【PSO2NGS】ソードの解説|おすすめ武器・マルチウェポン

ファンタシースターオンライン2ニュージェネシス(PSO2NGS)における武器種、ソードについての解説記事です。おすすめマルチウェポンや現状の最強武器はもちろん、立ち回りからPAまで詳しくまとめています。

PSO2NGS:ソードの特徴解説

ソード

使用可能クラス
武器種:ソード/ ワイヤードランス/パルチザン
武器アクション 【ガード】入力中はダメージが大幅に減少。ソードガードカウンターを取得しているとジャストガードでカウンターが発生

癖が少なく扱いやすい

ソードはハンタークラスで使用可能な武器で、武器アクションのガードによる生存能力の高さと、クセの少ないフォトンアーツによる扱いやすさがウリです。

ハンターが使用できる他2種の武器と比べると手数に劣るためやや重めな使用感ですが、実際に使って気になるほどでもありません。

見た目よりも攻撃範囲も広く、PAのツイストザッパーは横方向への範囲が広いので、集団戦・雑魚処理にも便利です。

攻防に優れたガード性能

ガード
武器アクションのガードはソードの最大の強みで、パルチザンやウォンドなどのパリィとは異なり、入力中はダメージ軽減効果が継続するためジャストガードが苦手な人でも使いやすいです。防御性能の高いハンターの能力と相まって生存力に長け、初心者にもおすすめしやすい武器となっています。

クラススキルでソードガードカウンタープラスまで取得していれば、ジャストガードで強力なソードアタックエクストラの5段目攻撃が出るため、操作に慣れれば攻撃の起点にもなります。

ソードの立ち回り

PAの使い分けが重要

ソードのPAは全て優秀となっており使い分けることで効率よく火力を出せます。対複数戦闘ではツイストザッパー、単体エネミーにスパイラルエッジ、ボスのダウン時はストリークキャリバーといった感じで使い分けましょう。

ボスダウン時にPPが上限付近ならばノンチャージのストリークキャリバーやスパイラルエッジを混ぜ合わせてPPを使い切る動きもおすすめです。

ソードのおすすめ武器

LV21~35

武器名 攻撃力 装備LV 潜在能力
グレティーガソードグレティーガソード 280 Lv27 闘志の型
レリク・エンドイフレリク・エンドイフ 284 Lv31 勇健の型

グレティーガソード

グレティーガソードはLV27~装備可能なおすすめ武器です。グレティーガシリーズはソードの課題となるボスに対しての威力を上げられるため、相性が良いと言えるでしょう。

またグレティーガシリーズは全武器実装されているのでマルチウェポンの選択も広がります。

レリク・エンドイフ

自力でドロップした、購入できるといった場合はレリク・エンドイフがおすすめです。攻撃力はもちろん潜在能力でダメージ耐性も上げられるため、入手できたら真っ先に装備したい武器となっています。

LV15~20

武器名 攻撃力 装備LV 潜在能力
ストラーガソードストラーガソード 243 Lv.15 猛滅の型
エヴォルコートソードエヴォルコートソード 242 Lv15 理放の型

エヴォルコートソード

エヴォルコートソードは資源採掘リグ防衛戦(エアリオ)エンハンスドエネミーから入手可能です。最新の武器であり潜在能力でフォトンブラストゲージ上昇率を上げられるため初心者から上級者までおすすめできます。

ストラーガソード

ストラーガソードはギガンティクスエネミーから入手可能です。潜在能力は火力に特化していますが、その分ダメージ耐性も下がってしまうので、ゲームに慣れた上級者におすすめしたい武器と言えます。

LV1~14

武器名 攻撃力 装備LV 潜在能力
ツヴィアソードツヴィアソード 195 Lv.4 不屈の型
プリムソードプリムソード 177 Lv.1 節制の型

ツヴィアソード・プリムソード

LV1~14付近は星1や星2武器であるツヴィアソードやプリムソードがおすすめです。低レアリティでも+40まで強化して特殊能力をつければ十分な火力を出せるため、15以降のおすすめ武器防具強化用にメセタを貯めておきましょう。

ソードのおすすめマルチウェポン

マルチウェポン候補
ワイヤードランスワイヤードランス おすすめ度:★★★★★
・武器アクションで上下の敵を追える
・同クラス武器

ソードはツイストザッパーの横移動が優秀です。上への移動もスパイラルエッジで多少はできるものの、ペダス・ヴェラほど上昇されると対応が難しいため同武器であるワイヤードランスをマルチウェポンにしておきましょう。

ソードのフォトンアーツ(PA)

スパイラルエッジの画像スパイラルエッジ
威力(Lv1):700 消費PP(Lv1):25
"大剣(ソード用)"のフォトンアーツ。回転しながら上昇し、縦方向に斬撃を放つ。チャージすることで、威力が上昇する。
ツイストザッパーの画像ツイストザッパー
威力(Lv1):850 消費PP(Lv1):28
"大剣(ソード用)"のフォトンアーツ。回転しながら横方向に斬撃を放つ。チャージすることで、スピン回数が増加する。
ストリークキャリバーの画像ストリークキャリバー
威力(Lv1):3200 消費PP(Lv1):35
"大剣(ソード用)"のフォトンアーツ。強力な一閃をくりだす。発動後、さらにPAボタンを押すことで、最大3回攻撃が発生する。また、チャージすることで、それぞれのヒット回数が増加する。

ソードのフォトンアーツ(PA)解説

スパイラルエッジ

スパイラルエッジ
スパイラルエッジは対単体エネミー向けPAでノンチャージは2ヒットの攻撃、チャージで多段ヒットになります。ソードの中では発動から出し切るまでが短く使いやすいPAなため、中型エネミーや素早いボスエネミー等に使うと良いでしょう。

また、使用すると飛び上がるため、発動後は空中に移行します。チアキュリオなど、空中にいる敵に対してもコンボを繋ぎやすいです。

ツイストザッパー

ツイストザッパー
ツイストザッパーは対複数エネミー向けPAでチャージすると最後の威力が上昇します。敵との距離が開いている場合は移動しながらの攻撃となるため見た目以上にエネミーを巻き込めるPAです。

マルチエリアはもちろん資源採掘リグ防衛戦(エアリオ)等の複数エネミーが出現する場所で積極的に使うと良いでしょう。

ストリークキャリバー

ストリークキャリバー
ストリークキャリバーは大型エネミーのダウン時に有効的なPAです。その場からまったく動かず、頑強状態も無い代わりにPP効率が良く35PP使うだけでノンチャージ、チャージ攻撃共に3回攻撃を行えます。状況によっては上記GIFのようにマッシブハンターと組み合わせて強引に当てにいくのも悪くありません。

3回目の攻撃が最も威力を出せるため、エネミーのダウン時間によってはノンチャージ(1回目)→ノンチャージ(2回目)→チャージ(3回目)という使い方も強力です。

なお2回目と3回目は同じPAを使った判定となり、セイムアーツスキップアタックHuを発動できます。

ソードアタックエクストラ(通常攻撃4・5段目)

ソードアタックエクストラを習得すると、通常攻撃の五段階目まで解放されます。五段階目の通常攻撃は威力が高いだけでなく、頑強までついていて非常に強力です。

「セイムアーツスキップアタックHu」や「アナザーアーツスキップアタックHu」を活用して、なるべく多く発動できるようにしましょう。

ガード(武器アクション)

ガード
クラススキル「ソードガードカウンター」を習得することで、ジャストガード発生時に自動的にカウンターが発動します。さらに「ソードガードカウンタープラス」を習得すると、カウンター発動時に通常攻撃で、五段階目の通常攻撃が発動します。

敵の動きを覚えることができれば、ジャストガードからのカウンターで、攻防一体の動きが可能です。

PSO2NGS関連リンク

武器種の一覧
ソードソード ワイヤードランスワイヤードランス ツインダガーツインダガー
パルチザンパルチザン ダブルセイバーダブルセイバー ナックルナックル
アサルトライフルアサルトライフル ランチャーランチャー ツインマシンガンツインマシンガン
ロッドロッド タリスタリス ウォンドウォンド
カタナカタナ バレットボウバレットボウ ジェットブーツジェットブーツ
デュアルブレードデュアルブレード - -

コメント

3 名無しさん約7ヶ月前

武器だと★4のプリセLv3以上だけ取っといて他は全売却でいい 倉庫も販売枠も限りがある

2 名無しさん約7ヶ月前

現時点では保管しておいていいと思います 後になって、そのスキルが必要か不要か、素材として使えるか否かが明確になった時に、売るなり素材で使うなりすればいいと思いますよ 使えるスキルとかだった場合はマイショップで高く売れたりするので、メセタ稼ぎに役立ちますよ

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 確かに

    • [チーム名]PSO2NGS船4サーバー
      [シップ]4
      [募集条件]アクティブユーザーの方、自己紹介が出来る方
      [チーム方針・説明]
      チームの募集ではありませんが、ディスコードを通してゲーム内で活動しています。
      新規、復帰者大募集です!
      一緒にリテムのスタートダッシュを決めませんか?
      ☆サーバーの特徴☆
      管理人を含めてアクティブユーザーが多いです! 
      ガチ志向の方もいればssをよく撮る方もいるので、どんなプレイスタイルでも遊べると思います!
      ...

    権利表記

    トップへ戻る