【オセロニア】きのたけダメージの攻略と最大ダメージのコツ

オセロニアの決戦クエスト「決戦!きのたけダメージ(きのこの山たけのこの里コラボ)」の基本情報や、攻略デッキ・おすすめキャラなどをまとめました。きのたけダメージを攻略する際は、この記事を参考にしてみてください。

きのたけダメージ

▶︎サマーイベント2019の最新情報を見る

きのたけダメージ攻略の基本情報

クエスト情報

ドロップキャラ なし
敵リーダー属性
ステージ数 1
消費スタミナ 10

出現ギミックと対策スキル

出現ギミック 対策スキル
竜鱗 -
-

きのたけダメージで大ダメージを出すコツ

呪いで大ダメージを狙おう

「きのたけダメージ」では初期盤面に竜鱗のギミックが設置してありますが序盤に返してしまうことで呪いダメージでも攻略することができます。強力な呪い駒を多めに編成したデッキで挑みましょう。ただ、コンボで特殊ダメージを与える時は罠(ギルタブルル)に注意が必要です。

▼呪いおすすめキャラ

魔S
[胸に響く呪い]ロスカの画像ロスカ [百億の牙]ベルゼブブの画像ベルゼブブ [魂の支配者]ラァナの画像ラァナ
魔A
[無邪気な毒爪]アルバの画像アルバ [死を招く調べ]奏庵の画像奏庵 [蝕みの結髪]ルーティルの画像ルーティル

神のバフと囁きで大ダメージを狙おう

「きのたけダメージ」では相手のHPが500万と非常に高く、どれだけ削れるかという勝負になります。神単デッキでバフを重ね、最後に「ニケ」「レムカ」等で大ダメージを与えていきましょう。駒の引きが良ければ500万を削りきることも可能です。

▼フィニッシャーおすすめキャラ

神S
[勝利の女神]ニケの画像ニケ [天拳剛崩]レムカの画像レムカ [GXジンオウ装備]ハンターの画像ハンター

ひな祭りエクロで400万前後を狙うのもアリ

ひな祭りエクローシア」は相手の最大HPを参照する割合ダメージを与えるスキルとコンボスキルを持っているので、大きなダメージを安定して与えることができます。神単デッキはフィニッシャーを引けなければ与えるダメージが少なくなってしまいますが、「ひな祭りエクローシア」をリーダーとした魔単デッキなら安定して300~400万ほどのダメージを与えることが可能です。

▼魔単おすすめキャラ

魔S【必須
[甘酔い]エクローシアの画像ひな祭りエクロ
魔A
[狂心の錬金術師]グノーの画像グノー [悪魔の誘惑]サキュバスの画像3周年サキュバス [末広がりの後来]ポーリュプスの画像嫁ポーリュプス

きのたけダメージの攻略デッキ

コスト200の攻略例(呪いデッキ)

HP コスト
22610 200
[胸に響く呪い]ロスカの画像ロスカ
【闘化】
[百億の牙]ベルゼブブの画像ベルゼブブ
【闘化】
[魂の支配者]ラァナの画像ラァナ
【闘化】
[蟻の女王]アンクイーネの画像アンクイーネ
【進化】
[黒神蛇の秘術]トゥナ・トゥナの画像トゥナ・トゥナ
【進化】
翡翠の画像翡翠
【進化】
[廻乱独楽]お京の画像お京
【闘化】
[怨火の鬼娘]カリシャの画像カリシャ
【進化】
[虚突の軍師]徐庶の画像徐庶
【進化】
[無邪気な毒爪]アルバの画像アルバ
【進化】
[死を招く調べ]奏庵の画像奏庵
【進化】
[蝕みの結髪]ルーティルの画像ルーティル
【進化】
[緋色の刃]紅の画像
【進化】
鄧嬋玉の画像鄧嬋玉 ツヴァイクフントの画像ツヴァイクフント ツヴァイクフントの画像ツヴァイクフント

★ひたすら呪い駒を詰め込む

「きのたけダメージ」を攻略するときの呪いデッキはある程度呪い駒が揃っていれば比較的簡単に組むことができます。呪いをかける数が重要となるので、スキル・コンボが呪いの駒をひたすら編成したデッキがおすすめです。

コスト200の攻略例(神単デッキ)

HP コスト
27,694 200
[招福到来]蘭陵王の画像正月蘭陵王
【進化】
[閃光の雷狼竜]ジンオウガの画像ジンオウガ
【進化】
[勝利の女神]ニケの画像ニケ
【-】
[千剣創造]ジゼルの画像ジゼル
【進化】
[荒神]キムン・カムイの画像キムンカムイ
【闘化】
[戦術と兵法の仙女]九天玄女の画像九天玄女
【進化】
[聖風使い]リンガットの画像リンガット
【進化】
[光鳥の閃光]ファイロの画像ファイロ
【進化】
[天鎧の騎士]イスクードの画像イスクード
【進化】
[誓約の水合わせ]ウンディーネの画像嫁ウンディーネ
【進化】
[黄金の双翼]フギンとムニンの画像金色フギムニ
【進化】
[天音]ハーピストエンジェルの画像ハーピスト
【進化】
[幸せ応援団]フェリタ&プティの画像フェリプティ
【進化】
[衡奪の監視者]アラクの画像アラク
【進化】
[水の精霊]ウンディーネの画像ウンディーネ
【進化】
[仙女]織姫の画像織姫
【進化】

★ニケ以外バフ役の神単デッキ

500万ものHPを削りきるには囁きバフと強力なフィニッシャーが必要なため、神駒で最も強力な特殊ダメージを出せる「ニケ」と、その他はバフや囁きコンボの駒を編成した神単デッキがおすすめです。

コスト200の攻略例(魔単デッキ)

HP コスト
- -
[甘酔い]エクローシアの画像ひな祭りエクロ
【闘化】
[ドキドキシャワー]オルロの画像夏オルロ
【進化】
[地獄の王]サタンの画像サタン
【進化】
[妖刀の主]ヨシノの画像ヨシノ
【進化】
[狂心の錬金術師]グノーの画像グノー
【進化】
[怨嗟の魔術師]リッチの画像リッチ
【進化】
[黄金の不死者]リッチの画像金色リッチ
【進化】
[末広がりの後来]ポーリュプスの画像嫁ポーリュプス
【進化】
以下、自由枠(魔駒)

★ひな祭りエクロで大ダメージを狙う

最大HPの割合ダメージを出せる「ひな祭りエクローシア」を軸に割合ダメージを与えるスキルやコンボスキルを持ったキャラを編成した魔単デッキになります。特に「サマーオルロ」や「サタン」を引ければ400万以上のダメージも狙える強力なデッキです。

攻略班の最大ダメージは?

きのたけダメージ

上記のデッキ(呪いデッキ)で挑戦したところ、5,000,000ダメージを出すことができました。

きのたけダメージのステージ攻略

ステージ1(HP:5,000,000)

きのたけダメージ

ギミック

1 A5,C3:たけのこの里,きのこの山
呪い・毒・吸収を0%にする竜鱗
2
返した時特殊を140%で返す罠

▼敵の使用する駒

キャラ名 効果系統
①たけのこの里
割合ダメージ

※駒の順番は前後する可能性があります

★辺に強コンボ駒を設置していこう

「きのたけダメージ」では相手が初手に置いてくる「たけのこの里」によってHPの半分を削られますが、それ以外はパスさせることができます。辺に強力なコンボスキルを持った駒を設置していき、最後に神強化マスを踏んで大ダメージを与えていきましょう

★ロスカ呪いデッキは特殊な進行

ロスカ」リーダーの呪いデッキで挑戦する場合は何も考えずに辺に駒を置いていると特殊罠ですぐにゲームオーバーとなってしまいます。初手はロスカを設置し、置く順番を以下の画像のようにすることで安定して攻略することができるのでぜひ試してみてください。

▼ロスカリーダーの進行手順

ステージ1

※1〜4手目の進行さえ間違わなければ安定した攻略が可能です。5手目以降は決まった進行はありませんが、F2,F6のダメージBマスを立て続けに踏むとHP負けしてしまう可能性があるので注意です。

関連リンク

最凶決戦イベント一覧

最凶決戦バナー

▶︎最凶決戦イベント一覧を見る

その他の難易度の決戦イベント

絶望 決戦
絶望▶︎絶望 決戦▶︎決戦

絶級!万象一切灰燼と為せ

開催期間:8/16(金)12:00~8/31(土)11:59

総隊長

▶︎山本元柳斎繁國の攻略を見る

ブリーチコラボ開催決定

開催期間:8/16(金)12:00~8/31(土)11:59

ブリーチ
ブリーチコラボ目玉S駒
朽木白哉の画像朽木白哉 浦原喜助の画像浦原喜助 市丸ギンの画像市丸ギン

▶︎ブリーチガチャとイベント情報を見る

白の塔

開催期間:8/3(土)12:00~8/31(土)23:59

21階~40階の攻略
白の塔のバナー
21階21階 22階22階 23階23階 24階24階 25階25階
26階26階 27階27階 28階28階 29階29階 30階30階
31階31階 32階32階 33階33階 34階34階 35階35階
36階36階 37階37階 38階38階 39階39階 40階40階

▶︎白の塔【1~40階】攻略まとめを見る

コメント

22 名無しさん9日前

F2→A1→A4→D4→F1→F5→F6→A6の順に置くと相手駒全消しで勝てるよ ただ10000ダメージで1ptだから貰えるptは少ない

21 名無しさん10日前

初手でエクロ置いて呪いで削りました。 f2はスキル発動しないコマでやり過ごせば呪いターン稼げます

Show

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「きのたけダメージの攻略と最大ダメージのコツ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る