【ドラクエ11(DQ11)】試練その1・その2の攻略

ドラクエ11(DQ11)のモンスターである「試練その1・その2」についての情報をまとめた記事です。ジエーゴの試練で戦うことになる、試練その1・その2のHPや行動パターン、弱点などの攻略情報をまとめています。試練その1・その2攻略の参考にしてください。

試練その1・その2について

試練の画像

試練その1・その2は、クリア後にシルビアとグレイグのスキルパネル解放のために戦うことになるボスです。デルカダール神殿最深部での戦闘となります。

HP、耐性、特技や行動パターン

HP

試練その1・その2のHPは、それぞれ約3000です。

試練その1・その2の耐性

▼属性攻撃耐性

-
-
★ = かなり効く ▼ = 効きにくい
◎ = 効く   ▼▼ = かなり効きにくい
◯ = やや効きにくい      × = 無効

▼状態異常耐性

攻撃力低下 守備力低下 すばやさ低下
呪文耐性低下 おびえ 転び
▼▼
うっとり マヒ 眠り
▼▼
混乱 魅了
マホトーン 幻惑 状態耐性低下
属性耐性低下 即死 二フラム
MP吸収 みとれ
★ = かなり効く ▼ = 効きにくい
◎ = 効く   ▼▼ = かなり効きにくい
◯ = やや効きにくい      × = 無効

特技・行動

行動 効果
通常攻撃 単体に約100のダメージ
痛恨の一撃 単体に約400のダメージ
大地の怒り 全体に約130のダメージ
大地の激昂 全体に約230のダメージ

単=単体で使用、連=連携

行動パターン

試練その1とその2は、各1〜2回行動してきます。2体同時にゾーンに入ると、連携技である「大地の激昂」で大ダメージを与えてくるため注意が必要です。また、痛恨の一撃もかなりの頻度で発生します。

試練その1・その2の攻略方法

大まじん斬りで倒そう!

試練その1とその2は、それぞ大まじん斬りで倒す必要があります。大まじん斬りはシルビアとグレイグの連携技ですが、1000程度は出るはずです。厳密にいくらのダメージがでるかは、ご自身で確認してください。

きせきのきのみ(しずく)を持って行こう

試練その1とその2の攻略のために、きせきのきのみもしくはきせきのしずくを持っていくと楽です。2度ゾーンに入る必要性があるため、待つよりはアイテムを使ってしまった方が楽です。

試練その1・2の詳細

五十音順 さ行
系統 あくま系
図鑑No. 433・434
経験値 7500
ゴールド 750
初登場 ドラクエ11

ボス攻略の一覧

ボス攻略一覧(クリア前)
1 スモーク 2 いたずらデビル
3 イビルビースト 4 デンダ
5 デスコピオン 6 シーゴーレム
7 ホメロス(一回目) 8 武闘会ボス
9 アラクラトロ 10 クラーゴン
11 メルトア 12 ごくらくちょう
13 ムンババ 14 リーズレット
15 屍騎軍王ゾルデ 16 ロウの修行
17 フールフール 18 嘆きの戦士
19 バクーモス 20 呪われし??
21 妖魔軍王ブギー 22 覇海軍王ジャコラ
23 鉄鬼軍王キラゴルド 24 魔竜ネドラ
25 人食い火竜 26 邪竜軍王ガリンガ
27 ホメロス(二回目) 28 ラスボス
ボス攻略一覧(クリア後)
1 ホメロス(三回目) 2 魔導師ウルノーガ
3 ヘルコンドル・邪 4 アラクラトロ・邪
5 バクーモス・邪 6 ハッスルじじい・邪
7 試練その1&その2 8 ムンババ・邪
9 魔竜ネドラ・邪 10 アメジストワーム
11 憎悪の剣鬼 12 憤怒の海獣
13 背徳の帝王&戦慄の牙王 14 混沌&絶望の巨人
15 無明の魔神 16 裏ボス

コメント

57 名無しさん約1ヶ月前

平均レベ63 マルティナがデビルモードでばくれつきゃく、ベロニカがイオグランテ、グレイグは蒼天なんとかで二体を同じくらい攻撃しつつ、2800程度までHP削ったら一旦攻撃止める。それできせきのきのみ使ってグレイグゾーンにさせました。

56 名無しさん約2ヶ月前

よっしゃ、これで2体目も倒してクリアや! ↓ Miss ↓ あああああああああああああああああああ

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「試練その1・その2の攻略」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    攻略メニュー 続き

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る