【あつ森】シーグラスの作り方 | マイデザイン【あつまれどうぶつの森】

シーグラスの作り方.png
あつ森(あつまれどうぶつの森)における、シーグラスの作り方(書き方)です。マイデザインのシーグラスの作り方はもちろん、アレンジ方法や敷き方などの応用編も紹介しています。

シーグラスの作り方手順

完成図

シーグラス.jpg

砂浜の装飾に使える「シーグラス」の作り方をご紹介します。基本編は誰でも簡単にシーグラスが作れるスタンプを使った方法を掲載しているので、ぜひ作ってみてください。

実際の作り方手順


一番右の透過を選択し、「ぬりつぶし」でキャンバス全体を透過させます。

「どうぐ」の星スタンプ、丸スタンプの最小サイズで好きな色でスタンプを押し、ペンで4マスの細かいシーグラスを描き足します。(ランダムに置いてもかわいいので、厳密にドットを打たなくてもOK

星の左右と足の部分を透過ペンで消します。

「オレンジ」で影の一番濃い部分
「黄色」で影の中間部分
「黄緑」で光の当たる部分
をそれぞれ画像のように書き足します。

元の色に合うように、色彩を調整します。オレンジ→黄色→元の色→黄緑の順で色をだんだんと明るくしていきましょう。

砂浜と合わせるため、湿った砂のような色で画像の通りに星型と丸型に影をつけます。

透過ペンで丸スタンプの頭の辺りを欠けさせ、削れた石っぽい形にします。
完成!

いろんな色で作っても可愛い!

S__264265745.jpg

青一色ではなく、赤系を作ってみたり、1つのマイデザにたくさんの色を入れてみてもとってもかわいくなります。自分の好きな色でシーグラスを作ってみてくださいね!

各カラー変更の使い方

簡単な操作方法
17.jpg
  • [L,R]でパレット上の別色に切替え
  • 「色合い」「鮮やかさ」「明るさ」の3つを調整できる

「各カラー変更」を使うと、色の置き換えを簡単にすることができます。グラデーションをつけたい場合や、影をつける際などに役立つ要素となります。

シーグラスの作り方(応用編)

貝殻とシーグラス

シーグラス

貝殻や星の形で作ったシーグラスです。インパクト大きめのデザインとなっているため、1個でも可愛く仕上がります。

ドット絵

貝殻のシーグラス

貝殻とシーグラスその2

シーグラス

貝殻の形違いのシーグラスです。色彩をうまく調整することで、色の境目がぼかしたようになり、貝殻の凹凸を表現できます。

ドット絵

シーグラスの画像 (5).jpg

シーグラスの破片

シーグラス

こちらは細かいシーグラスです。単体だと地味に見えますが、大きめのシーグラスと一緒に使うことで引き立て役になり、浜辺にキラキラ感を演出してくれます。

ドット絵

シーグラス

上級者向けアドバイス

モデルさん作者のRさん 細かいシーグラスを描いたら、実際に大きめのシーグラスと組み合わせてみてください。バランスが悪い場合は「全体シフト」を使ってマイデザの位置調整をし、使いやすい配置に変えちゃいましょう!

シーグラスを浜辺に飾るとこんな感じ!

シーグラス

基本編〜応用編のシーグラスを組み合わせてマイデザを貼ると、このように浜辺が華やかになります。

関連記事

作り方▶︎マイデザインの作り方一覧に戻る
レンガレンガの作り方 ロフトロフトの作り方
畳畳の作り方 タイルの作り方タイルの作り方
お菓子の床の作り方お菓子の床の作り方 シーグラスの作り方シーグラスの作り方
枕木の作り方枕木の作り方 花壇の作り方花壇の作り方
お花の道お花の道の作り方 けものみちけものみちの作り方
飛び石パーシャル飛び石の作り方 大理石パーシャル大理石の作り方
花火のマイデザの作り方サムネ.png花火のマイデザの作り方 -

あつ森プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

コメント

8 ちろぴの 紅の状況 ヒカキン セイキン約4ヶ月前

今度まねしてみます♡ありがとうございました。

7 ちろぴの 紅の状況 ヒカキン セイキン約4ヶ月前

シールグラスのマイデザインをもっと公開して欲しいなと思います。✳お願いいたします。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る