【ツムツム】ハッピーラプンツェルは扇風機を使え!スキル2で2000枚も稼げる!【動画】

扇風機を使った画像

ツムツムにおける、ハッピーラプンツェルを使った裏技「ハピラプ扇風機」について解説しています。ハッピーラプンツェルのスキルで消せる範囲をさらに広げることが出来る裏技なので、ぜひ使ってみてくださいね!

ハピラプ扇風機とは?

ハッピーラプンツェルを使った小技

ハピラプ扇風機とは、ハッピーラプンツェルのスキル発動中に扇風機を使ってツムを吹き飛ばすことで、より広い範囲のツムを消すことが出来るようになるという裏技です。

扇風機とは?使い方は?

ハピラプ扇風機のやり方

扇風機ラプンツェルのスキルGIF

  1. ハピラプのスキルを貯める
  2. スキルを発動して好きなようにツムを繋げる
  3. 繋げた指を離さず、扇風機をタップしてツムを吹き飛ばして複数箇所に散らします
  4. 散らした後ツムが落ち着いたことを確認したら指を離してツムを消します

以上がハピラプ扇風機のやり方になります。ハピラプ扇風機を使うと、上記画像のような普通にスキルを使うだけではありえない状態でツムを配置することが出来ます。(画像はsl.2のハッピーラプンツェルを使ったものです)

大ツムを絡めるとより広範囲で消せる!

扇風機ラプ 大ツム巻き込みGIF
先ほどの画像と同じスキルレベルのハピラプを使ったものですが、チェーンに大ツムを絡めるだけでこのように消去数が大幅アップします。

大ツムを絡めることさえできれば線の広がりが甘くても一気に範囲を拡大できるので、大ツムはなるべくスキル発動まで残しておくようにしましょう!

使えるのはスキル1~3まで!

スキルレベルが上がると非効率に

ハピラプ扇風機を使ってコイン稼ぎを行えるのは、スキルレベル1~3が目安です。スキルレベルが5・6になると、扇風機で時間ロスするよりも、普通に消して繰り返しスキルを使う方が効率良くなります。スキル4はどっちつかずなので、扇風機ありとなしで比較して、稼げる方を使ってみましょう!

ハピラプ扇風機の参考動画

スキルレベル2のハピラプを使用したものです。動画では1800コインちょっとしか稼げていませんが、この方法でプレイすると1700~2100コインを安定して稼ぐことが出来ます。感覚を掴むまでに時間がかかるかもしれませんが、練習してみてください!

ツムツムの関連リンク

ハッピーラプンツェルに関する情報

コメント

21 てぃな約2ヶ月前

Android Ver.8.0.0.134でハピラプ扇風機が出来ることを確認しました。

20 名無しさん約4ヶ月前

Androidでも出来るようになってますよ~

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ハッピーラプンツェルは扇風機を使え!スキル2で2000枚も稼げる!【動画】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • ‼️未成年不可‼️
      ノルマフリー
      (注意)雑談メイン、スタンプ好き集まれ🤗
      (定員~100名)
      ★友達追加自由
      ★通知OFF
      ★トーク(雑談のみ)参加可能‼
      ★無料スタンプ情報
      ★有料スタンププレゼント🎁
      (グル内イベントにて)
      ...

    • >>[7082]
      いや、その理屈はおかしい。
      植物だって生きているのに、なぜ動物はダメで植物を殺すことは許されるの?
      そもそも、あなたが食べているものは、あなたが食べなければ別のモノ(人間であれ動物であれ)が食べていたハズのものを奪っていると言うこと。
      もっと言えば、あなたに提供されている衣食住や家電製品など、その生産者は動物を殺して食べて生活している人によって作られているもの。
      つまり、あなたも動物を間接的に殺していることに気付くと良いよ。
      「自分は直接殺していないから」と言うのは詭弁な。
      あと、今年の夏からゴキブリホイホイの設置は禁止な。

    権利表記

    トップへ戻る