【オクトラ】グロッサムの弱点と攻略方法【オクトパストラベラー大陸の覇者】

試練の塔80階まで更新!
試練の塔の解放方法と攻略

12月9日実装!闇乱3連持ちの新学者
ニーナラーナの評価予想

新ストーリーが実装予定!
名声を授けし者 3章のストーリー攻略予想

※当サイトに記載している内容には、ゲーム内のネタバレを含む可能性がございます。ご注意ください。

オクトパストラベラー 大陸の覇者(オクトラ大陸の覇者)における、闘技大会(グロッサム杯)の決勝、グロッサムの攻略です。グロッサムの弱点や行動、グロッサム戦のおすすめキャラやおすすめパーティを記載しているので、グロッサム攻略についてはぜひ、こちらをご覧ください。

グロッサムの弱点と基本情報

グロッサム

必要/推奨レベル 弱点/シールド
【必要レベル】
85
【推奨レベル】
90
【弱点】
槍、斧、闇(グロッサム)
剣、斧、風、闇(傭兵)
【シールド】
26(グロッサム)
12(情熱的な踊子)
14(眩い踊子)

グロッサム・傭兵の行動

グロッサムの行動

行動 効果
衝撃 味方単体に扇物理攻撃+後衛と交代(前衛に出てきた後衛は行動不可)
天雷の詩 ランダムなターゲットに3回の雷属性攻撃
乱舞 ランダムなターゲットに3回の扇物理攻撃
武人の鼓舞 敵全体に物攻・物防アップの効果を付与(3ターン)
降守の舞踊 味方前衛全体に扇物理攻撃+物防ダウンの効果を付与(3ターン)
衝撃連打 味方単体に2回の扇物理攻撃+後衛と交代(前衛に出てきた後衛は行動不可)
ここから本気で行くぞ 次ターンからグロッサムが2回攻撃になる
(※HPが半分以下で使用?)
豪雷の詩 味方前衛全体に雷属性攻撃
武神流麗の構え グロッサムの物攻・属攻・速度・物防アップの効果を付与(4ターン)さらに、闇以外の弱点を隠す
(※HPゲージ赤以下で使用?)
破壊の乱舞 ランダムなターゲットに4回の扇物理攻撃

情熱的な踊子の行動

行動 効果
衝撃連打 味方単体に2回の扇物理攻撃
白狼の鼓舞 敵全体に会心アップの効果を付与(3ターン)
薙ぎ倒し 味方前衛全体に扇物理攻撃
打ち払い 味方前衛全体に扇物理攻撃
黒豹の鼓舞 敵全体に速度アップの効果を付与(3ターン)

眩い踊子の行動

行動 効果
忘光のエレジー 味方全体光耐性ダウンの効果を付与(3ターン)
光輝の詩 味方全体に光属性攻撃
閃光の詩 味方単体に光属性攻撃
賢人の鼓舞 敵全体に属攻・属防アップの効果を付与(3ターン)

王者戦のコツ

王者戦についての基本的な事項をまとめています。全王者に共通して行うべきことや注意点、コツを掲載しているため初めて闘技大会に挑む人はぜひご覧ください。

グロッサム戦の攻略

攻略のコツ

  • お供から倒す
  • 物理/属性どちらでも弱点を突けるようにする
  • タンク+継続回復を使用すると楽
  • 防具はバランスの良いもの装備する
  • グロッサムのHPが半分を切ると2回行動になる
  • グロッサムのHPが2割程度になると弱点が闇だけになるため闇キャラの編成が大事(盗賊のシールド無視攻撃も有効)

グロッサム攻略のコツは上記6点です。前回のティキレン戦よりも若干簡単に感じましたがそれでもかなり難易度の高い戦いになっています。

敵はバフをこまめに使用してくるため1回1回の攻撃は強力ですが、バフ行動のターンは攻撃をしてこないのでしっかりと回復しつつ戦えば比較的行動に余裕はあるでしょう。

お供の踊子から倒す

グロッサム戦では1体倒すまで攻撃が熾烈なので、まずは敵の数を減らしましょう。情熱的な踊子は会心・速度バフ、眩い踊子は属攻・属防バフをしようしてくるため、嫌なバフを持つ方から倒すといいでしょう。

基本的にはテオダブルハーベルストトレサ大嵐呼びなど全体攻撃連撃を行うキャラと、剣・斧・風の3連撃で1体に特化したシールド削りを行えるキャラの両方を編成しておきましょう。対象ランダムの連撃を使用してもいいですが、狙った通りにシールドが削れないためできるだけ単体(全体)対象の連撃を使用するのがおすすめです。

お供をブレイクしたら単体攻撃で畳み掛けよう

お供の踊子をブレイクしたら、剣・斧・風・闇の高威力アビリティで畳み掛けましょう。フィオルコラプスチャージステッド暗闇魔法Ⅳなどを使用するのがおすすめです。

リュミスレイジングラッシュやテオの三叉断ちはランダムターゲットなので、リュミスは三連断デルタテンペスト、テオはダブルハーベストで攻撃するのがおすすめです。

グロッサムが非常に素早い

グロッサムの速度は非常に高く設定されており、速度310のフィオルでも先行はできませんでした。基本的に盗賊や踊子、高レベルの狩人でしか先手を取れない点を考慮に入れておきましょう。

さらに、グロッサムはお供の白狼の鼓舞や自身の武神流麗の構えで速度バフをかけてきます。ブレイクする際は盗賊の弱点以外でもシールドを削れる技やトレサの疾風三連突きなどを使用するのがおすすめです。

タンクで耐える際は衝撃に注意!

グロッサム戦でタンクを使用する場合は衝撃衝撃連打に注意しましょう。これらのアビリティを食らうと強制的に後衛と交代させられてしまうため、次ターンの攻撃が誰に飛んでくるかわからなくなり、事故が起きやすくなってしまいます。

特にタンク運用をできる商人のキャラは速度が低く交代を使用してもターンの最後に出てくることが多いため、1ターン分であれば敵の攻撃に耐えられるよう継続回復を切らさないようにしましょう。

闇連撃持ちや盗賊を必ず編成しよう

グロッサムはHPが残り少なくなると闇属性以外のシールドを隠します。闇属性攻撃や弱点以外でもシールドを削れるアビリティでないとシールドを削れなくなってしまうため、必ず闇連撃持ちのキャラや弱点以外でもシールドを削れる連撃を持ったキャラを編成しておきましょう。

ヴィオラアンチアタック・アンチガードを持ち敵の火力や耐久を下げられます。特におすすめできるキャラの1体と言えます。

闇連撃・弱点以外でもシールドを削れる連撃持ち星5

ヒースコートの画像ヒースコート ヴィオラの画像ヴィオラ ステッドの画像ステッド

グロッサム戦のおすすめキャラ

ニコラの画像ニコラ テオの画像テオ リュミスの画像リュミス ギルデロイの画像ギルデロイ
トレサの画像トレサ ドロテアの画像ドロテア フィオルの画像フィオル ライオネルの画像ライオネル
ハインツの画像ハインツ ステッドの画像ステッド ウィンゲートの画像ウィンゲート ノエルの画像ノエル
ヴィオラの画像ヴィオラ ヒースコートの画像ヒースコート デュランの画像デュラン チェルナの画像チェルナ

グロッサム戦のおすすめパーティ

おすすめパーティ1

テオの画像テオ (100)
ステッドの画像ステッド (70)
フィオルの画像フィオル (100)
ギルデロイの画像ギルデロイ (91)
トレサの画像トレサ (94)
ドロテアの画像ドロテア (92)
リュミスの画像リュミス (86)
ヴィオラの画像ヴィオラ (99)

実際に攻略班がグロッサムを倒したパーティになります。基本的には敵の攻撃をギルデロイとテオの継続回復で耐えつつ、テオ・トレサが全体連撃を行い、ステッドやフィオル・リュミスで単体シールド削りを行っていました。SPの消費が激しいので回復ができるよう、できるだけ前衛・後衛のどちらでも弱点を突けるようにしておくといいでしょう。

グロッサムの武神流麗の構えがブレイク明けすぐに来てしまったので、そこからはステッド・フィオル・ヴィオラでシールドを削りつつ、弱点を突けないキャラは火力を出せるようにしていました。敵のHPがミリ残りであれば無理にシールドを削らず、ブーストを称した高威力攻撃を叩き込みまくるのもおすすめです。

おすすめパーティ2

フィオルの画像フィオル (95)
トレサの画像トレサ (90)
リュミスの画像リュミス (90)
ハインツの画像ハインツ (70)
デュランの画像デュラン (70)
ミロードの画像ミロード (86)
ニコラの画像ニコラ (86)
ヴィオラの画像ヴィオラ (88)

最後の弱点ロックに備えてヴィオラは2列目か3列目に置くべきでした。(このせいでシールドが削れず、かなり苦戦を強いられた)

おすすめパーティ2のアビリティ

おすすめパーティ2の装備

ミロードは竜のスカーフ2個付けか、竜のスカーフⅢあたりをつけたほうが良さそうでした。体力のペンダントは事故死しないように保険としてつけています。武器防具に関しては歴戦装備や物理、属性がバランスの取れている防具をつけていました。

お供を1体倒すまでは常に回復しよう

別の攻略班が実際に倒したパーティになります。基本的にお供2体を倒すまではヴィオラでグロッサムにアンチアタックをかけつつフィオル、リュミス、ハインツで削りミロードやリュミスで回復するといった戦法です。特に3人の状態は攻撃が激しく事故死する可能性も高いためお供を1体倒すまでは毎ターン回復がおすすめです。

フィオルとミロードはSP回復させよう

フィオルとミロードはSPの消費が激しいため適度にニコラでSPを回復させましょう。ミロードは相手の攻撃によっては、かなり持つためフィオルを優先して、ミロードも150程度になったら回復させましょう。

闇以外をロックされたら火力で押し切る

闇以外をロックされた後は火力で押し切りましょう。グロッサムは闇以外をロックした後3ターン程度の間隔でオーラ攻撃を行ってくるため次々の戦闘不能になる可能性が高いです。

このパーティでは闇以外をロックされるとデュランとハインツで毎ターン4しかシールド削れないため、BPが貯まったらフィオルのコラプスチャージやリュミスの三連撃等でも最大攻撃を叩き込みましょう。

トレサの緊急回避+陣頭指揮でオーラ攻撃を防げる

今回の王者グロッサムはオーラ攻撃で4回のランダム物理攻撃を行ってきます。事前にトレサ緊急回避をつけておきオーラ攻撃が来た時に陣頭指揮を行えば確実に無力化できるため、トレサを持っている人はぜひ編成しておきましょう。

グロッサム(再戦)のおすすめ周回パーティ

おすすめパーティ

攻略班がグロッサム(再戦)に勝利したパーティです。ステッド以外、全員恒常排出キャラを選出しています。なお、グロッサム戦ではお供を倒すまでにかなりの火力を必要とするため、歴戦の槍を複数本入手しておく、または強化武器Ⅳを作成しておくのがおすすめです。

代用可能キャラ

ギルデロイはドロテアの方が槍連撃が増える上にサポアビバフもあるのでより簡単に倒せるようになります。また、リュミスと変更しても戦法は若干変わりますが充分戦えます。一方、ハーレーは同じく全体風2連撃持ちのヒースコートと入れ替えてもいいでしょう。連撃を行えなくなりますが、モルルッソもおすすめです。

フィオルはライオネル、ステッドはウィンゲートでも代用可能ですが、ややシールド削り・火力面で不安になってしまいます。

おすすめ支援者

NPC名 支援技/回数 場所/影響力
ベテラン司会者 戦場の名調子
味方前衛全体に15%の物攻・属攻・会心アップの効果を付与(3ターン)
ヴィクターホロウ
名声20
ぽっこりお腹の男 弱者への鉄槌
敵全体に斧物理物理攻撃(威力245)さらに、10%の物防ダウンの効果を付与(3ターン)
ヴィクターホロウ
権力21
喧嘩屋 トリプルクラック
敵単体に3回の探検物理攻撃(威力75)弱点以外でもシールドポイントを削る
ヴィクターホロウ
権力21
ドニエスクのマフィア 連闇殺閃
敵全体に2回の闇属性攻撃(威力125)
ドニエスク
権力24

支援者は闘技場にいるベテラン司会者を使いましょう。闘技場内にいる上にかなり強力なバフをかけられます。また、武神流麗の構え を使用されてもいいように喧嘩屋やドニエスクのマフィアを加えておくと安定します。

火力が足りない場合、他の支援者や歴戦NPC精力的な老婆偉大なる建築家)を雇っておきましょう。

おすすめ装備

キャラ 武器/アクセ キャラ 武器/アクセ
ハーレーの画像ハーレー 歴戦の扇
風のルーンⅢ
風のルーンⅡ
ギルデロイの画像ギルデロイ 歴戦の槍
商人の証
腕力の銀章Ⅱ
フィオルの画像フィオル 歴戦の剣
熟練剣士の証
腕力のペンダント
ステッドの画像ステッド 歴戦の杖
闇のルーンⅡ
知力の銀章Ⅱ
トレサの画像トレサ 歴戦の槍
腕力の銀章Ⅱ
知力の銀章Ⅱ
ヴィオラの画像ヴィオラ 歴戦の短剣
商人の証
体力のペンダント
テオの画像テオ 歴戦の斧
腕力の銀章Ⅱ
腕力の銀章Ⅱ
ハンイットの画像ハンイット 歴戦の弓
腕力の銀章Ⅱ
腕力の銀章Ⅱ

とにかくお供を倒すまでがキツいので、火力を出せるよう最低でも歴戦装備を装備させておきましょう。できれば強化武器Ⅳを装備させたいところです。

おすすめアビリティ

基本的には全体連撃持ちや、全体火力を出せるアビリティをセットしましょう。特にグロッサム戦では敵の火力が高いのでハーレーの砂嵐の詩が良い働きをしてくれます。

周回の動き方

お供を倒すまで

武器やレベルによってダメージ量が変わってきますが、10ターン以内でお供を倒せるよう、火力を出せるようにしておきましょう。眩い踊子はシールド情熱的な踊子よりもシールドが2多いので、同時にブレイクできるよう、ステッドの大暗闇魔法を使いつつシールド削りしましょう。

基本的にはハーレーが毎ターン砂嵐の詩を使用し、トレサの大嵐呼び・フィオルのラウンドデュアル・ステッドの大暗闇魔法・テオのダブルハーベストでシールドを削っていきます。基本的にはテオの秘伝の治癒を切らさないように立ち回るのがおすすめです。

グロッサムのみになった後

お供の踊子を倒せたらグロッサムの斧弱点アイコンの左端辺りでブレイクさせられるようにしましょう。武神流麗の構えは斧弱点アイコン~槍弱点アイコンの間辺りで使用してくるため、HPやシールドを調整するのがおすすめです。

ブレイク前にはアンチガード陣頭指揮でバフデバフをかけて高い火力を出せるようにしましょう。もし武神流麗の構えを使用された場合はステッド・ヴィオラでシールドを削りつつ、他のキャラで火力を出して削りきってしまうのがおすすめです。

関連リンク

コメント

36 名無しさん約1ヶ月前

ようやくクリア… 途中で落ちたけど、リトゥのシールド削りに救われた

35 名無しさん約3ヶ月前

グロッサム討伐できた! 闇キャラほぼ入れてないけど、一番倒しやすかったな

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る