【FFBE幻影戦争】ストーリー第9章のあらすじと解説【FFBE幻影戦争(WOTV)】

ストーリー解説.png

【第1章】 【第2章】 【第3章】
【第4章】 【第5章】 【第6章】
【第7章】 【第8章】 【第9章】
【第10章】 【第11章】
各キャラクターの相関についてはこちら

FFBE幻影戦争(WOTV)における、ストーリー第9章のあらすじや解説について掲載しています。またFFBE幻影戦争(WOTV)のストーリーについて分かりやすい解説や、初登場キャラクターについても記載しているため、ストーリー第9章について知りたい方や振り返りたい方は是非ご覧ください。

第9章『聖地炎上』のあらすじ

マシュリーを救うためにリオニス城へと到着したホルン軍であったが《堅牢》の部隊長エンゲルベルトの指示により、リオニス軍を待たずリオニス城へと進軍を開始する。

一方ウェズエットではついにグラセラによる叛乱が開始され、叛乱軍とウェズエット軍の戦争が始まった。

第1節『王子帰還』

storySS_9-1.png
マシュリーを救うためリオニス城へ向かう王ロブ率いるホルン軍と、モント率いるリオニス軍。多くの人間がリオニス城へと向かう一方で、ウェズエットのグラセラはついに王クーリへの反乱を開始する。

第2節『届かぬ思い』

storySS_9-2.png
モントがウェズエットから離れていることを知らないグラセラは、罠とは知らずウェズエット城へとおびき寄せられる。違和感を覚えながらもウェズエット軍と攻防を繰り広げあう最中、クーリの放った矢がグラセラを狙う。

咄嗟の機転を利かせてグラセラを庇うミンウだったが、その矢は体を貫いておりミンウの命を奪うのだった。

第3節『流転』

storySS_9-31.png
storySS_9-32.png
グラセラは私設部隊《息吹》やミランダたちと合流し、ミンウの仇討ちのためにも善戦するが、対するウェズエット軍にも第一部隊《疾駆》が加わることで戦いは激化していく。

同時刻、リオニス城へとたどり着いたホルン軍は《堅牢》を筆頭にマシュリー奪還のための進軍を開始した。

初登場のキャラクター・キーマン

第1節『王子帰還』

キャラ名 キャラ説明
ミランダの画像ミランダ ウェズエットよりもさらに東から訪れたグラセラの客人。グラセラに恩を感じており、今回の戦で恩を返すために仲間と共に喜んでグラセラに助力する。
シムールの画像シムール ウェズエットよりもさらに東から訪れた客人。クーリに気に入られ一時共に過ごすが、クーリの圧政で苦しむ民たちの存在を知り、グラセラと共に民を救うために行動する。ミランダの師であり確かな実力を持つが、現在行方不明になっている。

第2節『届かぬ思い』

キャラ名 キャラ説明
ミンウミンウ グラセラに協力するウェズエットの白魔導士。モントたちをグラセラの元へと導く道中でモントの優しさに触れ、強い信頼を置いている。クーリの放った矢からグラセラを庇い、命を落とす。
カエアン.png
カエアン
ウェズエット城の牢獄で3年に渡り幽閉されていた、グラセラの幼なじみ。幽閉されているのにも関わらず戦況を冷静に分析する。情勢を全て把握しており、たとえリオニス軍の協力があったところでグラセラはクーリに勝てないだろうと分析している。

第3節『流転』

キャラ名 キャラ説明
カディアの画像カディア グラセラと母を同じくする妹であり、グラセラ私設部隊《息吹》の一員で、一人称は「ボク」。グラセラと同じく一族を守るため共に闘う。
メリルークの画像メリルーク グラセラの私設部隊《息吹》の一員。元ウェズエットの兵士であったが規律の厳しさに耐えかね、グラセラに拾われる。面倒をみてもらった恩を返すためにも今回の叛乱に加わった。

その他の登場キャラクターについてはこちら

解説・考察

第2節『届かぬ思い』

▶︎なぜシュテルがリオニス城に居るのが分かるのか

「リオニスの血は絶やさぬ」と再三口にしてきたエルデですが、リオニス城への道中シュテルがリオニス城に居ることを本能で察している様子が伺えます。それはモントも同じようで、シュテルもまたモントたちがリオニス城へと近づいてくることを把握しています。これまでにも母のヘレナが瀕死の重傷をおった時にはシュテルが察し、シュテルが古代の遺物によって身を堕とした時にはモントが何かを感じ取っています。

これらのことに加え、ギルガメッシュがリオニスへと指輪を授けたことから、リオニスの血統には何かしらの秘密があると考えて良さそうです。

▶︎ミンウが犠牲になった本当の意味

ミンウはグラセラたち叛乱組の中では、グラセラを除くとほぼ唯一モントを信じている人物です。そんなミンウが死んだことによりウェズエットの中でのモントの立ち位置が危うくなったことを意味していると考えられます。

第3節『流転』

▶︎謎の女性の言葉の意味

『神託 第二十三章 六節、二頭の獅子の刻』
『神託 第二十四章 一節、猛る牡鹿の刻』

一つ目の『二頭の獅子の刻』についてですが、獅子とはリオニスの象徴であり、そのままモントとシュテルが再度対峙することを暗示しています。

二つ目の『猛る牡鹿の刻』について、牡鹿とはランダルの象徴であり、これからランダルが大きく攻勢に移るという暗示でしょう。実際に場面転換の後ランダルはクリスタル教会へと攻め入っています。

いずれも確定した事象について述べており、似たように未来を予言するラマダと異なる点として、ラマダが星の力を借りてモントにまつわる出来事を話すのに対し、ギルガメッシュの傍に待機する女性が話すのは世界の情勢についてであり、直接神からの啓示を受け取っているみたいなので、その言葉はより具体的で確定的なものになっています。

▶︎エキシアとは

サーダリーがギルガメッシュとの会話で口にした言葉『エキシア』。同時にサーダリーは「エキシアの存在しない世界など滅びても良い」と発言しています。

エキシアとはおそらく聖書における能天使Exousiaが由来となっており、その主な意味は『悪魔を滅ぼす者』です。ギルガメッシュを殺すことで『光の繭』が手に入り、人か物体かも定かではない『エキシア』を守ることに繋がるとサーダリーは考えているようですが、現時点はあまり多くのことは明かされていないため確かなことはわかりません。しかし今後の展開の鍵になることは間違いなさそうです。

関連リンク

攻略wikiトップに戻る▶FFBE幻影戦争の攻略wikiTOPへ戻る
リセマラランキング バナーリセマラランキング 最強ランキング最強ランキング
ユニット一覧 バナーユニット一覧 ビジョンカード一覧 バナービジョンの一覧と効果
武器一覧 バナー武器一覧 防具一覧 バナー防具一覧
アクセサリー一覧 バナーアクセサリー一覧 召喚獣一覧召喚獣の一覧
ストーリー攻略ストーリー攻略 お役立ち バナーお役立ち情報一覧
白磁の塔白磁の塔 異界の城異界の城の攻略
プレイ日記バナープレイ日記 素材一覧 バナー素材一覧
掲示板一覧 バナー掲示板一覧 -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ストーリー第9章のあらすじと解説【FFBE幻影戦争(WOTV)】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • どこの掲示板も荒れすぎて使い物にならん
      ここは過疎か

    • 【ギルド名/ギルドID】
      Carina/3753359511
      久々のギルドメンバー募集です!
      基本まったりしていて、
      ギルドメンバーは
      優しい方ばかりです!
      ギルバト時はチャット盛んなので
      ギルバト好きな方は楽しめるかと✨
      是非、あなたの力をお貸しください(*゚∀゚)

    トップへ戻る