【オクトラ】状態効果の種類と効果【オクトパストラベラー大陸の覇者】

v2.12.1新Exジョブキャラ|ハンイットEx
支炎獣クエスト|雪山を走れ!・港の忠犬
難易度緩和|天運の遊技盤

※当サイトの内容にはネタバレを含むことがあります。

オクトパストラベラー 大陸の覇者(オクトラ大陸の覇者)における、状態効果の種類と効果を一覧にした記事です。状態異常・強化効果(バフ)・弱化効果(デバフ)・特殊効果のそれぞれについて解説しているため、ぜひ参考にしてください。

状態異常

状態異常の種類と効果

種類 効果
毒
ターン終了時に属攻ダメージ
毒 猛毒
ターン終了時に大きな属攻ダメージ
(毒耐性で防御可能)
出血 出血
ターン終了時に物攻ダメージ
出血 大出血
ターン終了時に大きな物攻ダメージ
(出血耐性で防御可能)
沈黙 沈黙
アビリティが1つ使用不能になる
(すでに付与された状態でさらに付与された場合、使用不能アビリティを再抽選)
睡眠 睡眠
効果ターン終了または攻撃を受けるまで行動不能
昏睡 昏睡
効果ターン終了まで行動不能
(「一部除く」の対象)
麻痺 麻痺
行動時に一定確率で行動不能
(魅惑とは別に判定)
恐怖 恐怖
ブースト使用不能
(ターン終了時のBP自動回復も無効)
衰弱 衰弱
アビリティの消費SPが2倍
暗闇
物理攻撃の命中率が低下
SP汚染
ターン終了時にSPダメージ

敵にのみ付与される状態異常

種類 効果
挑発
単体またはランダムなターゲットへの攻撃が挑発を使用したキャラに対してしか使用できなくなる
燃焼
ターン終了時に属攻ダメージ
さらに、シールドが1減少(0にならない)
魅惑
行動時に一定確率で行動不能
(麻痺とは別に判定)
ペインレイジ
効果ターン中、物攻・属攻アップと物防・属防ダウンの効果を付与
(エネミーによって付与される効果・効果量・効果ターンが異なる)
セントヘイロー
効果ターン中、物攻・属攻アップとシールド自動回復の効果を付与
(エネミーによって付与される効果・効果量・効果ターンが異なる)

状態異常の対策方法

アビリティや支援者で治療

状態異常は、主に薬師キャラが持つ状態異常を回復するアビリティを使うと治療できます。

また支援者の中にも、状態異常を回復できる支援技を持ったNPCがいます。詳細は以下の記事でご確認ください。

防ぐことも可能

バトアビ「健全化」やサポアビ「異常耐性強化」などのアビリティ効果で、状態異常の付与そのものを防ぐこともできます。

またアクセサリーの中にも、特定の状態異常に対して耐性を付与できるものがあるため、状態異常対策に困った場合は装備してみるとよいでしょう。

「一部除く」について

上記の状態異常回復系アビリティ・アクセサリー効果の説明には、必ず「一部除く」という文言があります。

「一部」には昏睡などが含まれ、これらの状態異常は状態異常回復系アビリティ・アクセサリーで回復・無効化できないため注意してください。

強化効果・弱化効果

強化効果・弱化効果の種類と効果

以下に掲載している効果は「強化効果延長」「弱化効果延長」の効果対象となります。

パラメーター系

種類 効果
物攻アップ 物攻アップ
物攻ダウン 物攻ダウン
物理攻撃の与ダメージ増加/減少
属攻アップ 属攻アップ
属攻ダウン 属攻ダウン
属性攻撃の与ダメージ増加/減少
物防アップ 物防アップ
物防ダウン 物防ダウン
物理攻撃の被ダメージ減少/増加
属防アップ 属防アップ
属防ダウン 属防ダウン
属性攻撃の被ダメージ減少/増加
速度アップ 速度アップ
速度ダウン 速度ダウン
速度上昇/低下(行動順に影響)
会心アップ 会心アップ
会心ダウン 会心ダウン
物理攻撃のクリティカル率上昇/低下

ダメージ系

種類 効果
ダメージアップ
ダメージアップ
与ダメージ増加
雷属性ダメージアップ
特定武器・属性
ダメージアップ
特定武器・属性攻撃の与ダメージ増加
クリティカル時ダメージアップ
特定条件時
ダメージアップ
特定条件を満たした時の与ダメージ増加
特定武器・属性
ダメージダウン
特定武器・属性攻撃の与ダメージ減少
雷耐性アップ
特定武器・属性
耐性アップ
特定武器・属性攻撃の被ダメージ減少
全属性耐性アップ
物理・属性
耐性アップ
物理・属性攻撃の被ダメージ減少
雷耐性ダウン
特定武器・属性
耐性ダウン
特定武器・属性攻撃の被ダメージ増加
クリティカル時ダメージアップ
特定条件時
ダメージアップ
特定条件を満たした時の与ダメージ増加
特定種
ダメージアップ
特定種類の敵に対する与ダメージ増加
(アイコン表示なし)
特定種
耐性アップ
特定種類の敵から受ける被ダメージ減少
(アイコン表示なし)

その他(一部)

種類 効果
HP自動回復
HP自動回復
ターン終了時にHP回復
SP自動回復
SP自動回復
ターン終了時にSP回復
BP回復プラス
BP回復量1アップ
ターン終了時にBPを1回復
被ダメ時HP回復
被ダメ時HP回復
被ダメージ時、受けたダメージに応じてHP回復
被ダメ時SP回復
被ダメ時SP回復
被ダメージ時、受けたダメージに応じてSP回復
HP回復技強化
HP回復技強化
HP回復アビリティ(自動回復を除く)の効力アップ
吸収技強化
吸収技強化
HP・SP吸収アビリティの吸収量アップ
反撃
反撃
攻撃を受けた時に反撃
追撃
追撃
「たたかう」使用時に1回多く攻撃
消費SP量軽減
消費SP量軽減
アビリティの消費SPが減少
必ずクリティカル
必ずクリティカル
物理攻撃が必ずクリティカルになる
最大HPアップ
最大HPアップ
最大HPが上昇
ダメージ上限アップ
ダメージ上限アップ
ダメージ上限が上昇
(99999に加算/ソウルによる性能はアイコン表示なし)

強化効果・弱化効果の上限値

対象 上限値
キャラ(味方) 強化効果:30%
弱化効果:50%
エネミー(敵) 強化効果:50%
弱化効果:30%

パラメーター・ダメージ系の強化効果・弱化効果は、付与対象に応じてそれぞれ上限値が設定されています。基本的に、味方が付与した効果は上限30%、敵が付与した効果は上限50%です。

またバトアビ・サポアビ・必殺技・支炎獣・神獣のそれぞれに別々の上限があり、それぞれの計算方法に従って効果が合算されます。

▼より詳しく解説している記事はこちら!

特定種ダメージアップはさらに別枠

フォーチュン武器や辺獄・神域ソウル武器などの装備性能である「◯◯の敵に対してダメージアップ」の効果はさらに別枠となっており、上限200%です。

特殊効果

特殊効果の種類と効果

敵から付与される特殊効果

種類 効果
気力喪失
ターン終了時にBP-1
死の宣告
効果ターン終了時に戦闘不能
畏怖
ブースト使用不能
(ターン終了時のBP自動回復も無効)
特定アクセサリーで無効化可能
物理攻撃封印
物理攻撃アビリティを使用不能にする
属性攻撃封印
属性攻撃アビリティを使用不能にする
静寂
アビリティを1つ使用不能にする(すでに付与された状態でさらに付与された場合、使用不能アビリティを1つ追加)
生気吸収の結界
ターン終了時にHP・SPダメージを受ける
魅了
行動時にアビリティが発動せず、「たたかう」で自身を除く味方単体を攻撃
交代禁止
前後衛の交代不能
(「交代として扱われない」アビリティによる交代を除く)
後衛移動時
HPダメージ
後衛に移動するとHPダメージを受ける
後衛移動時
SPダメージ
後衛に移動するとSPダメージを受ける

敵が敵に付与する特殊効果

種類 効果
かばう
特定のエネミーに代わり攻撃を受ける
シールド自動回復
ターン終了時に自身のシールドが回復
対多段シールドロック
1回の行動でシールドを2以上削られない(同一キャラ2回行動時も1のみ)
対◯◯反撃
特定種類の攻撃を受けた時に反撃
対弱点反撃
弱点攻撃を受けた時に反撃
対弱点外反撃
弱点以外の攻撃を受けた時に反撃
対弱点外無効
弱点以外の攻撃を無効化
対物理無効
物理攻撃を無効化
対属性無効
属性攻撃を無効化
対物理・属性無効
物理・属性攻撃を無効化
対弱点外迎撃
弱点以外の攻撃を無効化し反撃
生気吸収の結界
ターン終了時に自身のHPを回復

味方が付与できる特殊効果

以下に掲載している効果は「強化効果延長」「弱化効果延長」「異常効果延長」の効果対象外となります。

種類 効果
物理攻撃回避
物理攻撃回避
物理攻撃を必ず回避する
属性攻撃回避
属性攻撃回避
属性攻撃を必ず回避する
ダメージ減少
ダメージ減少
被ダメージを減少
自動復活
自動復活
戦闘不能時、自動でHP回復
ふんばる
ふんばる
敵からHPが0になるダメージを受けてもHPが1残る
リンデ強化
特定アビリティ強化
特定アビリティの威力を強化する
(※強化されるアビリティによってアイコンが異なる)
かばう
かばう
自身を除く味方単体への攻撃を代わりに受ける
アビリティ2回発動
アビリティ2回発動
使用したアビリティの効果を再発動(SP消費無し)する
BP自然回復無効
ターン開始時にBPが自然回復しない
バーサーカーモード
自身の物攻・会心・速度・ダメージが15%アップ
起動中、ターン終了時に最大HPの40%のダメージ
威力強化(1.5倍)
特定アビリティの威力が1.5倍に上昇
攻撃回数増加(1回)
特定アビリティの攻撃回数1回増加
聖火の加護
ターン終了時にBPを3回復
威圧
物防・属防ダウン5%
攻撃対象に付与されている場合、一部アビリティの威力上昇
激情
物攻・属攻アップ30%
一部アビリティの効果が変化
強葬
物攻・属攻・物理攻撃耐性30%アップ
必ずクリティカル
効果ターン終了時に戦闘不能
行きがけの駄賃
行きがけの駄賃
攻撃ダメージアップ15%の効果
一部アビリティの攻撃回数1回増加
碧海の叡智Ⅰ
風属性ダメージアップ15%
一部アビリティの効果が変化
碧海の叡智Ⅱ
属攻アップ15%
一部アビリティの効果が変化
カモフラ
物理攻撃を必ず回避する
一部アビリティの効果を発動
仕掛け弓pt
pt数に応じて一部アビリティの連撃回数が変動する
連撃
一部アビリティの効果が再発動(SP消費無し)する
生気pt
pt数に応じて味方前衛全体に特定の強化効果を付与
練気pt
pt数に応じて一部アビリティの効果が再発動(SP消費無し)する
獲得リーフアップ
戦闘終了時に獲得できるリーフの量が増加
(キャラにかかわらず有効)
獲得経験値アップ
戦闘終了時に獲得できる経験値の量が増加
(効果影響のあるキャラのみ有効)

基本的に治療できず防げない

敵から付与される特殊効果は状態異常とよく似た効果を持つものも多いですが、システム上は異なる扱いになっており、基本的に治療することも防ぐこともできません。

「異常耐性強化」のサポアビや「全状態異常耐性アップ」の説明があるアクセサリーも効果がないため注意してください。

特殊効果の上限値

強化効果・弱化効果を含むもの

特殊効果ののうち、強化効果・弱化効果を含むものについては、通常の強化効果・弱化効果と上限値を共有します。バトアビ・サポアビの重複仕様についても同様です。

効果量が重複するもの

効果 上限値
獲得リーフアップ 全ての効果の合計50%
獲得経験値アップ 全ての効果の合計50%

特殊効果のうち、効果量が重複する獲得リーフアップ獲得経験値アップについては、アクセサリー・サポアビなど全ての効果を合計した上限値が定められています。

その他の状態効果

種類 効果
HPバリア
元のHPとは別にBHPを上乗せし、被ダメージ時に優先して消費
HP回復アビリティで回復できない

効果上限の例外

上限がないもの

状態異常耐性については上限がなく、重複して付与可能です。トラベラーアビリティによる状態効果にも上限は設定されていません。

ダメージ上限アップに関しても、現状では上限が設定されておらず、仕様の限界までダメージ上限を引き上げることが可能です。

効果が重複しないもの

消費SP量軽減特定アビリティの威力アップエンカウント率アップ/ダウンなどの効果は効果が重複せず、複数付与されている場合は最も効果が高いもののみが発動します。

特に消費SP量軽減の効果が重複しない仕様については、ソウル武器の効果によるものも含まれるため、ソウル効果付与の際には注意してください。

関連リンク

ゲームDL〜序盤の攻略

ゲームDL〜序盤の攻略
序盤の効率的な進め方初心者必見!序盤の効率的な進め方
おすすめガチャと
確定演出解説
効率的なリセマラ方法
ガチャの確率と天井について 最強パーティとおすすめの
パーティ編成方法
富・権力・名声
どれを選ぶのがおすすめ?
選択肢による影響はある?
毎日やるべきこと おすすめ課金パックはどれ?
シンボルエネミーの
種類と倒し方
ボスの攻略方法
1節攻略への道のり1節・2節の効率的なストーリー攻略の流れ

基本システム

基本システム
ファストトラベル
(瞬間移動)の使用方法
トラベラーストーリーの
進め方
アビリティ習得と
JPの入手方法
クラスアップの
やり方と必要素材
トラベラーアビリティの
習得条件と効果一覧
フィールドコマンドについて
道に迷ったときの対処法 関係性の回復方法
町やフィールドの
施設でできること
各種設定の方法

キャラ関連

キャラ関連
育成したら強いキャラ クラスアップおすすめキャラ
連撃(連続攻撃)
を持つキャラ
バフ・デバフ・状態異常
付与アビリティを持つキャラ

レベル上げ関連

レベル上げ関連
レベル上げの
効率的なやり方
Lv30・Lv40への
レベル上げや寄り道
Lv50・Lv60への
レベル上げや寄り道
-

バトル関連

バトル関連
バトルシステムの解説とコツ HP・SPの回復方法
ブレイクの効果とコツ ブーストの効果とコツ
バフ・デバフとは 全滅と
コンティニューについて
状態効果の種類と効果 パラメーターの意味と効果

装備・素材

装備・素材
素材の入手方法と使い方 装備の入手方法
専用装備の性能と入手方法 装備売却はできる?

お役立ち情報

お役立ち情報
おすすめ支援者 小技・テクニック
影響力の効率的な上げ方 ストーリークリア後に
やるべきこと

名もなき町

名もなき町
名もなき町の効率的な進め方
ナッツ畑の解放方法 追憶の塔の解放方法
牧羊場の解放方法 アルパカ牧場の解放方法
秘技の花畑の解放方法

コメント

4 名無しさん約1年前

バフの重複の仕様が分かりにくくて混乱する。1つの系統での上限は30%ってのは知ってるんだけど、例えばスケアクロウの ・自身にクリティカル時のダメージアップ20%効果を付与 ・ブレイク中の敵へのダメージアップ20%の効果を自身に付与 は、ブレイク中の敵に攻撃してクリティカル発生したら合計でダメージアップ40%になるのか、それとも「ダメージアップ系」で1つの系統という扱いで上限30%になるのか

3 名無しさん約1年前

麻痺は確率で行動不能なので、動けるときもあります

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る