【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】あのスキルが大活躍?超7段に対する皆の反応【まとめ】

星のドラゴンクエスト(星ドラ)において、2020年7月1日メンテナンス終了後から実施されている段位認定クエスト超7段に対する皆の反応をまとめています。

超7段に対する皆の反応

準備中のアイコンかみさまチャレンジ超7段

皆の反応


822: 名無しさん 2020/07/12 21:38:05
どうしてもアークデーモン後のネルゲルでグダる。
踏破者の火力を借りてコンキャから水流こだま打つけど
落とすにはいつも4000ダメくらい足りない感じ。
SHTでやるしかない?



827: 名無しさん 2020/07/12 23:33:29
>>[822]
SHTならアークデーモンの後は飛ばせるからグダらない
マルチでもあそこはグダるんだよね



848: 名無しさん 2020/07/13 14:31:18
ガデ扇2じゃなくて一人ルビ短剣でやってみ
マジで余裕になるから、開幕だけ戦友、アークデーモンは戦友しなくても耐えれるので行動してターン経過遅らせれる
テンション溜まったら戦友でぶっぱするだけ



850: 名無しさん 2020/07/13 15:16:22
ハイテンションで抜く戦法ってバト2ガデ2が主流なんですか?



852: 名無しさん 2020/07/13 15:22:13
>>[850]
そうだよ、自分はメタ弓覚醒とルビ扇使った。
アークデーモン一匹に、実は素早さダウン入る!



890: 名無しさん 2020/07/14 16:00:15
神チャレ同様に魔王ネルゲルのほうもSHTバト2、こだまガデ2が安定?



899: 名無しさん 2020/07/14 16:56:48
>>[890]
それやってみたいんだよね
魔王級の方はアークデーモンにマホトーンが入るし



891: 名無しさん 2020/07/14 16:05:56
これSHT使うならバト2ハンマー黄槌か命ハン、黄槌なら鉄槌いれて水竜あってもなくても
ガデ2はこだま1つあればあとはブメでも弓でも短剣でも回復回せるならなんでもOKな感じだね
誰かも書いてたけどルビスの短剣いい感じ
自分は無凸だったけど結界がアクデンのSHT貯めの時にいい仕事するわ



893: 名無しさん 2020/07/14 16:16:03
自分はアークデーモンのとこでスキル回したいから自前のバト2でいったなぁ
最低限の耐性積んで。
助っ人のバトは力MAXに振り過ぎてるから、耐久が厳しくて…



897: 名無しさん 2020/07/14 16:21:34
>>[893]
俺は自前のバト(命竜槌)はルビ盾だったわ
コレだけでも耐久がめっちゃ楽だしガデも動ける
第一段階飛ばしはSHTも3で十分だし、ガードしつつSHT、たまに凸歌


以上、かみさまチャレンジ超7段のボス攻略情報まとめコメント欄より引用。

まとめ記事一覧

最新のまとめ記事

2020年7月のまとめ記事一覧に戻る

星のドラゴンクエスト(星ドラ)プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
【インストール不要】
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
ガールズ&クリーチャーズ
【インストール不要】
ブラウザで遊べるお手軽MMORPG!勇者陣営か魔王陣営か選んで豊富なコンテンツを遊びつくせ!
3
ナイトメアクロノス
【インストール不要】
多彩な職業とスキルで数々の試練を突破せよ!本格ダークファンタジーMMORPG!
4
黒い砂漠
【会員登録】
オープンワールドで楽しむ本格MMORPG。ミニゲームから大規模バトルまで様々な要素を好きなだけ遊び尽くせ!
5
ケモニスタオンライン
【インストール不要】
放置しても楽しめる、新感覚ブラウザMMOPRGゲーム!ちょっとした時間に手軽にMMOを遊ぼう

コメント

21 名無しさん20日前

>>18 読み方はシットなのか

20 名無しさん21日前

SHTだけじゃなく、あのスキルてメタキン弓もと思った 超七段は色んなスキル試せて新鮮だな 先人クリアの賢い方々ありがとうございます

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「あのスキルが大活躍?超7段に対する皆の反応【まとめ】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る