟歌 守備力を20%上げる
息耐性を30%上げる
最低2ターン有効
対象:仲間全員
ベホマラーベホマラー HPを回復する上級呪文
対象:仲間全員

オルゴデミーラには荒波の舟歌が非常に有効です。また、全体攻撃が多いため、ベホマラーによる回復が活躍します。

オルゴデミーラにおすすめの食べ物セット

ナン&ギガ辛カレーナン&ギガ辛カレー トロピカルソーダトロピカルソーダ トマトスパゲッティトマトスパゲッティ 辛口カレーライス辛口カレーライス
or
クリスマスチキンクリスマスチキン

オルゴデミーラにおすすめの食べ物は、やすみ、闇ブレス、マヒ、炎ブレス耐性が上昇する上記の食べ物セットです。クリスマスチキンの場合、第一形態の序盤が有利になりやすいです。

食べ物セット効果一覧

オルゴデミーラにおすすめの道具セット

道具セットA
せかいじゅのしずくせかいじゅのしずく せかいじゅの葉せかいじゅの葉 ふっかつの石ふっかつの石 超ばんのうぐすり超ばんのうぐすり
道具セットB
せかいじゅのしずくせかいじゅのしずく せかいじゅの葉せかいじゅの葉 ふっかつの石ふっかつの石 アモールの水アモールの水

オルゴデミーラにおすすめの道具セットは、上記の道具セットAを3人、Bを1人で分けた道具セットです。

賢者はせかいじゅの葉→ピオリミンでも良い!

オルゴデミーラ戦では、眠りとマヒを解除できる道具を多めに持っていくことが重要になります。また、賢者はせかいじゅの葉→ピオリミンにし、開幕の猛攻を防ぎやすくするのもおすすめです。

オルゴデミーラ全体の攻略ポイント

その1:開幕行動に注意!

オルゴデミーラは各形態毎に開幕で特定の攻撃を使用してきます。このため、次の形態に突破する時は常にゲージを跨ぐつもりでのぞみましょう。

第一形態 幾千の闇 味方全体に約500ダメージの闇ブレス
第二形態 深く落ちる眠り 味方2人を確定で眠り状態にする
第三形態 おぞましいおたけび 味方全体に約400ダメージ+やすみ
第四形態 マダンテ 味方全体に約800の無属性呪文

第三、第四形態戦突入前は慎重に!

開幕行動の中でも、第三形態と第四形態の行動が非常に強力です。第三形態突入前は守備力を上昇させ、全員のHPが高い状態で突入し、第四形態は必ず呪文無効状態で突入しましょう。

その2:バフを常に優先しよう!

バフがかかっていないと攻撃は受けきれない!

オルゴデミーラは全体を通して、バフ前提のダメージ量ですので、形態毎に必要なバフを見極め、バフありきで攻撃を受けなければ即死してしまいやすいです。

第一形態では守備力+息耐性、第二形態では呪文無効、第三形態では息耐性+守備力、第四形態では息耐性+守備力+呪文無効が重要となります。

闇ブレス耐性が低いと第三形態以降で詰む!

オルゴデミーラ戦では、たとえ息耐性が2段階上昇していても、闇ブレス耐性が低ければ、第三形態以降は行動するのも困難になります。最低でも闇ブレス耐性が60%以上は必要で、闇ブレス耐性は高ければ高いほど有利になります。

その3:海賊2以上編成でのクリア者が多い!

オルゴデミーラ(魔王級)のクリア編成の多くは、海賊が2人以上が編成されております。そこに加えて、まもマス1,賢者1、賢者2など、全体回復が得意な職業を編成することが主流となっています。

その4:せかいじゅのしずくのタイミングを把握しよう!

オルゴデミーラのせかいじゅのしずくのタイミングは、第一形態の幾千を超えし闇+通常攻撃後、第三形態の開幕(おぞましいおたけび後)が主な使用タイミングです。

開幕の行動次第では、第一形態で2個必要になることもあります。残りは第四形態のはげしくあらがう後が主な使用タイミングになりますが、HPをみながら状況次第で使用しましょう。

オルゴデミーラ第一形態の攻略ポイント!

スクリーンショット 2017-09-07 11.05.33.png

その1:開幕の流れを把握しよう!

オルゴデミーラ第一形態戦が始まり、幾千を超えし闇とオルゴデミーラの通常攻撃を受けたら、せかいじゅのしずくを使用し、ガードをしましょう。

しかし、守備力や耐性値によっては確実にこのコンボを耐えきることが出来ませんので、仲間の装備に注意しましょう。

ここから、開幕の流れは変化します。

しずく2本使用作戦!

全員ガードが出来たら、2ターン目(通常攻撃+こごえるふぶき)を受け、3ターン目の通常行動も受け(ガードが2人ほど解除される)た後、再びせかいじゅのしずくを使用しましょう。その後、降臨黄金竜などのバフを優先的に使用したり、ベホマラーで回復するのが、安定行動の1つです。

この安定行動は、3ターン目の通常行動を受けきれるHPが残っているかどうかが重要になります。道具枠を使用しない方法のため、どの様な編成でも行いやすい安定行動になります。

しずくを1本だけに抑える方法!

オルゴデミーラの開幕で賢者は自身にピオリミンを投げ、道具CTが溜まり直したらすかさずもう一つのピオリミンを投げ、すばやさを2段階上昇させましょう。ピオリミンを投げる事で、3ターン目の通常行動後にベホマラーが使用できます。

この安定行動は、道具枠を取ってしまう代わりに開幕のせかいじゅのしずくを1つで済ませることが可能です。

臨機応変に対応しよう!

また、嵐の気配が発動したら、荒波の舟歌を即座に使用しましょう。また、死んでふっかつの石を使用した場合、最優先でバフをかけましょう。バフを優先することで、第一形態の序盤をしのぎやすくなります。

その2:バフが最優先!

オルゴデミーラ第一形態の攻撃は守備力や息耐性が上昇していなければ、受けきることが非常に難しいです。しかし、これらのバフがあれば行動にも余裕が出ますので、バフ効果を最優先に立ち回りましょう。

バフがかかれば攻撃!

オルゴデミーラ第一形態は味方全員にバフをかけるまでの立ち回りが難しいのですが、バフがかかれば楽です。すばやさ、守備力、息耐性、攻撃力などのバフが全てかかったら、ゲージ変化攻撃のしゃくねつに注意しながら、積極的に攻撃していきましょう。

その3:ゲージを跨ぐ準備をしよう!

呪文無効+道具CTを残した状態で突破!

オルゴデミーラ第二形態は開幕の深く落ちる眠りで味方2人確定で眠り状態にして、CTを100%減少(CT減少は耐性で無効化出来る)きますので、必ず眠り状態を解除できる状態にしてから突破しましょう。

また、突破前に呪文無効状態にしておけば、有利に戦うことが可能です。

オルゴデミーラ第二形態の攻略ポイント

スクリーンショット 2017-09-06 11.53.51.png

その1:眠り解除を優先しよう!

オルゴデミーラ第二形態は眠り状態を最優先に戦いましょう。眠り状態のままだとスキル攻撃の「眠り喰らい」で大ダメージを受けてしまいます。

その2:呪文無効状態を常にキープ!

オルゴデミーラ第二形態は呪文無効で、通常攻撃1(バギ属性呪文)とメラガイアーを無効化することが出来ますので、有利に戦うことが可能になります。

その3:ゲージ跨ぎ後は早急に突破!

オルゴデミーラはゲージを跨ぐとそれまで溜めていたスキルをリセットし、念じボールのみを使用してくるようになります。念じボールはノーガード時、確定で死ぬほど強力な攻撃な上に、第二形態を突破する前に全員のHPを300以上残す必要がありますので、念じボールを受ける前に突破することをおすすめします。

無理な場合はガード!

念じボールのCTはかなり早いので、念じボールを溜めきる前に突破するのが不可能という場合もあります。その場合は、必ずガードしましょう。ガードをしないと、第二形態を突破するのが困難になります。

その4:守備力・息耐性2段階上昇状態で突破!

オルゴデミーラ第三形態の開幕では約300近くダメージを受けてしまいます。このため、オルゴデミーラ第二形態で、守備力2段階上昇と全快に近いHPを必ず残しておきましょう。

ガードをすれば耐えられる!

また、突破時にガードをしていた場合、次戦でも引き継がれますので、念じボール+おぞましいおたけびもHPが最大であれば耐えられやすいです。

オルゴデミーラ第三形態の攻略ポイント

スクリーンショット 2017-09-06 11.54.39.png

その1:おぞましいおたけびを受けたらしずく!

オルゴデミーラ第三形態の開幕行動のおぞましいおたけびを受けたらせかいじゅのしずくを使用しましょう。

その2:いてつくはどうをされてもバフを切らさない!

オルゴデミーラ第三形態は、通常行動でいてつくはどうを使用してきますが、息耐性が上昇していなければ、通常攻撃と追撃を何度も受けるのは不可能ですので、めげずにバフを優先させましょう。

その3:たたきつけるは1P→4P

オルゴデミーラのスキル攻撃のたたきつけるは1P→4Pの順で使用します。自分が攻撃される時はガードをしましょう。しかし、呪文無効盾の場合はガードの有効ターンが短いことに注意しましょう。

その4:ゲージ跨ぎは追撃も考慮しよう!

オルゴデミーラ第三形態のゲージを跨ぐ際は、追撃のダメージ量も考慮し、HPが高い状態でゲージを跨ぎましょう。また、ゲージを跨ぎ後も即座に回復しましょう。

第三形態以降は立て直すのが難しいため、追撃のダメージ量を考慮せず抜いて死んでしまうと、敗因にもなり得ます。

その5:突破は呪文無効状態中に!

オルゴデミーラ第四形態は開幕のマダンテで味方全体に大ダメージを与えて来ますので、必ず呪文無効状態で第三形態は突破しましょう。

オルゴデミーラ第四形態の攻略ポイント

スクリーンショット 2017-09-06 11.54.14.png

その1:息耐性上昇は常に必須!

オルゴデミーラ第四形態は息耐性が上昇していなければ、通常攻撃の被ダメージが非常に高いため、息耐性は常に上昇した状態をキープしましょう。

その2:スキル攻撃はガード!

オルゴデミーラ第四形態のスキル攻撃の「はげしくあらがう」と「マダンテ」はガード推奨です。オルゴデミーラ第四形態は通常行動の演出が長く、CTが溜まりやすいため、オルゴデミーラがスキルを溜め始めたら、ガードの準備をしながら立ち回りましょう。

はげしくあらがう後はせかいじゅのしずくの使用もあり!

オルゴデミーラのはげしくあらがうで麻痺状態を回復したら、せかいじゅのしずくを使用するのも良いです。守備力と息耐性が上昇した状態で、全員がガードしていれば、ベホマラーで回復が間に合いますが、時間をかけるほどいてつくはどうの運ゲー要素が増えますので、せかいじゅのしずくが残っている場合は使用するのもおすすめの立ち回りになります。

マダンテはガードのタイミングにも注意!

オルゴデミーラのマダンテは呪文無効状態でなければ受けられません。しかし、通常行動でいてつくはどうを使用されると、ルビスの盾では受けきれなくなります。このため、オルゴデミーラの通常行動中にガードを入れ、通常行動が終わり次第、スキルで攻撃するなどで、ターン経過を遅らせ、マダンテを使わせましょう。

はぐメタの盾の場合は通常行動の意識がルビスの盾ほど重要にはなりません。

その3:お供は無視してオルゴデミーラを狙おう!

オルゴデミーラはラスゲ突入時にお供を呼び出しますが、お供はHPが高く倒すことが困難ですので、お供は無視してオルゴデミーラのみを狙いましょう。

オルゴデミーラを倒せばクリアになります。

付け狙うで狙われても基本は無視!

オルゴデミーラのお供のブロブロスに狙われても基本的には無視した方が良いです。しかし、死にそうになった場合はガードをするなどの対処をしましょう。

その4:ラスゲは早急に突破!

オルゴデミーラ第四形態はに激怒などはしませんが、お供の攻撃が厄介ですので、ラスゲは早急に突破しましょう。しかし、息耐性のバフは必ず付けましょう。

オルゴデミーラの攻略動画

まるべり@星ドラ[@jams_games]様のオルゴデミーラ(魔王級)クリア動画です。(まるべり様からの掲載許可は得ています)

オルゴデミーラの攻略まとめ

形態毎の注意点を把握しよう!

次の形態への突破する準備も忘れずに!

オルゴデミーラ第一形態はバフがかかるまでの立ち回りと呪文無効状態で突破。第二形態は、呪文無効状態をキープし、ゲージ跨ぎ後は念じボールを警戒しながら守備力2段階上昇+HPを300以上で突破。第三形態は息耐性を常に2段階上昇させ、たたきつけの順ではガード、突破時は呪文無効状態。第四形態はスキル攻撃をガードし、息耐性を2段階上昇させながら、早急に倒し切る立ち回りが重要になります。

この大まかな立ち回りを意識がすれば、立ち回りが安定します。

バフがとにかく最優先!

オルゴデミーラは全形態を通して、バフ前提の調整となっていますので、バフのキープが重要になります。しかし、第三形態以降はいてつくはどうを通常行動時ランダムで使用してきますので、注意しましょう。

時には役割分担も必要

例えば、海賊がすばやさを上昇させ、賢者が息耐性を上昇させるといった役割を分担をし、最速で必要な全てのバフがかかるように、役割を分担しながらバフを行うと、第四形態が相手でも、3ターン連続でいてつくはどうを使用されるなどの不運がなければ、ある程度の耐久も可能です。

回復はこまめに!

オルゴデミーラ第三形態以降はCTチャージの意味合いも含め、常に猛毒状態化で戦わなければなりません。ギリギリのタイミングで回復しようとしたら、割り込み行動や猛毒のダメージで死んでしまいやすいので、回復はこまめに行いましょう。

主な運要素はいてつくはどうの頻度

オルゴデミーラ(魔王級)は第三形態以降のいてつくはどうの頻度が大きな運要素となります。いてつくはどうが毎ターンのようにくると攻略難易度が格段に高まります。

オルゴデミーラの関連情報

ドラクエ7(復刻)イベントバナードラクエ7(復刻)イベント攻略
ドラクエ7(後半)イベントバナードラクエ7後半イベントまとめ

オルゴデミーラ(魔王級)専用マルチ募集掲示板

コメント

3801 名無しさん4日前

>>3800 うん。 それは 日頃からやってる。 バトパラばっかりだから面白みが減ったけどね オルゴは 今でも バトパラ少ないから 割と やりがいあるかな。

3800 名無しさん4日前

>>3799 ほとんどの人はグル入ってないからあたりまえの話だけどな 野良でウルウル以外倒してみれば楽しいんじゃない?

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「「オルゴデミーラ(魔王級)」の攻略方法」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る