【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】「ミルドラースを倒せ!(伝説級)」の攻略方法

星のドラゴンクエスト(星ドラ)のボス「ミルドラース(伝説級)」の攻略方法に関する記事です。ミルドラースに必要な耐性や、道具、食べ物、おすすめ装備などを紹介しています。ミルドラースが倒せないという方はチェックしてみてください!

ミルドラース(伝説級)では挑戦するためには、ミルドラース(魔王級)に挑戦するために必要な「ミルドラースのカギ」を低確率でドロップします。

伝説級に挑戦するためには超級をクリアしておく必要があります。

ミルドラース(第一形態)のアイコンミルドラース(伝説級) ミルドラース(第二形態)のアイコンミルドラース(魔王級)

ミルドラースを倒せ!(黄金竜イベント)の攻略方法はこちら

ミルドラース第一形態(伝説級)攻略の基本情報

ミルドラース(第一形態)のアイコンミルドラース(第一形態)
種族 ???系
適正職業 海賊
バトマス
グラディエーター
いてつくはどうの頻度
(通常行動)
特別な報酬 地獄の鎧上
(マルチのパーフェクトクリア報酬)
地獄の鎧上・白
(ソロのパーフェクトクリア報酬)
ミルドラースのカギ
(ドロップ報酬)
ミルドラースの紋章・盾
(ドロップ報酬)

ミルドラースに必要な耐性

イオイオ 氷ブレス氷ブレス 炎ブレス炎ブレス
★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆
守備力ダウン守備力ダウン 守備力守備力 -
★★★★☆ ★★★☆☆ -

★は重要度を表しています。

ミルドラース第一形態の耐性

メラ ヒャド ジバリア イオ
ギラ バギ ドルマ デイン
炎ブレス - - -
- - -

◎=抜群、◯=等倍、△=いまひとつ、✕ =無効

ミルドラース第一形態の行動パターン

ミルドラース第一形態の通常行動

通常攻撃 ダメージ:約30
属性:無属性物理
対象:1人
付与効果:なし
自動回復 ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:HP300ずつ毎ターン回復
いてつくはどう ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:バフ解除
仲間を呼ぶ ダメージ:なし
属性:なし
対象:2体
付与効果:キラーマシンを2体呼び出す
備考:2体とも死んだ時にのみ発動する

ミルドラースの第一形態は開幕で必ず自動回復を使用します。また、通常攻撃のみか、通常攻撃+いてつくはどうを通常行動として使用します。また、キラーマシンが2体とも死んだ場合にのみ、仲間を呼ぶを使用します。

ミルドラース第一形態のスキル攻撃

こごえるふぶき ダメージ:約120
属性:氷ブレス
対象:全体
付与効果:なし
メラゾーマ ダメージ:約120
属性:メラ属性呪文
対象:1人
付与効果:なし
絶え間なき業火 ダメージ:約??
属性:炎ブレス
対象:全体
付与効果:なし

ミルドラース第一形態は、こごえるふぶき→メラゾーマorこごえるふぶき→…の順でスキルを使用します。ラスゲのみ絶え間なき業火を使用します。

ミルドラース第一形態のゲージ変化攻撃

緑→黄
魔界の洗礼 ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:守備力+息耐性+呪文耐性2段階ダウン
黄→赤
かがやくいき ダメージ:約200
属性:氷ブレス
対象:全体
付与効果:無し

ミルドラースのお供の行動パターン

キラーマシンの行動パターン
通常攻撃
(通常行動)
ダメージ:約30×2
属性:無属性物理
対象:いずれか
付与効果:なし
はげしく斬る
(スキル攻撃)
ダメージ:約50
属性:無属性物理
対象:1体
付与効果:なし
ブラストビーム
(スキル攻撃)
ダメージ:約20
属性:イオ属性物理
対象:全体
付与効果:なし

キラーマシンの通常行動は通常攻撃のみです。スキル攻撃ははげしく斬るとブラストビームを交互に使用します。キラーマシンにゲージ変化攻撃はありません。

ミルドラース第二形態(伝説級)攻略の基本情報

ミルドラース(第二形態)のアイコンミルドラース第二形態
種族 ???系
いてつくはどうの頻度
(通常行動)

ミルドラース第二形態の耐性

メラ ヒャド ジバリア イオ
ギラ バギ ドルマ デイン
炎ブレス - - -
- - -

◎=抜群、◯=等倍、△=いまひとつ、✕ =無効

ミルドラース第二形態の行動パターン

通常行動

通常攻撃 ダメージ:約50×2
属性:無属性物理
対象:いずれか
付与効果:無し
いてつくはどう ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:バフ解除
暗黒のきり ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:攻撃力+攻撃魔力1段階ダウン
激怒 ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:攻撃力2段階上昇+悪い効果を打ち消す
備考:13ターン目開始時に必ず使用

通常行動はいてつくはどうorマホカンタ(効果が切れた場合のみ)or暗黒のきり+通常攻撃です。

割り込み行動

マホカンタ ダメージ:なし
属性:呪文
対象:自身
付与効果:呪文反射状態
備考:効果が切れたら再度使用する
デステイル ダメージ:約120
属性:無属性物理
対象:全体
付与効果:なし
ルカナン ダメージ:なし
属性:なし
対象:全体
付与効果:守備力1段階ダウン
備考:黄色ゲージ時以降
めいそう ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:HPを999回復する
通常攻撃 ダメージ:約50×2
属性:無属性物理
対象:いずれか
付与効果:無し

ミルドラース第二形態は開幕で必ずマホカンタを使用します。

ミルドラース第二形態は行動約??回毎に割り込みで行動してきます。割り込み行動はルカナンorめいそう+通常攻撃、デステイルのどちらかです。

スキル攻撃

イオナズン ダメージ:約180
属性:イオ属性呪文
対象:全体
付与効果:なし
しゃくねつ ダメージ:約200
属性:炎ブレス
対象:全体
付与効果:なし
マホカンタ ダメージ:なし
属性:呪文
対象:自身
付与効果:呪文反射状態
備考:効果が切れたら再度使用する

ミルドラース第二形態は、イオグランデ→しゃくねつ→マホカンタ→…の順でスキルを使用します。

ゲージ変化攻撃

緑→黄
イオグランデ ダメージ:約200
属性:イオ属性呪文
対象:全体
付与効果:なし
黄→赤
激怒 ダメージ:なし
属性:なし
対象:自身
付与効果:攻撃力2段階上昇
イオグランデ ダメージ:約200
属性:イオ属性呪文
対象:全体
付与効果:なし

ミルドラース(伝説級)におすすめの装備セット

おすすめ武器

武器名 無凸時のスキル構成 完凸時のスキル構成
黄金竜の爪黄金竜の爪 奥義爪嵐撃
めいそう
奥義爪嵐撃
奥義爪嵐撃
奥義爪嵐撃
神鉄拳
奥義爪嵐撃
奥義爪嵐撃
ベホマラーorミナカトールorバイキルト
天空の剣★天空の剣★ 降臨黄金竜
ギガソード
アークブレイド
ラウンドスラッシュ
いなずま斬り
バイキルト
降臨黄金竜
ギガソード
アークブレイド
稲妻烈風斬
稲妻烈風斬
ピオリム

ミルドラースはバギ属性が弱点ですので、バギ属性のスキルをセット出来る武器がおすすめです。黄金竜の爪の補助呪文枠は職業や装備によって何にするのかを変えましょう。

おすすめ防具

高速周回用の装備

部位 装備名 有効なスキル
バランヘアーバランヘアー 竜の紋章
鎧上 プリンセスローブ上のアイコンプリンセスローブ上 イオ属性軽減・強
守備力ダウンガード+中
鎧下 天空の鎧下★天空の鎧下★ 攻撃呪文軽減・中
氷ブレス軽減・中
ちから+中
プリンセスシールドプリンセスシールド 攻撃呪文軽減・強
アクセサリー [スーパーキラーマシンの首飾りスーパーキラーマシンの首飾り イオ属性軽減・弱
[大地の魔人のゆびわ大地の魔人のゆびわ イオ属性軽減・弱

高速周回用の装備ではイオ耐性が重要になります。上記の装備ならノーガードでも安定して高速周回ができます。また、上記の装備に黄金竜の爪持ちが集まれば集まるほど、安定感と周回速度が上がります。

プリンセスシールドは水晶の盾でも同様の効果が見込めます。アクセサリーは、Sキラーマシンの首飾り→ゴルドロスのイヤリングもおすすめです。

耐性装備

部位 装備名 有効なスキル
はぐメタのかぶとのアイコンはぐメタのかぶと イオ属性軽減・中
鎧上 黄金竜の羽衣上黄金竜の羽衣上 ミラクルボディ
炎ブレス軽減・中
氷ブレス軽減・中
鎧下 天空の鎧下★天空の鎧下★ 攻撃呪文軽減・中
氷ブレス軽減・中
ちから+中
はぐメタの盾のアイコンはぐメタの盾 メタルガードの覚醒
メタルガード
ブレス軽減・弱
アクセサリー アトモスの首飾りのアイコンアトモスの首飾り 炎ブレス軽減・中
メラ属性軽減・微弱
[シグマの魔石シグマの魔石 イオ属性軽減・弱

耐性装備では事故率を極力抑えた構成になっています。はぐメタの盾でミルドラース第二形態のイオグランデを抑えることができるので、兜→太陽のかんむりバランヘアーでも良いです。はぐメタの盾で呪文を全て無効化していけば安定して勝つことが出来ます。

その他おすすめ装備セット

その2:無課金装備セット

部位 装備名 有効なスキル
アイドルヘアバンドアイドルヘアバンド イオ属性軽減・弱
鎧上 ラーダスーツ上ラーダスーツ上 イオ属性軽減・弱
鎧下 鬼眼王スーツ下鬼眼王スーツ下 イオ属性軽減・中
導かれし勇者の盾★導かれし勇者の盾★ 導きの光
アクセサリー アトモスの首飾りのアイコンアトモスの首飾り 炎ブレス軽減・中
メラ属性軽減・微弱
[竜のうろこ竜のうろこ 炎ブレス軽減・中

無課金装備の場合、イオ対策を十分にしましょう。また、息耐性や呪文体性を上昇させるスキルも持っていきましょう。この装備の場合、イオグランデの対策は十分なのですが、氷ブレス対策がないため、海賊で挑戦することをおすすめします。

ミルドラースにおすすめの紋章

部位 装備名 紋章ボーナス
Sキラーマシンの紋章・頭Sキラーマシンの紋章・頭 みのまもり+5
イオ属性5%減
鎧上 タイムマスターの紋章・上タイムマスターの紋章・上
イオ属性5%減
鎧下 ゾーマの紋章・下ゾーマの紋章・下
氷ブレス5%減
キングヒドラの紋章・盾キングヒドラの紋章・盾
氷ブレス5%減

ミルドラースにおすすめの紋章はイオ、氷ブレス耐性を中心にした上記の紋章セットです。

しかし、ミルドラース実装時に紋章はありませんでしたので、紋章なしでも十分クリアすることは可能です。

ミルドラース(伝説級)のおすすめスキル

攻撃スキル

スキル名 スキルレベル最大時の効果
稲妻烈風斬稲妻烈風斬 威力150%のデイン属性攻撃と威力375%のバギ属性攻撃
対象:敵1体
奥義爪嵐撃奥義爪嵐撃 威力110%の5回バギ属性攻撃
対象:敵1体

ミルドラースはバギ属性が弱点ですので、バギ属性のスキルがおすすめです。

補助系スキル

スキル名 スキルレベル最大時の効果
アークウォールアークウォール 守備力が20% ・呪文耐性が25%あがる
最低2ターン有効
対象:味方全員
ミナカトールミナカトール HPを回復し呪文耐性を25%上げる
対象:仲間全員
最低2ターン有効

ミルドラースのイオグランデを呪文無効盾で防ぐことが出来ない場合は、上記のスキルがおすすめです。

ミルドラース(伝説級)におすすめの食べ物セット

常設食べ物セット
カレーライスのアイコンカレーライス かき氷のアイコンかき氷 エビシュウマイのアイコンエビシュウマイ エビシュウマイのアイコンチョコバナナ
運上げ食べ物セット
スライムポテトの画像スライムポテト チリスライムポテトの画像チリスライムポテト のりスライムポテトのり塩スライムポテト コンソメスライムポテトの画像コンソメスライムポテト

常設食べ物でミルドラースに挑む場合は、氷ブレス、炎ブレス、呪文耐性ダウン、守備力耐性ダウンが重要になります。運上げにおすすめの食べ物セットはスライムポテトセットです。

その他食べ物セット効果一覧

ミルドラースにおすすめの道具セット

特やくそう特やくそう アモールの水アモールの水 いやしそういやしそう せかいじゅの葉せかいじゅの葉

黄金竜イベントのミルドラースは、状態異常にする攻撃も特にありませんので、基本的な道具セットで十分です。

ミルドラース第一形態(伝説級)の攻略ポイント

ミルドラース第一形態(伝説級)の攻略ポイント

その1:いてつくはどうをしてくる!

ミルドラースは第一形態も第二形態もいてつくはどうをしてきますので、イオなどの呪文対策を呪文無効盾で行うのならば、はぐメタの盾が良いでしょう!

その2:ミルドラースのみを狙おう!

ミルドラースと同時に出現するキラーマシンを倒しても、ミルドラースの仲間呼びでふっかつするので、ミルドラースのみを狙いましょう。

ソロでノーデスを狙うのなら、キラーマシン1体残し作戦が有効!

ソロでノーデスをしようと思っているのなら、キラーマシンを1体だけ残し、魔界の洗礼の効果がきれるまで耐久しましょう。守備力ダウンが入ってしまっていると、キラーマシンの攻撃も少し痛いので、できるだけ1体は倒しましょう!ミルドラース第一形態は耐久するのが容易なので、有効な作戦です。

その3:ラストゲージに気をつけよう!

ミルドラースのラストゲージはかがやくいきで味方全体に約200の氷ブレスダメージがきます。痛いダメージなので、できるだけぼうぎょしましょう。

その4:魔界の洗礼を意識しよう!

ミルドラースはゲージ変化攻撃で魔界の洗礼をしてきます。魔界の洗礼の効果は味方全体の守備力、息耐性、呪文耐性が2段階下げるです。これでどの耐性が下がったのかが、今後の展開に非常に重要になってくるので、何の耐性が下がったのかを意識しましょう。

この効果は、ターン経過やバフをかけ直したりして、解消しなければミルドラース第二形態にも持ち越されてしまいます。

その5:高速周回用の装備だと2発で突破可能!

黄金竜の爪とバランヘアー装備者が2人集まると、この2人の奥義爪嵐撃2発で第一形態を突破できます。かがやくいきを受けること無く突破出来るため、この装備を持つ方がパーティにいる場合は任せた方が良いです。

ミルドラース第二形態(伝説級)の攻略ポイント

ミルドラース第二形態(伝説級)のイオグランデ

その1:イオグランデがめちゃめちゃ痛い!

ミルドラースのイオグランデは非常に痛いダメージなので、イオ属性対策をしましょう。はぐメタの盾で無効化や、軽減をしなければ非常に痛いダメージがきますので、できるだけイオグランデの対策をしていきましょう!

その2:こまめに回復しよう!

ミルドラースは全体を攻撃する特技が非常に多く、こまめに回復していかなければ死んでしまいますノーデスを狙うのであればこまめに回復しましょう!

また、割り込み行動で死んでしまうことを避けるためにも、ノーデス狙いならばダメージよりも回復を優先的に行いましょう!

その3:呪文攻撃は反射されてしまいます!

ミルドラースは開幕でマホカンタをしてくるので、呪文攻撃は反射されてしまいます。また、スキル攻撃でもマホカンタをしてくるので、今回は賢者などの攻撃呪文主体の攻め方は有効とは言えません。

ドラゴラムは、マホカンタによる呪文反射をうけません!

その4:魔界の洗礼の効果の持ち越しに気をつけよう!

ミルドラース第一形態の魔界の洗礼で受けた守備力と耐性ダウンが入った状態で第二形態を迎えているのならば、ミルドラースから受ける被ダメージがかなり高くなってしまいます。ぼうぎょをするか、効果がきれるまで待ちましょう!

魔界の洗礼の効果を持ち越していない場合は被ダメージは低くなるので、特に問題はありません。

その5:はぐメタの盾とルビス盾のぼうぎょのタイミングの違いを知ろう!

ミルドラース第二形態はいてつくはどうをしてくるので、ルビスの盾とはぐメタの盾を装備している方ではぼうぎょのタイミングが異なります。

ルビスの盾はミルドラースの通常行動後にぼうぎょ。
はぐメタの盾は開幕でぼうぎょします。

この意図を知っていないと、ルビスの盾持ちはゲージ変化で死んだり、はぐメタの盾持ちは呪文無効の効果がターン経過で切れて死んでしまうといった事態に陥りやすいので、注意しましょう。互いを思いやったゲージ変化をしましょう!

ルビスの盾で開幕で防御してしまい、いてつくはどうが来たら、防御を解かずに味方がゲージを割るまで待機しましょう!

その6:ルビスの盾よりもはぐメタの盾の方が安定する!

ミルドラースは第二形態のゲージ変化のイオグランデを無効化出来れば、サクサク抜いていくことが可能です。しかし、いてつくはどうをしてくるので、ゴリ押し攻略をする場合は、ルビスの盾よりもはぐメタの盾の方が安定します。

ノーガードの周回もある!

装備の充実により、現在はノーガード周回が主流です。イオ耐性を十分に積めば呪文無効盾無しの方が早く周回することが可能です。

ミルドラースを倒せ!(伝説級)のソロ攻略動画

ぴーちゃんの最強無敵ファイティングナックル星ドラ攻略ちゃんぬぅのちゃんねる登録はこちら!

ミルドラースの攻略まとめ!

ミルドラースパーフェクトクリア

全体攻撃が多く、ソロだと回復が間に合わない!

ミルドラースは難易度としては難しい部類です。全体攻撃が多く、ソロだと回復が間に合わない場合が多いので、仲間が1人死んでしまうと全員が一気にやられるという展開にもなりやすく、ノーデスが難しいです。

魔界の洗礼が地味にきつい!

魔界の洗礼はダメージがない攻撃ですが、守備力ダウン、息耐性、呪文耐性が2段階ダウンしてしまうので、その後の戦闘に大きく影響を受けます。

魔界の洗礼で何の耐性が下がってしまったのかを把握し、敵の攻撃に備えて防御しなければ、被ダメージが高く、きついと感じました。

ノーデス狙いなら魔界の洗礼の効果がきれるのを待とう!

魔界の洗礼で耐性ダウンを受けた状態でゲージを抜いていくと、のちのち回復が追いつかずに死んでしまう。というケースが非常に多かったです。耐性ダウンが入っていない状態であれば、ミルドラースから受ける被ダメージは低いので、魔界の洗礼の効果を受けている間に耐久をして、効果が切れたら総攻撃をしかけるという立ち回りをしたら、安定してノーデスすることが出来ました。

ミルドラースの関連情報

ドラクエ5(後半) イベントのバナードラクエ5(後半)イベントの攻略情報のまとめ

コメント

1872 名無しさん16日前

黄金竜イベントじゃないほうはもう削除しろよ紛らわしい

1871 変態さん約2ヶ月前

>>1870 オワコン脱出の方法は、とりあえず 1人分の装備一式をリセマラ不要で選ばせる事。 ソロでは一人だからさほど影響無いし マルチでも一応無課金も無課金同士で楽しめ

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「「ミルドラースを倒せ!(伝説級)」の攻略方法」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る