【FFBE幻影戦争】ストーリー第7章のあらすじと解説【FFBE幻影戦争(WOTV)】

ストーリー解説.png

【第1章】 【第2章】 【第3章】
【第4章】 【第5章】 【第6章】
【第7章】 【第8章】 【第9章】
【第10章】 【第11章】
各キャラクターの相関についてはこちら

FFBE幻影戦争(WOTV)における、ストーリー第7章のあらすじや解説について掲載しています。またFFBE幻影戦争(WOTV)のストーリーについて分かりやすい解説や、初登場キャラクターについても記載しているため、ストーリー第7章について知りたい方や振り返りたい方は是非ご覧ください。

第7章『利をもたらすは』のあらすじ

ウェズエットと同盟を維持するため、自分たちが役に立つことを証明しなければならないモントたちは、グラセラに忠誠を誓う《紅蓮》の協力を仰ぎ、ウェズエットへと矛を向けるフェネス軍と戦いを始める。

一方でホルン第一部隊《堅牢》を引き連れクリスタル教会へと進軍するホルン国王ロブは、配下であるジザとヴィストラールの裏切りによって自身の娘マシュリーがさらわれたことを知る。

第1節『東へ』

storySS_7-1.png
リオニス国王エルデの首をとることを目的としていたウェズエットの王クーリだが、フェネス軍がウェズエットへと進軍しているのを知り、モントたちがフェネス軍を食い止めるのを条件に同盟を維持することを約束する。

しかしモントたちにはフェネス軍を食い止めるだけの戦力はないことは明確であり、ウェズエットの敵対勢力でありグラセラに忠誠を誓う組織《紅蓮》へと助力を求めるべくアジトへと向かうのだった。

第2節『ムラガ親衛隊』

storySS_7-2.png
《紅蓮》の協力を得たモントたちは一足先に砦へと赴くが、すでに砦が完成しているのを目撃する。

しかしモントたちは砦の人員が少ないことを見抜き、オルドア率いるフェネスの部隊に奇襲を仕掛け、砦を占拠することに成功した。

第3節『シクルの砦攻防戦』

storySS_7-3.png
オルドアの策略により罠に嵌められてしまい砦を奪還されたモントたちであったが、その罠を逆に利用して形成を立て直す。しかし状況的には未だ不利であるため、モントたちは《紅蓮》の到着を待つのだった。

一方でマシュリーからの伝言を預かったリオニスの第一部隊《勇壮》と、道中一行に加わったオウィスの使者ディアーは、クリスタル教会へ報復するべく進軍を進めている、ホルン王ロブが率いる《堅牢》と無事合流を果たした。そこでロブはジザたちが裏切りマシュリーがさらわれたことと、オウィスがランダルに攻め入られている現状を知り、クリスタル教会を目前に控えながらも撤退を宣言する。

初登場のキャラクター・キーマン

第1節『東へ』

キャラ名 キャラ説明
マルグリットの画像マルグリット グラセラに忠誠を誓い王クーリへと反逆を企む《紅蓮》の頭領。気の良い性格をしており、グラセラの利になると判断する行動には意欲的に協力する。ヴィクトラ、ルアーサと繋がりがあるものの二人が何を企んでいるのかは知らない。
ヴァジムの画像ヴァジム 《紅蓮》のメンバーであり幹部。クーリに強い憎しみを抱いており、クーリが絡むことに対してはすぐ頭に血が上る性格。頭領のマルグリッドに頭が上がらない。

第2節『ムラガ親衛隊』

キャラ名 キャラ説明
リレルリラの画像リレルリラ リオニスの第一部隊《勇壮》の一員。明るい性格で部隊のムードメーカーだが、稀に余計なことを口走ることも。仲間からはよく名前のことでいじられている。
ヴァライドの画像ヴァライド リオニスの第一部隊《勇壮》の一員で、副隊長的な存在。おおらかな性格をしている反面、物事を性格に分析する能力をもつ。ホルン王ロブにマシュリーがさらわれたことを伝える。
ソシアの画像ソシア リオニスの第一部隊《勇壮》の一員。戦闘狂だが《勇壮》の仲間を大切に思っており、よくリレルリラをからかって遊んでいる。

第3節『シクルの砦攻防戦』

キャラ名 キャラ説明
オルドアの画像オルドア ムラガ親衛隊の一人。ムラガに忠誠を誓っており、格好や口調などの真似をしている。見た目に反してお調子者な性格をしており、作戦のうちとはいえ平然とモントらに命乞いをする場面も。
キルフェの画像キルフェ オルドアの右腕としてフェネスに従軍する魔道士。本人は戦いを望んでいないため仕方なく従っているが、オルドアに意見を求められた際には的確な助言をする。

その他の登場キャラクターについてはこちら

解説・考察

第1節『東へ』

▶︎クーリは本当に同盟を維持したわけではない

王クーリは同盟を本当に維持するわけではありません。あえて敗北必至のモントたちにフェネス軍の相手を命じることで、モントたちが自身に反乱を企てている勢力《紅蓮》に協力を求めることまで見越して、《紅蓮》の戦力を削ぐことを目的としたのでしょう。

当時《紅蓮》のことを知らなかったモントたちにサージェスが助言をすることまでも想定しているので、王クーリは相当頭が回る人物といえるでしょう。実際多くの民から反感を買っているとはいえ、王クーリは弓の名手であると共に、非常に頭の回る人物として評価する者も多いのです。それ故に今後モントたちが自身を裏切った際には大きな壁となり立ち塞がるでしょう。

▶︎ドランドとガーガスの息子…?

悪人であるドランドとガーガスには、クリスタル教会近くの村で面倒を見ている少年がいます。これまでに二人のどちらかに伴侶や子供がいるということが示唆されていたわけでもないため、血の繋がりはないでしょう。しかし定期的にお金や物資を届けていることや、少年に対する態度や口ぶりから、少年にとって良い「パパ」であるのには変わりありません。

少年が持っているという例の石の箱とはドランドとガーガスの反応から見て、二人がこっそりと盗んだ古代の遺物で間違いないと思われます。

第2節『ムラガ親衛隊』

▶︎遠話装置のシステムとは

捕らえられたオルドアがあっけなく白状したフェネス軍の強さの秘密である遠話装置について。簡単に言うと現代の電話のようなものですが、相違点として常に接続状態であること、小さな音は拾えないことなどが挙げられます。

オルドアがモントたちに話したのは互いに通信可能であることのみだったため、モントたちは常に自分たちの会話が聞かれていることに気がつかず、後手に回ってしまいました。

▶︎遠話装置がなぜ強力なのか

ではなぜ遠方の味方と交信して状況を確認しあうことが幻影戦争の世界では有利になるのか、という点について解説します。本来幻影戦争の世界において戦争とは、地形を考慮し、敵の戦力を予想し、参謀が考えた策で戦を進めます。兵士は一度決まった戦略に従い戦争が終わるまでその指示に従って行動するため、あまり柔軟性はないといえます。連絡手段といえば、キトンやリンクスのようなシノビが戦場を駆け巡って言葉で伝えるしかありません。

そんな情勢の中フェネスだけが現場の状況を聞き、必要に応じて戦力を移動、場合によっては敵の戦力が薄いところへ奇襲を仕掛けることも可能なので、遠和装置は非常に強力であると言えるでしょう。

関連リンク

攻略wikiトップに戻る▶FFBE幻影戦争の攻略wikiTOPへ戻る
リセマラランキング バナーリセマラランキング 最強ランキング最強ランキング
ユニット一覧 バナーユニット一覧 ビジョンカード一覧 バナービジョンの一覧と効果
武器一覧 バナー武器一覧 防具一覧 バナー防具一覧
アクセサリー一覧 バナーアクセサリー一覧 召喚獣一覧召喚獣の一覧
ストーリー攻略ストーリー攻略 お役立ち バナーお役立ち情報一覧
白磁の塔白磁の塔 異界の城異界の城の攻略
プレイ日記バナープレイ日記 素材一覧 バナー素材一覧
掲示板一覧 バナー掲示板一覧 -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ストーリー第7章のあらすじと解説【FFBE幻影戦争(WOTV)】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • 2日書き込みなしとかお前ら、つまんねーわ。面白くない証拠

    • 【ギルド名/ギルドID】
      Carina/3753359511
      【石像】
      大蛇:5 牡牛:5 麒麟:5 獅子:5
      ※ 石像強化は強制ではないですが、
       なるべくご協力ください!
      【ギルバト】
      ・参加有無
       → 可能な限り、ご参加ください。
      ・指示
      ...

    トップへ戻る