【オクトラ】灯火の加護による強化方法とおすすめ強化配分【オクトパストラベラー大陸の覇者】

最新キャラ・キャンペーン情報一覧
MyGame8で記事を書こう!|ブログツール紹介

※当サイトの内容はネタバレを含むことがあります。

灯火の加護

オクトパストラベラー 大陸の覇者(オクトラ大陸の覇者)における、灯火の加護による強化方法とおすすめのパラメーター強化配分について解説している記事です。TPや灯火の結晶を効率良く使うための強化方法を解説しているため、ぜひご覧ください。

おすすめ強化配分(TPの効率的な使い方)

おすすめ強化配分早見表

アビリティ物攻・属攻>速度>会心≧物防・属防>HP・SP
太字の部分は強化最優先

灯火の加護による強化は、基本的に上記の順番で行うのがおすすめです。TPを無駄にすることもなく、TPの使い方として最も効率的だといえるでしょう。

速度以降の強化に関しては考えるべきことが増えるため、後述の解説を読み、必要かどうかを判断してから強化してください。

必要TP・灯火の結晶

強化内容 TP 結晶
アビリティ
(2種)
2,000 80
物攻or属攻+40
(どちらか1種)
5,350 660
以下任意 強化に応じて変動 強化に応じて変動
合計必要数 7,350 740
パラメーター
2種最大強化時
(参考)
12,600 1,400

上述の順番で灯火の加護による強化を行う場合、稼ぐべきTPの合計は7,350、灯火の結晶は740です。

場合によってはそれ以上の強化を必要とすることもありますが、目安として覚えておくとよいでしょう。ただし9,999以上はTPを貯められない点に注意してください。

まずアビリティが最優先

ほとんどのキャラは、灯火の加護で習得できるアビリティが非常に強力なものとなっています。

パラメーターの強化を行う前に、まず貯めたTPをアビリティの習得に活用し、その後でパラメーターを強化するようにしてください。

ちなみに:中盤までは基本的にサポアビ優先

中盤(サイドオルステラ2節程度)までは、サポアビを先に習得させるのがおすすめです。キャラにもよりますが、灯火の加護で習得できるバトアビは全体的に消費SPが高い傾向にあり、Lv60前後だと使いこなせない場合があります。

その時点におけるキャラの最大SPと習得を考えているバトアビの消費SPを見比べ、1戦中に2回使うのがやっと程度ならいったん後回しにしてもよいでしょう。

物攻・属攻どちらかをMAXまで強化

灯火の加護でパラメーター強化を行う際は、支炎獣の支炎パラメーターなどと同じように、物攻属攻のうちキャラが得意とする攻撃に対応したものから強化するのがおすすめです。

物攻・属攻を強化することで火力(属攻の場合は回復力も)が大幅にアップし、敵を倒す速度や味方の回復量が上がります。基本的にはMAXまで強化してOKです。

火力を出さないキャラなら後回し・未強化でもOK

バフ・デバフやシールド削りなどのサポートのみを専門にするキャラに関しては、物攻・属攻を上げてもあまり意味がない場合もあります。

その場合は物攻・属攻の強化を後回しにして、速度を最大限強化したり、HP・SP回復にあてたりしてもよいでしょう。

必要なら速度も調整

ややハイレベルな考え方になりますが、キャラによっては速度で決まる行動順が性能に影響します。

敵や味方よりも先に行動させたいキャラがいる場合は、速度にもコストを割くのがよいでしょう。

物防・属防・会心はタンク以外不要

物防属防に関しては、基礎パラメーターを多少上げたところで大したダメージ軽減にはなりません。貴重なTP・コストを割いてまでの強化は不要です。

また会心についても、クリティカル確率は確かに上がるものの、目に見えるほどの大きな差にはならないため、優先して強化する必要はありません。

ただし:コストが余ったらOK

物攻または属攻を強化し、必要な速度を強化しても、まだコストが余る場合は多いでしょう。その場合は、物防・属防・会心を強化しても特に問題はありません。

物理アタッカー(または属性クリティカルを解放できる属性アタッカー)であれば、余ったコスト分は会心に振っておくのがおすすめです。

HP・SP回復も基本不要

HPSPの回復は、わざわざ灯火の加護に頼らずとも十分に行えます。直接のパラメーター強化ではないため、優先度は最も低いでしょう。

もちろんあくまでも優先度が低いだけであって、強化してはいけないわけではありません。コストが余った場合は、おまけで強化しておいてもOKです。

周回プレイでは便利な場合も

素材集めや逢魔エリアなどの周回を行うにあたっては、戦闘終了時のHP・SP回復(特にSP)があると便利な場合もあります。必要に応じて習得するとよいでしょう。

灯火の加護とは

キャラを任意に強化できる成長システム

灯火の加護

灯火の加護とは、v3.0.0(2023/6/22)から実装された、キャラを任意に強化できる成長システムのことです。イメージとして、クラスボードの延長と考えておけばよいでしょう。

灯火の加護で強化を行うことにより、キャラの強い点をさらに伸ばしたり弱い点を克服できたり、あるいは性能が相対的に古くなってしまったキャラを再び起用できるようになったりといったメリットがあります。

強化は両サイドで適用

灯火の加護による強化は、どちらのサイドで強化したかに関係なく、サイドオルステラ・サイドソリスティアの両方で効果を発揮します。

対応キャラは現状一部のみ

灯火の加護による強化が行えるキャラは、現状で一部のキャラのみです。対応キャラは段階的に増えていくことが公式に発表されており、今後のアップデートにも期待できるでしょう。

用語の説明

灯火の加護では、専門用語が3種類登場します。どれも灯火の加護による強化を理解するには必要な用語のため、まずはそれぞれの意味と役割を覚えましょう。

TPとは

TPとはTorch Point(※Torch=灯火)の略で、灯火の加護における強化で使用する専用のポイントです。各キャラごとに貯まるTPと、どのキャラにも使える共通TPがあります。

TPはバトルに勝利すると入手でき、9,999まで貯めることが可能です。詳しいTPの入手方法については、▼TPの入手方法でご確認ください。

灯火の結晶とは

灯火の結晶とは、灯火の加護における強化で使用する専用のアイテムです。導石と似たものだとイメージすると分かりやすいでしょう。

基本的にはキャラ専用の灯火の結晶を使用しますが、どのキャラにも使える汎用結晶や、後述のコスト上限を上げるためだけの結晶もあります。各結晶の入手方法については、▼灯火の結晶の入手方法でご確認ください。

灯火の結晶の種類一覧

種類 能力 回復 限界

(星5)
金の灯火の
結晶(能力)
金の灯火の
結晶(回復)
金の灯火の
結晶(技)
金の灯火の
結晶(限界)

(星4)
銀の灯火の
結晶(能力)
銀の灯火の
結晶(回復)
銀の灯火の
結晶(技)
銀の灯火の
結晶(限界)

(星3)
銅の灯火の
結晶(能力)
銅の灯火の
結晶(回復)
銅の灯火の
結晶(技)
銅の灯火の
結晶(限界)
キャラ ◯◯(キャラ名)の灯火の結晶
(※いずれの強化でも使用可能)
使用不可

金/銀/銅の灯火の結晶(汎用結晶)は、導石と同じように、レアリティさえ対応していればどのキャラの強化にも使用できます。

コスト(Cost)とは

コスト(Cost)とは、灯火の加護における強化で使用する専用のポイントです。TPと異なり貯めるものではなく、各キャラに最初から40のコストが割り当てられています。

また、コスト上限を40以上に上げることも可能です。詳しくは▼コスト上限の上げ方でご確認ください。

灯火の加護で行える強化

能力・回復・技の3種類

ポイント能力:パラメーター強化
ポイント回復:バトル勝利時HP・SP回復
ポイント技:アビリティ習得

灯火の加護で行える強化は、能力回復の3種類です。以下でそれぞれ詳しく解説していきます。

能力:パラメーター強化

8段階の強化が可能

灯火の加護

灯火の加護では、キャラのパラメーター(物攻・物防・属攻・属防・会心・速度)を強化することが可能です。

パラメーターごとに強化段階のランク(Rank)が設定されており、1ランクあたりパラメーターが5上昇します。ランクの最大は8で、パラメーター1種あたり最大で40アップすることが可能です。

基礎パラメーターの強化扱い

灯火の加護によるパラメーター強化は、支炎獣の支炎パラメーターなどと同じように基礎パラメーターの強化となり、装備でのパラメーター強化に比べてはるかに高い効果を得られます。

▼検証はこちら!

TP・コスト・灯火の結晶が必要

灯火の加護によるパラメーターの強化には、TPコストが、さらにRank3からは灯火の結晶も必要です。

灯火の結晶はキャラ専用であればそのまま使用できますが、汎用結晶を使用する場合はキャラのレアリティに応じた灯火の結晶(能力)が必要になります。

リセットも行えるが……

灯火の加護によるパラメーターの強化は、リセットも行えます。リセットを行うとコストが返還され、別のパラメーター強化に利用することが可能です。

ただし強化に使用したTP・灯火の結晶は返還されないというデメリットがあります。強化の際には、できるだけリセットしなくて済むよう、よく考えてから行うようにしましょう。

ランクごとの強化量と必要TP・コスト・灯火の結晶

Rank 強化 TP コスト 灯火の結晶
1 +5 5 1 -
2 +5 10 1 -
3 +5 55 1 60
4 +5 125 2 80
5 +5 275 3 100
6 +5 605 3 120
7 +5 1,335 4 140
8 +5 2,940 5 160
合計 +40 5,350 20 660

コスト上限がデフォルトで40、パラメーター1種を最大強化するのに必要なコストが20のため、最大強化できるパラメーターは2種までとなります。

もちろん最大強化しなかった場合は、余ったコストを他の強化へ配分することも可能です。

回復:バトル勝利時HP・SP回復

5段階の強化が可能

灯火の加護

HP・SPに関しては、バトル勝利時に一定の回復効果が得られる強化となっています。パラメーター強化とは異なり、最大値の強化ではない点にご注意ください。

1ランクあたり、HP10%/SP1%の回復効果が得られます。回復ランクの最大は5で、HP50%/SP5%回復まで強化することが可能です。

トラベラーアビリティと同時に発動し効果も重複

灯火の加護によるバトル勝利時HP・SP回復効果は、トラベラーアビリティ「バトル勝利時HP回復」および「バトル勝利時SP回復」の効果と加算されます。

なお発動タイミングもトラベラーアビリティと同様「エンカウントのバトル勝利時」であり、逃走時や敗北時、天運の遊技盤など特殊なバトルでの勝利時には発動しません。

TP・コスト・灯火の結晶が必要

灯火の加護によるパラメーターの強化には、TPコスト灯火の結晶が必要です。

灯火の結晶はキャラ専用であればそのまま使用できますが、汎用結晶を使用する場合はキャラのレアリティに応じた灯火の結晶(回復)が必要になります。

ランクごとの強化量と必要TP・コスト・灯火の結晶

Rank 強化(HP/SP) TP コスト 灯火の結晶
1 +10%/+1% 50 1 20
2 +10%/+1% 110 1 40
3 +10%/+1% 275 1 60
4 +10%/+1% 625 2 80
5 +10%/+1% 1,375 3 100
合計 +50%/+5% 2,405 8 300

技:アビリティ習得

一度習得したら永続的に使用可能

灯火の加護

灯火の加護では、キャラのクラスボードとは別にバトアビサポアビをそれぞれ1つずつ習得できます。能力・回復とは異なりリセットできませんが、一度習得したら永続的に使用可能です。

バトアビの設定仕様は通常と同じですが、サポアビが増えても設定数に制限はなく、純粋に3つ目のサポアビを習得できるため、キャラの大幅な強化となるでしょう。

TP・灯火の結晶が必要

灯火の加護によるアビリティの習得には、TP灯火の結晶が必要です。能力・回復の強化とは異なり、コストの配分は必要ありません。

灯火の結晶はキャラ専用であればそのまま使用できますが、汎用結晶を使用する場合はキャラのレアリティに応じた灯火の結晶(技)が必要です。

必要TP・灯火の結晶一覧

アビリティ TP 灯火の結晶
バトアビ 1,000 40
サポアビ 1,000 40

TPの入手方法

バトルに勝利

灯火の加護

TPは、エネミーとのバトル勝利時に入手できます。パーティ内の各キャラそれぞれに貯まるほか、獲得TPの10%を共通TPとして入手可能です。

TPは経験値ではないため、経験値強化の効果は適用されません。他の入手手段もなく、地道にバトルを積み重ねていくのがTPを貯める唯一の近道となっています。

効率的なTPの入手方法は?

最も効率的なTPの入手方法は、サイドソリスティアで時間帯を夜にして雑魚狩りを行うことです。

サイドソリスティアで時間帯を夜にすると、エネミーの出現数が最大4体になり、1回の戦闘で最大40のTPを入手できます。オクトリンを倒した場合はさらに増え、50ものTPを入手可能です。

エネミーごとの獲得TP量

エネミー 獲得TP
雑魚敵
(サイドオルステラ)
1体あたり10
シンボルエネミー
(サイドオルステラ)
10
フィールドコマンドNPC
(歴戦・100NPCを含む)
1体あたり10
キャットリン
(サイドオルステラ/全種類)
1体あたり30
雑魚敵
(サイドソリスティア)
1体あたり10
単体出現:12
シンボルエネミー
(サイドソリスティア)
30
キャットリン
(サイドソリスティア)
1体あたり30
キャットリン別種
(サイドソリスティア)
1体あたり25
オクトリン 50

簡易討伐

討伐依頼もバトルの一種であり、そのスキップ手段である簡易討伐でもTPを入手できます。

減衰は特にありませんが、雑魚敵と数回バトルする分しか入手できないため、TPを貯めるための雑魚敵周回をする時間がどうしてもない時の手段と考えておきましょう。

討伐ごとの獲得TP量

討伐依頼 獲得TP
討伐依頼 Lv65 130または170
上級討伐依頼 Lv80 120
異界討伐依頼 Lv55
(BD)
90または110
異界討伐依頼 Lv65
(BD Pt.2)
110または140
異界討伐依頼 Lv65
(LAL)
130または170

灯火の結晶の入手方法

入手方法早見表

方法 共通 キャラ
専用
回復 能力 限界
逢魔
エリア
討伐
依頼
× ×
宝箱 × ×
NPC × ×
双世の
指輪
× × ×

逢魔エリア

灯火の結晶を最も多く入手できるのは、逢魔エリアです。キャラ専用の結晶・灯火の結晶(限界)は、逢魔エリアでしか入手できません。

素早く灯火の結晶を集めたい場合は、灯火の結晶が必要なキャラを編成して逢魔エリアに挑み、ひたすらボスを周回するとよいでしょう。

討伐依頼

灯火の結晶は、討伐依頼のクリア報酬としてもドロップすることがあります。簡易討伐でもOKです。

種類やレアリティはまちまちなもののドロップ率は悪くなく、繰り返し入手できる上に手間がかからないという点は忙しいプレイヤーにもありがたいところでしょう。

宝箱・フィールドコマンドNPC

灯火の結晶は、宝箱フィールドコマンドNPCからも入手可能です。しかし入手量はごくわずかな上、繰り返し入手することもできないため、おまけ程度に考えておくのがよいでしょう。

双世の指輪

双世の指輪

灯火の結晶は、双世の指輪の報酬でも入手可能です。しかし入手量は限られており、しかもストーリーをかなり進めないといけないため、もらえたらラッキーくらいに思っておくのがよいでしょう。

コスト上限の上げ方

TPと灯火の結晶(限界)が必要

灯火の加護

コスト上限を40から上げるためには、TPとキャラのレアリティに応じた灯火の結晶(限界)が必要になります。キャラ専用の結晶は使用できません。

現状の最大値は45までとなっており、一度上げたら下がらないため、上げておいて損はないでしょう。

必要TP・灯火の結晶一覧

上限値 TP 灯火の結晶
40→41 100 (限界)Ⅰ×1
41→42 250 (限界)Ⅱ×1
42→43 550 (限界)Ⅲ×1
43→45 1250 (限界)Ⅳ×1

※(限界)Ⅴについては不具合のため使用不能となっています。改修を待ちましょう。

関連記事

サイドソリスティアサイドソリスティアの情報まとめ

コメント

24 名無しさん

防御に関しては物防属防をいくら上げても劇的な変化はない 一応軽減効果はあるが影響がものすごく小さい なので物防属防で云々するよりもスキルやサポアビアクセなどでダメージを軽減する事を考えた方が良い というかこれをきっちりやれば裸でもダメージは1に出来る。

23 名無しさん

ワシのコメントの内容についてこれないやつがほとんどじゃな

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    権利表記