【星のドラゴンクエスト(星ドラ)】はぐメタの鎧下(錬金)の評価と進化後の性能

星ドラ(星のドラゴンクエスト)の錬金防具であるはぐメタの鎧下(錬金)の記事です。この記事でははぐメタの鎧下(錬金)の基本情報やスキル、入手方法、進化の性能をまとめています。はぐメタの鎧下(錬金)についての情報を知りたいという方はこちらの記事をご覧下さい。

はぐメタの鎧下の評価

はぐメタの鎧下の総合評価

はぐメタのよろい下のアイコン 総合評価: ★★★★★
防御力
★★★★★
スキル
★★★★★

錬金によって適正率がアップ

はぐメタの鎧下は、「メタスラの鎧下」を錬金することで入手可能な錬金防具です。はぐメタの鎧下は、錬金を行うことで「氷ブレスダメージ軽減・中」が追加されます。これによって「氷ブレス・ヒャド・デイン」に対する耐性を持ちます。

適正装備となる確率が高い

はぐメタの鎧下が、3つの耐性の内のどれかに当てはまるボスに使えるのはもちろん、ボスによっては2つの耐性が同時に役に立ったり、3つの全ての耐性が役に立つボスも存在します。はぐメタの鎧下は、高難度クエストでも適正装備となる確率が非常に高い防具です。

最強クラスの防具

高難易度クエストの適正率が高いということから、はぐメタの鎧下は最強クラスの防具です。また、はぐメタの鎧下は、適正となる確率が非常に高い防具ですので、汎用性も高い防具です。メタスラの鎧下を持っている方は必ず錬金しましょう。

ランキングでの評価

最強防具 錬金おすすめ度
Aのアイコン Aのアイコン

最強防具:A

はぐメタのよろい下の最強防具ランクはAです。

はぐメタのよろい下は星ドラの中でそこそこ強く、多くのクエストで使える防具と言えます。

錬金おすすめ度:A

はぐメタのよろい下の錬金おすすめ度はAです。

はぐメタのよろい下は、錬金装備の中では並な性能です。錬金素材に余裕があるならば錬金させても良いでしょう。

他の防具の評価を調べる

はぐメタの鎧下の基本情報

はぐメタの鎧下の基本情報

Lv25 守備力 +83
Lv50 守備力 +131
種類 鎧下
レアリティ 星5防具
入手方法 錬金
シリーズ はぐメタシリーズ

はぐメタの鎧下のスキル

【スキル名】 最大効果
Bのアイコンヒャド属性ダメージ軽減・中 ヒャド属性ダメージ30%減
Bのアイコン氷ブレスダメージ軽減・中 氷ブレスダメージ30%減
Bのアイコンデイン属性ダメージ軽減・中 デイン属性ダメージ30%減

はぐメタの鎧下の錬金方法

【錬金前】 必要素材 【錬金後】
メタスラのよろい(下)メタスラのよろい(下) 防具錬金鉱石×2
はぐメタ錬金の粉×1
はぐメタのよろい下はぐメタのよろい下

関連装備一覧

はぐメタ武器シリーズ

はぐメタの剣はぐメタの剣 はぐメタの弓はぐメタの弓 はぐメタダガーはぐメタダガー はぐメタのツメはぐメタのツメ
はぐメタウィングはぐメタウィング はぐメタのやりはぐメタのやり はぐメタのハンマーはぐメタのハンマー はぐメタの杖はぐメタの杖
はぐメタの鞭はぐメタの鞭 はぐメタのこんはぐメタのこん はぐメタの斧はぐメタの斧 はぐメタの扇はぐメタの扇

はぐメタ防具シリーズ

はぐメタのかぶとはぐメタのかぶと はぐメタのよろい上はぐメタのよろい上 はぐメタのよろい下はぐメタのよろい下 はぐメタの盾はぐメタの盾
はぐメタの冠はぐメタの冠 はぐメタローブ上はぐメタローブ上 はぐメタローブ下はぐメタローブ下 はぐメタバックラーはぐメタバックラー

コメント

130 名無しさん約8ヶ月前

汎用性が高い装備。魔王級でも履いて行けることが多い。 この前のメタルフェスティバルで3凸したので完凸させたよ。

129 名無しさん約8ヶ月前

>>128 でも守り優先でいまだに1軍で活躍できるのは凄いな

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「はぐメタの鎧下(錬金)の評価と進化後の性能」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[2950599]
      お前何言ってんのよ!まずちゃんと日本語喋れ!
      文章がおかしいだろ

    • >>[99635]
      私に会いたかったらここの中のグループの何処かにいるわ!

    権利表記

    トップへ戻る