【オクトラ】おすすめ課金パックはどれ?【オクトパストラベラー大陸の覇者】

新キャラ「プロメ」「ガートルード」が登場!
プロメの評価とおすすめアビリティ
ガートルードの評価とおすすめアビリティ

ガートルード杯実装!
闘技大会の攻略と解放方法|ガートルード杯 攻略
ガートルードの弱点と攻略方法

※当サイトに記載している内容には、ゲーム内のネタバレを含む可能性がございます。ご注意ください。

オクトパストラベラー 大陸の覇者(オクトラ大陸の覇者)における、おすすめ課金パックについてまとめた記事です。そもそも課金はすべきなのか、どの課金パックがおすすめなのか、レベル1アップベリー、ティキレン杯記念パックについても記載しているので、課金については是非こちらをご覧ください。

課金はすべき?

星5キャラを獲得・育成したいならすべき!

ルビーの使用用途 目的
ガチャ(導き) キャラの増加・限界突破アイテムの入手
討伐依頼(受注書購入) レベリング・限界突破アイテムの入手・クラスアップアイテムの入手・アクセサリーの入手
コンティニュー ボス攻略・ストーリー進行

大陸の覇者のルビー(石)の使用用途は大きく分けて上記3つになります。課金をしなくても配布されるルビーだけで充分ストーリーを進めることもできますし、高レアキャラがいなくてもボスを倒すことは可能です。

そのため、高レアキャラをどうしても欲しい方や、レベリングをお手軽に済ませたい方に課金をおすすめします。

おすすめ課金パック

毎月更新ルビー

おすすめルビーパック

毎月個数限定のパックにはなりますが、毎月更新ルビーが最もおすすめです。他の課金パックでは1ルビー当たり10円ではあるものの、Aパックでは1ルビー当たり9.18円Bパックでは1ルビー当たり8.69円になっています。

一部は無償ルビーなので有償石限定ガチャでは使えませんが、課金をするのであればまずはこのパックの購入をおすすめします。

レベルアップバッグ(ボックス)

レベルアップバッグ

高レベル帯(80~)のレベリングを楽にしたい方はレベルアップバッグ(レベルアップボックス)の購入がおすすめです。経験値のナッツとは違う「レベル1アップベリー」を入手できます。「レベル1アップベリー」の単価はレベルアップバッグの方が安いのでまずはレベルアップバッグを購入するのがおすすめです。

○○杯記念パック

ティキレン杯記念パック
入手アイテム 個数
対王者用アクセサリー x1
レベル1アップベリー x50
有償ルビー x1000

闘技大会の実装に伴い○○杯記念パックが1万円で実装されました。中でも対王者用アクセサリーが強力であり、決勝戦にて非常に有効なアクセサリーとなっています。

また、王者以外にもつぶやく老人の様なNPC戦を見据えて買っておくのも悪くないでしょう。

レベル1アップベリーとは?

パック購入で入手出来るレベリングアイテム!

キャラのレベルを1上げられるアイテム

「レベル1アップベリー」はキャラのレベルを1上げることができるアイテムです。低レベルのうちは次レベルまでの必要経験値が少ないため、レベルが上がりづらい高レベル帯で使用すると効率的にレベリングができます。

有償ルビーのおすすめ使い道

有償限定巡り合う旅人たち

1日1回有償ガチャ

有償ルビーで1日1回/有償限定「巡り会う旅人たち」を引くのが最もおすすめです。通常ガチャを引くのには30ルビーですが、10ルビーで1回ガチャが引けます。

また、通常のガチャでは200回引かないと入手できない「歴戦の聖導印」を30回引けば入手可能です。そのため、3000円分のルビーを使用すれば星5キャラを確定で仲間にできます。とにかく高レアキャラを入手したい方で、課金に抵抗のない方は毎日引くといいでしょう。

関連リンク

オクトパストラベラー大陸の覇者プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

邪神ちゃんドロップキックねばねばウォーズ
原作「邪神ちゃんドロップキック」のバトルRPG

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る