【FFBE幻影戦争】ストーリー第3章のあらすじと解説【FFBE幻影戦争(WOTV)】

ストーリー解説.png

【第1章】 【第2章】 【第3章】
【第4章】 【第5章】 【第6章】
【第7章】 【第8章】 【第9章】
【第10章】 【第11章】
各キャラクターの相関についてはこちら

FFBE幻影戦争(WOTV)における、ストーリー第3章のあらすじや解説についてまとめています。またFFBE幻影戦争(WOTV)のストーリーについて分かりやすい解説や、初登場キャラクターについても記載しているため、ストーリー第3章について知りたい方や振り返りたい方は是非ご覧ください。

第3章『錯綜する欲望』のあらすじ

モントたちと別れたあと、シュテルはフェネスの捕虜として行動しつつもその心のうちはエルデへの怒りに燃えていた。

クリスタル教の宗祖サーダリーによって心の隙を突かれたシュテルは、サーダリーの言うまま黄金の鎧に袖を通し、エルデへの復讐を為すためだけに行動するようになっていく。

第1節『北を目指して』

storySS_3-1.png
ウェズエット領へと亡命する道中、ホルンとフェネスの同盟の理由を聞いたモント一行。

一方で人質となったシュテルたちはムラガの元へ連行される。シュテルは武装を解除されなかったことを逆手に取りムラガへと剣を向けるが、その戦いを静止する声があった。

その場に現れたのはクリスタル教の宗祖サーダリーだった。

第2節『ムラガの秘密』

storySS_3-2.png
遠距離での通話機能を備えた古代の遺物により、モントの策で奇襲されたことを知ったシュテルやムラガたち。

エルデへの怒りに燃えるシュテルは「自分を雇え」とムラガへと提案し、サーダリーの口添えもあってエルデを討つ作戦に同行することになる。

そんなシュテルへの選別としてサーダリーから贈られた古代の遺物は、自身の憎悪を増幅させ力へと変換する黄金の鎧だった。

第3節『反撃の狼煙』

storySS_3-3.png
ウェズエットへの道に詳しいと言い道案内を買って出た村娘のミンウ。不信感を覚えながらもモント一行はミンウにしたがって再度ウェズエットへと向かう。

一方で黄金の鎧に身を包んだシュテルは、リオニス王家である自身へと向けられた反感を切り伏せながら、ただモントたちを追うのであった。

初登場のキャラクター・キーマン

第1節『北を目指して』

キャラ名 キャラ説明
モント・リオニスの画像モント・リオニス ウェズエットへの道中、自分たちの危険を顧みずに襲われそうな村を助けたり、マシュリーから預かった首飾りを見て他者を心配するなど、自身が危険な最中でも優しさを失わない。
シュテル・リオニスの画像シュテル・リオニス フェネスに捕まり人質となるが、ムラガと直面した際には師のオーとともに立ち向かう。サーダリーの仲裁もあって、ムラガとともにエルデを討つためにモントたちを追う。

第2節『ムラガの秘密』

キャラ名 キャラ説明
シュテル(破滅の騎士)の画像シュテル(破滅の騎士) 心の隙に付け込まれ、憎悪を力へと変換する黄金の鎧を纏ったシュテル。エルデを殺すために障害となるものは全て切り捨てる。
サーダリー.png
サーダリー
ホルンとフェネスの同盟を締結させた張本人。シュテルの力になりたいと白々しく口にするが、その真意は謎に包まれている。
ミンウ
ミンウ
モントが助けた村の娘の一人。自身の危険を顧みず他者を守ろうとするモントに感化され力になりたいと言っているが…

第3節『反撃の狼煙』

キャラ名 キャラ説明
アドラードの画像アドラード ホルン《壮麗》の部隊長。常に冷静沈着で任務を確実にこなす。王ロブからはフェネスの援軍となりモントたちを討てと命令を受けたが、サリアからの提案により味方になる道もあると知って迷っている。
サリアの画像サリア ホルン《壮麗》のメンバー。部隊長で兄でもあるアドラードを兄様と呼び慕い、誰に対しても軽口を叩く小悪魔っぷりが特徴的な魔道士。この度のフェネスとの同盟を快く思っておらず、そのことも平気で口にする。

その他の登場キャラクターについてはこちら

解説・考察

第1節『北を目指して』

▶︎ホルンが蛮国フェネスと同盟を結んだ理由

ホルンがフェネスと同盟を結んだ理由には色々とありますが、その一つに西の大国ランダルが不穏な動きをしているから、というものがあります。ランダルは武力に秀でており周辺の国を恐れることなく牙を向けているため、それを恐れて同盟を結んだという運びです。

他の理由については第1章の解説でも述べているので気になる方は是非ご覧ください。
ストーリー第1章のあらすじと解説

第2節『ムラガの秘密』

▶︎ラマダの言葉の意味とは

「月と星は邪な意思により分かたれ、やがて大地より滅びの輝きを呼び覚ますことでしょう」

シュテルが古代の遺物を装備した直後、嫌な予感がしたモントから助言を求められたラマダが口にした言葉です。前半部分の月にはモント、星にはシュテルが当てはまります。前章の解説でも述べていますが、シュテルはモントの優しさに引っ張られていた節がありましたが、今回サーダリーの手によって完全にモントとの繋がりが絶たれたため、完全に復讐者へと堕ちていく様を予言しています。

後半部分は、ストーリー第5章にてギルガメッシュが現れ大地を二分すること、またはそれ以降でさらなる悲劇をもたらされることを暗示しているのではないかと予想されます。

第3節『反撃の狼煙』

▶︎アンヴィル城とは

王妃ヘレナを連れた《勇壮》が目指すアンヴィル城は、リオニスの先王の城であり現在は封鎖されていますが、複数の古代の遺物の隠し場所でもあります。対立関係にあるフェネスとの国境付近にあるため現在向かうのは非常に危険ですが、古代の遺物とは一つでも所有していると戦況を覆すことができると言われているため、その危険を犯してまで手に入れる価値のあるものであるということが分かります。

関連リンク

攻略wikiトップに戻る▶FFBE幻影戦争の攻略wikiTOPへ戻る
リセマラランキング バナーリセマラランキング 最強ランキング最強ランキング
ユニット一覧 バナーユニット一覧 ビジョンカード一覧 バナービジョンの一覧と効果
武器一覧 バナー武器一覧 防具一覧 バナー防具一覧
アクセサリー一覧 バナーアクセサリー一覧 召喚獣一覧召喚獣の一覧
ストーリー攻略ストーリー攻略 お役立ち バナーお役立ち情報一覧
白磁の塔白磁の塔 異界の城異界の城の攻略
プレイ日記バナープレイ日記 素材一覧 バナー素材一覧
掲示板一覧 バナー掲示板一覧 -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ストーリー第3章のあらすじと解説【FFBE幻影戦争(WOTV)】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • どこの掲示板も荒れすぎて使い物にならん
      ここは過疎か

    • 【ギルド名/ギルドID】
      Carina/3753359511
      久々のギルドメンバー募集です!
      基本まったりしていて、
      ギルドメンバーは
      優しい方ばかりです!
      ギルバト時はチャット盛んなので
      ギルバト好きな方は楽しめるかと✨
      是非、あなたの力をお貸しください(*゚∀゚)

    トップへ戻る