【ドラクエウォーク】転職のやり方とおすすめ職業

転職のやり方

ドラクエウォーク(DQウォーク)における、転職のやり方とおすすめの職業をキャラ別で紹介しています。転職の解放条件や上級職など、転職方法にまつわるあらゆる情報を記載しています。

転職のやり方

解放条件は冒険ランク12到達

転職は、冒険ランクが12に到達することが解放条件です。100Gあれば他のジョブにいつでも転職することができ、主人公だけでなく仲間キャラも全員転職させることが可能です。

「パーティ→キャラ詳細」から転職できる

転職のやり方詳細
転職のやり方①拡大 ①画面下「じゅんび」をタッチ 転職のやり方②拡大 ②転職したいキャラをタッチ
転職のやり方③拡大 ③「転職する」をタッチ 職業やり方④拡大 ④なりたい職業を選択

「パーティ」画面でキャラクターをタッチしてキャラ詳細から転職することができます。転職をするたびに100ゴールド必要になりますが、すぐに元の職業に戻すことができるので気軽に転職してみましょう。

転職の知っておくべきこと

職業レベルはキャラ毎に管理

職業レベルはキャラ毎に管理
職業レベルはそれぞれのキャラクター毎に設定されているので、各キャラが転職したての時は職業レベルは1からスタートします。また一度上げた職業レベルは他の職業に転職してもそのまま保存されるので安心です。

永続スキルの習得を目標にしよう

永続スキルの取得を目指す
転職では、最終的には全職業のレベル上げをすることになると覚えておきましょう。各職業では永続のパッシブスキルを習得でき、全職業共通でステータスを上昇させることができます。レベル20と50で永続スキルを覚えるので、レベル上げの目安にするとよいでしょう。

上級職への転職はまだ存在しない

ドラクエウォークでは、まだ上級職は存在しません。ドラクエで上級職といえば賢者やバトルマスターなどがありますが、それらは今後、複数の職業レベルを最大まで上げておくことで転職可能になると予想されます。今のうちに、職業レベルは広く上げておきましょう。

▶︎職業の一覧と特徴

おすすめの職業

主人公は武闘家転職で前衛火力役

初期 転職先
戦士画像戦士 武闘家画像武闘家

主人公は武闘家に転職して「きようさ」と「ちから」を身に着けて火力が高い前衛職を目指すと良いでしょう。回復や支援魔法は他の仲間に任せましょう。最終的な職業は、戦士に戻して耐久力を高くするのがおすすめです。

仲間一人目は回復支援特化キャラ(1-5で加入)

初期 転職先
僧侶画像僧侶 戦士画像戦士

一人目の仲間の僧侶は戦士に転職して耐久力を高くするのがおすすめです。ストーリーが進んでいくと敵の攻撃が非常に痛くなり、回復役が必須になります。初期職業の僧侶をレベル上げしていき、余裕があったら戦士で耐久力を確保して回復特化キャラにすると良いでしょう。

仲間二人目は盗賊転職で火力特化(2-1で加入)

初期 転職先
武闘家画像武闘家 盗賊画像盗賊

仲間二人目は盗賊に転職して火力特化の高速アタッカーを目指すと良いでしょう。毒や麻痺などの状態異常役もこなせるので、幅広く活躍できます。最終的な職業は手持ちの武器に合わせるのがおすすめです。

仲間三人目は転職するなら僧侶(2-5で加入)

初期 転職先
魔法使い画像魔法使い 僧侶画像僧侶

仲間三人目は僧侶に転職して「回復魔力」を取得し、回復ができる魔法アタッカーを目指すのがおすすめです。ただし、回復に余裕がある場合や火力に特化させたい場合は無理に転職せずに魔法使いのまま行く選択肢もあります。

関連記事

ドラクエウォーク攻略TOPに戻るドラクエウォーク攻略トップに戻る
リセマラリセマラ 序盤の進め方序盤の進め方 ランドマークランドマーク
ストーリーストーリー モンスター図鑑モンスター 職業職業
武器武器 防具防具 こころこころ

人気のゲームや名作など、ラインナップは400以上!

コメント

9 名無しさん5時間前

あたいも星ドラ民 星ドラと合併してほしい

8 名無しさん5時間前

上級職が出たら魔法職弱くなったりしそうだな

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「転職のやり方とおすすめ職業」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る