【PSO2NGS】フレンドの作り方とメリット

フレンドの作り方
PSO2NGS(ファンタシースターオンライン2ニュージェネシス)でフレンドを作る方法とメリットについて解説しています。まだフレンドいないけど、一緒に遊ぶフレンドが欲しいという方はぜひご参考にしてください。

フレンドの作り方

ゲーム内での作り方

フレンドの作り方

フレンド申請を行う手順

フレンド申請の手順は[メニュー画面]→[コミュニケーション]→[周囲のキャラクター]→プレイヤーを選択後[フレンド申請を送る]で行います。

その後フレンド申請を送ったプレイヤーに承認されるとフレンドリストに表示されるため、ブロックが離れていてもウィスパーチャットでいつでも連絡を取ることができます。

フレンド申請を行うきっかけ作り

フレンド申請は自身でフレンド募集して呼びかけたり、クエストに一緒に参加していたプレイヤーに声をかけて行いましょう。

またメンバー募集しているチームに所属したり、グループチャットに参加することでフレンドが作りやすくなるので、声かけが苦手な方にはおすすめです。

2022年4月6日のアップデートにより、クエスト開始後でも[パーティー招待]が可能になったので、クエスト中に招待を送ったり、逆に招待をもらったら参加して、きっかけ作りにするのも良いでしょう。

ゲーム外での方法

SNSで検索をかけるとフレンド募集をしているプレイヤーさんがいます。自分から探せば見つけやすいため、SNSや掲示板、コミュニティツールを活用すると良いでしょう。

フレンドの作るメリット

一緒に遊べるプレイヤーができる

大きなメリットは『PSO2 ニュージェネシス』を一緒にプレイできるプレイヤーができることです。オンラインゲームを一人で続けていくのは難しいもので、段々と続けるのが難しくなってきます。

しかしフレンドがいるとチャットしてるだけでも楽しいと思えたり、クエストを回す楽しみが増えるので、ぜひ一緒に遊べるプレイヤーを見つけて交流してみましょう。

ゲーム内で遊べる幅が広がる

フレンドが増えると、そのフレンドのフレンドと交流するということがあります。連鎖するようにこれが起きると、気づいた時にはフレンドがかなり増えていたなんてことも起こり得ます。

フレンドが増えていくとゲーム内で何かやりたいと思った時に声かけしやすいので、これもメリットの一つでしょう。

また2022年4月6日のアップデートにより、[パーティーメンバー募集機能]が追加されたため、目的が決まっている場合はこちらを活用してみるのも良いでしょう。

ゲーム内キャンペーンが達成しやすくなる

フレンド登録キャンペーン
『PSO2 ニュージェネシス』では定期的にフレンドやPTプレイに関連したキャンペーンを実施しています。これらの報酬アイテムを受け取る際にも有利になります。

PSO2NGS 関連リンク

PSO2NGSwikiトップに戻るPSO2 ニュージェネシス(NGS)攻略トップに戻る

ピックアップ記事

▼よく見られている記事▼
レベル上げレベル上げの効率的なやり方 戦闘力の上げ方戦闘力の上げ方
序盤の進め方序盤の進め方 毎日やるべきこと毎日やるべきこと
メセタメセタ(お金)の稼ぎ方 赤箱(赤コンテナ)の場所赤コンテナの場所
トレイニアトレイニア(コクーン)の場所 ストーリー攻略ストーリー攻略チャート一覧
▼コミュニケーション機能まとめ▼
フレンドの作り方フレンドの作り方とメリット チームの入り方チームのメリットと入り方
グループチャットの作り方グループチャットの作り方・使い方 パーティーメンバー募集機能の解説パーティーメンバー募集機能の使い方
▼強化方法まとめ▼
装備装備強化/限界突破のやり方 潜在能力潜在解放のやり方
特殊能力特殊能力追加のやり方 マルチウェポンマルチウェポンの作り方
▼お役立ち機能まとめ▼
撮影専用ルームのアイキャッチ撮影専用ルームの使い方 パーソナルガイドの使い方(大サムネ)パーソナルガイドの使い方
ルームキーワードの大サムネルームキーワードの使い方 マグジュークボックスの使い方(大サムネ)マグジュークボックスの使い方
▼その他▼
よくある質問Q&Aよくある質問Q&A

おすすめ記事一覧

▼おすすめ記事まとめ一覧▼
おすすめクラスおすすめクラス おすすめ防具おすすめ防具 特殊能力おすすめ特殊能力

PSO2 ニュージェネシス(NGS)プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


放置少女
DLなしで気軽にプレイできる美少女放置系RPGゲーム!ローディングも早い!

ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る