【FF14】モンクのスキル回し(80レベル)【パッチ5.4】

FF14における「モンク」の基本的なスキル回しと立ち回りを紹介しています。

※随時改修中です!

モンク関連記事
80スキル回し 70スキル回し
特徴や使い方 サブステ比較

レベル80スキル回し

5.4版開幕スキル回し

※開幕闘気MAX・演武「零の型」・紅蓮の構え

1 2 3 4
羅刹衝 羅刹衝の画像 双竜脚 双竜脚の画像 剛力 双掌打 双掌打の画像
5 6 7 8
紅蓮の極意 紅蓮の極意の画像 破砕拳 破砕拳の画像 桃園結義 桃園結義の画像 陰陽闘気斬 陰陽闘気斬の画像
9 10 11 12
連撃 連撃の画像 踏鳴 踏鳴の画像 闘魂旋風脚 闘魂旋風脚の画像 双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴1
13 14 15 16
羅刹衝 羅刹衝の画像 連撃 連撃の画像 踏鳴2 蒼気砲 蒼気砲の画像 双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴3
17 18 19 20
連撃 連撃の画像 踏鳴4 双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴5 連撃 連撃の画像 踏鳴6 双竜脚 双竜脚の画像 型なし
21 22 23 24
双掌打 双掌打の画像 破砕拳 破砕拳の画像 双竜脚 双竜脚の画像 正拳突き 正拳突きの画像
25 26 27 28
崩拳 崩拳の画像 連撃 連撃の画像 双掌打 双掌打の画像 崩拳 崩拳の画像

5.4改修後のモンク開幕スキル回しです。開幕の紅蓮破砕から連撃を1回撃ってから踏鳴をしていく回しです。「踏鳴」は全部「双連コンボ」に使います。この回しは2回目の紅蓮バフが乗った破砕を入れるのがシビアです。そのため、紅蓮の極意は即出しではなく若干ディレイをかけてから撃つことで最後の破砕に乗ります。また、SSが早すぎると次のバースト時の最初の破砕が紅蓮を撃つ前に返ってきてしまうのでSSの調整が必要です。GCD1.94(SS1015あたり)〜1.96(SS761〜812)を目安に調整すると良いでしょう。

90秒バースト時のスキル回し

※闘気溜まり次第陰陽闘気斬を挟む

1 2 3 4
双掌打 双掌打の画像 紅蓮の極意 紅蓮の極意の画像 破砕拳 破砕拳の画像 桃園結義 桃園結義の画像
5 6 7 8
双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴 踏鳴の画像 連撃 連撃の画像 踏鳴1 闘魂旋風脚 闘魂旋風脚の画像
9 10 11 12
双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴2 蒼気砲 蒼気砲の画像 連撃 連撃の画像 踏鳴3 羅刹衝 羅刹衝の画像
13 14 15 16
双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴4 連撃 連撃の画像 踏鳴5 双竜脚 双竜脚の画像 踏鳴6 双竜脚 双竜脚の画像 型なし
17 18 19 20
双掌打 双掌打の画像 破砕拳 破砕拳の画像 連撃 連撃の画像 正拳突き 正拳突きの画像
21 22 23 24
崩拳 崩拳の画像 双竜脚 双竜脚の画像 双掌打 双掌打の画像 通常回しへ

▲数字の赤部分は紅蓮バフが乗ってる区間を表してます。

上記開幕回しから「双正回し」をきっちり回すとこのようなタイミングで紅蓮桃園のバーストに入るはずです。今回は開幕と違い双竜脚から踏鳴に入ります。この回し後「双正回し」を回していくと開幕から180秒後に「開幕回し」と同じスキル回しとなります。

バースト時のポイント

バースト時のポイント
紅蓮の極意の画像 紅蓮の極意中に 破砕拳の画像 破砕拳を2回入れる
紅蓮の極意の画像 紅蓮の極意中に 連撃の画像 連撃を3〜4回入れる
踏鳴の画像 踏鳴コンボ前に 双掌打の画像 双掌打バフを乗せる
紅蓮の極意の画像 紅蓮の極意中に 闘魂旋風脚の画像 闘魂旋風脚を入れる
紅蓮の極意の画像 紅蓮の極意中に 羅刹衝の画像 羅刹衝を入れる
紅蓮の極意の画像 紅蓮の極意中に 蒼気砲の画像 蒼気砲を入れる
紅蓮の極意の画像 紅蓮の極意中に 双竜脚の画像 WSを11回入れる

バースト時は上記表の項目を意識してスキルを回しましょう。闘魂旋風脚を始めとしたアビリティはリキャスト毎に撃っていれば紅蓮の極意中に自然と入るようになっているはずです。

改修後モンク

パッチ5.4で仕様が大きく変更

スクリーンショット 2020-11-27 20.51.17.jpg

疾風迅雷が特性化

常時効果を発揮するようになります。また、それに伴い与ダメージ上昇効果がなくなり、アクションの威力と効果が調整されます。

大きく効果の変わったスキル

スキル 改修内容の予想
闘魂旋風脚の画像 闘魂旋風脚 いつでも使用可能な技に。威力とリキャストが調整。
威力:400
リキャスト:45秒

リキャストが回ってくる毎に撃つアビリティになったようです。歓喜!!リキャスト秒数的に2回に1回はバースト中に撃つような感じでしょうか。
六合星導脚の画像 六合星導脚 威力の上昇と短時間の移動速度上昇効果が付与。
威力400→540
移動速度上昇効果は疾風の構えのときと同じ速さです。リキャストが長くなる効果は続投。
演武の画像 演武 「型」が条件のアクションをどれでも自由に使える「零の型」を付与。
開幕「参の型」に合わせるために3回やらなくて良くなりました。どの型からも始められるためかなり便利な技に。
踏鳴の画像 踏鳴 「6回」型の効果を無視して技を撃てる効果になった模様。技を撃つ毎に1スタック消費する。
効果時間:15秒

確定で6発入れられるようになりました!
金剛の極意の画像 金剛の極意 一定時間、自身の被ダメージを10%軽減させる。さらに、方向指定条件のあるアクションをどの方向から実行しても成功させる。
効果時間:6秒 最大チャージ数:3
リキャストタイム:60秒 → 30秒

簡単に言うと軽減付きで6秒のトゥルーノースになりました!
桃園結義の画像 桃園結義 「与ダメージを5%上昇させる」
「桃園結義:闘気の付与確率が30%→20%、闘気の付与条件に"魔法"も追加」

桃園結義が物理にも魔法にも乗るようになりました!ただし、味方の闘気による付与確率が20%にダウンしてます。
闘気充填 Ⅰの効果:闘気の発動確率50%→80%
Ⅱの効果:闘気の発動確率70%→100%

闘気充填のプロック確立が上昇しました!レベル80帯ではクリれば確実に闘気が1個たまります!
無我の画像 無我 自身に付与されてる「型」と「双掌打」の効果時間を最大まで延長し、かつ効果時間の経過を停止する
与ダメ上昇効果の双掌打バフと型を維持する効果に変わりました!
双掌打の画像 双掌打 威力230
側面時260
とても強くなった

各WSの威力がアッパー調整された中でも特筆すべき「双掌打」の威力上昇。「双竜脚」と威力が同じになったため、例えば踏鳴中に双竜脚で終了するパターンの時は双掌打を入れて、踏鳴終わりのバフ効果時間を維持できるようになった。また、正拳突きとの威力差も縮まったので難しい「双正正回し」をする必要があまりなくなった。
連撃の画像 各ウェポンスキル 各WSの威力が軒並み上昇
迅雷の与ダメアップ削除のため、WSの威力がアッパー調整されました。

開幕スキル回し(踏鳴回し)

※戦闘開始前に紅蓮の構え、参の型、闘魂Vまで溜める
※薬の使用タイミングはシナジー合わせやコンテンツ内容によって変わります。

1 2 3 4
羅刹衝 羅刹衝の画像 破砕拳 破砕拳の画像 踏鳴 踏鳴の画像 崩拳 崩拳の画像
5 6 7 8
崩拳 崩拳の画像 剛力 双掌打 双掌打の画像 疾風の構え 疾風の構えの画像
9 10 11 12
紅蓮の極意 紅蓮の極意の画像 破砕拳 破砕拳の画像 桃園結義 桃園結義の画像 陰陽闘気斬 陰陽闘気斬の画像
13 14 15 16
双竜脚 双竜脚の画像 蒼気砲 蒼気砲の画像 双竜脚 双竜脚の画像 羅刹衝 羅刹衝の画像
17 18 19 20
正拳突き 正拳突きの画像 崩拳 崩拳の画像 連撃 連撃の画像 双掌打 双掌打の画像
21 22 23 24
崩拳 崩拳の画像 双竜脚 双竜脚の画像 正拳突き 正拳突きの画像 破砕拳 破砕拳の画像

モンクのトッププレイヤーが考案した「踏鳴」を使った開幕スキル回しです。パッチ5.1では「無我」の仕様が変わったため、下記の無我回しが非常にやりづらくなりました。そのため、「踏鳴」をつかって迅雷を増やしていく開幕回しが安定です。途中の「双竜脚」が2回入る理由は、「踏鳴」後は型が乗らないこと、型が乗ってない状況では「双竜脚」が一番威力が高い理由により連続で双竜脚が入ってます。

開幕スキル回し例(無我回し)

※戦闘開始前に紅蓮の構え、参の型、闘魂Vまで進める
※薬の使用タイミングはシナジー合わせやコンテンツ内容によって変わります。

1 2 3 4
羅刹衝 羅刹衝の画像 破砕拳 破砕拳の画像 無我 無我の画像 双竜脚 双竜脚の画像
5 6 7 8
剛力 双掌打 双掌打の画像 紅蓮の極意 紅蓮の極意の画像 桃園結義 桃園結義の画像
9 10 11 12
破砕拳 破砕拳の画像 陰陽闘気斬 陰陽闘気斬の画像 連撃 連撃の画像 疾風の構え 疾風の構えの画像
13 14 15 16
踏鳴 踏鳴の画像 崩拳 崩拳の画像 蒼気砲 蒼気砲の画像 双竜脚 双竜脚の画像
17 18 19 20
連撃 連撃の画像 双竜脚 双竜脚の画像 連撃 連撃の画像 双竜脚 双竜脚の画像
21 22 23
連撃 連撃の画像 双掌打 双掌打の画像 破砕拳 破砕拳の画像 →通常回しへ

モンクのトップ層プレイヤーが考案した、「無我回し」と呼ばれる開幕のスキル回しです。最初の「破砕拳」を入れた直後に「無我」を使い、疾風迅雷を2までスタックさせましょう。

うまく嵌まれば強力な回しですが、「無我」中に疾風迅雷が付与されるタイミングの調整が難しく、運が悪いと「無我」実行後迅雷付与まで3秒程度必要となる場合がある点に注意してください。

無我の画像 無我の仕様

無我の迅雷付与タイミングはサーバー時間と同期しており、付与タイミングを正確に測るのは難しくなっています。ただし、迅雷の付与タイミングは、リジェネなどのhotの回復効果が発生するタイミングと一緒なので、一応無我の迅雷付与タイミングを把握することは可能です。
 
しかし、結局開幕で最速無我回しをするためにはリジェネなどのhotを貰い、かつ最速で迅雷付与されるタイミングを把握したモンクが戦闘カウントを始めなければならない(もしくはそれを知ってる協力者が必要)ため、最速の無我回しをするには難易度が高いのです。

無我回しの利点

無我回しは踏鳴回しと違って紅蓮の極意と桃園結義のバフが乗ってる間に、高威力の双連コンボができるのが利点です。

ただ、前述した通り無我で付与される迅雷のタイミングが一定ではないので、シナジーを入れるタイミングが前後してしまい他シナジーとのズレが生じることもあります。

通常スキル回し例

双正回し

1 2 3
双竜脚 双竜脚の画像 (側面) 双掌打 双掌打の画像 (側面) 破砕拳 破砕拳の画像 (背面)
4 5 6
連撃 連撃の画像 (背面) 正拳突き 正拳突きの画像 (背面) 崩拳 崩拳の画像 (側面)
7 8 9
双竜脚 双竜脚の画像 (側面) 双掌打 双掌打の画像 (側面) 崩拳 崩拳の画像 (側面)
10 11 12
連撃 連撃の画像 (背面) 正拳突き 正拳突きの画像 (背面) 破砕拳 破砕拳の画像 (背面)

パッチ5.4で「双掌打」の威力が以前よりかなり上昇したことから、Lv70以前の回しでも十分火力が出せるのでこちらを使っていくのが丸いです。この回しであれば下記で説明する「双正正回し」のように双掌打バフが切れるタイミングがないため安定します。

双正回しの仕組み
①双掌打のバフが残り4秒あたりで双掌打を更新することで常に通常回し中は双掌打バフは維持される
②破砕拳は18秒のdotが切れる時に更新する(2回目の崩拳あと)
③踏鳴後で型がない状態時は双竜脚をうつ

双正回し2

1 2 3
双竜脚 双竜脚の画像 (側面) 正拳突き 正拳突きの画像 (背面) 破砕拳 破砕拳の画像 (背面)
4 5 6
連撃 連撃の画像 (背面) 双掌打 双掌打の画像 (側面) 崩拳 崩拳の画像 (側面)
7 8 9
双竜脚 双竜脚の画像 (側面) 正拳突き 正拳突きの画像 (背面) 崩拳 崩拳の画像 (背面)
10 11 12
連撃 連撃の画像 (背面) 双掌打 双掌打の画像 (背面) 破砕拳 破砕拳の画像 (背面)

上記双正回しの仕組みに従っていると、開幕回し1の後は「双正回し」がこのような形になると思います。順番こそ違えど上記双正回しと理論は一緒です。型どおりにスキルを回していき「双掌打バフの残り秒数(残り4秒あたり)」に双掌打を更新する、という形で覚えれば自然と双正回しになるはずです。

双正正回し

「双正正回し」はパッチ5.3まではメジャーだった火力の出る通常回しです。5.4以降は「双掌打」の威力上昇によりこの回しをする必要はなくなりました(正拳突きとの威力差がかなり縮まったため)。

1 2 3
双竜脚 双竜脚の画像 (側面) 双掌打 双掌打の画像 (側面) 破砕拳 破砕拳の画像 (背面)
4 5 6
連撃 連撃の画像 (背面) 正拳突き 正拳突きの画像 (背面) 崩拳 崩拳の画像 (側面)
7 8 9
双竜脚 双竜脚の画像 (側面) 正拳突き 正拳突きの画像 (背面) 崩拳 崩拳の画像 (側面)
10 11 12
連撃 連撃の画像 (背面) 双掌打 双掌打の画像 (側面) 破砕拳 破砕拳の画像 (背面)

Lv70以前のスキル回しは、背面ルートと側面ルートを交互に回すものでした。しかし、迅雷効果アップⅢによりGCDが短縮されたことで「双掌打」のバフが持続する内に「正拳突き」の回数を1回増やすことができます。普段、双掌打と正拳突きを交互に繰り返していましたが、これにより双掌打1回分が正拳突きに置き換わり火力上昇に繋がります。

ただし、このスキル回しは背面と側面の移動が忙しくなること、双掌打バフの時間がシビアなので多少難しいです。また、連撃と破砕拳には必ず双掌打バフを乗せたいので、双掌打バフの残り秒数を見て「双正正回し」するかしないか判断しましょう。

例えば、上記表の8番の時点で双掌バフが残り3秒くらいだと10番の連撃に双掌バフが乗らないので双掌打を撃つ、などの判断が必要です。

双正正回しの難点
・「双掌打バフ」が切れるタイミングがある
・「陰陽闘気斬」が↑のタイミングで撃てるようになった時に「双掌打」を撃ってから「陰陽闘気斬」を撃つか「闘気」のロスを嫌ってバフなしのまま撃つかの選択が迫られる。

なお、ボズヤ戦線のコンテンツで、ヘイスト装備(GCDに補正がかかる)を完備しているのであれば、双正正回しのローテーションでも双掌打のバフを切らすことなく回せるためおすすめです。

踏鳴をDPS向上のバフとして使う

「踏鳴」はモンクのバーストで使うスキルです。簡単に言うと踏鳴の「型条件無視」の効果を利用して「双竜脚」と「連撃」を交互に繰り返す威力の高いスキル回しです。踏鳴中にWSが6発確定で入るので双連コンボを決めましょう。

また、「踏鳴」を使う頃には「紅蓮の極意」や「桃園結義」もリキャストが返ってきているはずなので(3つとも同じ90秒リキャ)併用してきっちりDPSを向上させましょう。

※踏鳴を使ったスキル回しの例

1 2 3 4
連撃 連撃の画像 双掌打 双掌打の画像 双掌バフ付与 崩拳 崩拳の画像 双竜脚 双竜脚の画像 連撃バフ付与
5 6 7 8
踏鳴 踏鳴の画像 双連コン開始 連撃 連撃の画像 連撃バフ消失 双竜脚 双竜脚の画像 連撃バフ付与 連撃 連撃の画像 連撃バフ消失
9 10 11 12
双竜脚 双竜脚の画像 連撃バフ付与 連撃 連撃の画像 連撃バフ消失 双竜脚 双竜脚の画像 連撃バフ付与 双竜脚 双竜脚の画像 型なし
13 14
双掌打 双掌打の画像 双掌バフ更新 破砕拳 破砕拳の画像 破砕更新 連撃 連撃の画像 連撃バフ消失 通常スキル回しへ

以下は上記スキル回しの注意点です。

  1. 双掌打のバフを載っけてから使う
  2. 踏鳴後は型がないので双竜から通常回しへ移行する
  3. 「1ノ型→踏鳴」>「2ノ型→踏鳴」の優先度で踏鳴に入る。「3ノ型→踏鳴」は✕

範囲スキル回し例

※戦闘開始前に紅蓮の構え、闘魂V、演武1回

1 2 3 4
双掌打 双掌打の画像 地烈斬 地烈斬の画像 壊神衝 壊神衝の画像 四面脚 四面脚の画像
5 6 7 8
地烈斬 地烈斬の画像 壊神衝 壊神衝の画像 四面脚 四面脚の画像 以降繰り返し

ID道中など敵が複数出現した際の回し方です。基本的には70レベル時と同じです。双掌打バフをつけてから順繰りに範囲技を撃っていきましょう。

モンクのその他有用アビリティの使い方

構えについて

パッチ5.4以降の80レベルでは、基本的に「紅蓮の構え」を使用します。場合によっては「金剛の構え」などを使うこともありますが、「紅蓮の構え」一択で良いです。

構えと効果一覧

構え 効果
紅蓮の構え
紅蓮の構え
与ダメージ10%上昇
基本はずっとこの構えにしておく。
金剛の構え
金剛の構え
自身の被ダメージを10%軽減する
全体攻撃が来て、ギリ死ぬかもしれないという状況下で使うと助かることがあるかもしれない。
疾風の構え
疾風の構え
移動速度を上昇させる
ほとんど使わないが、IDの道中で移動速度がちょっとでも欲しい時に。

金剛の極意の使い方

金剛の極意の画像

パッチ5.4の金剛の効果が変更になりました。自身の被ダメージを10%軽減するとともに「6秒間方向指定を無視する効果」のアビリティです。

簡単に言うと「軽減効果がついたちょっと短いトゥルーノース」です。最大で3チャージする他、リキャストが30秒のため「方向指定が取れない場面」で積極的に使いましょう。

六合星導脚の使い方

六合星導脚の画像

「六合星導脚」は主に敵の履行技前やフェーズ移行の直前などに使うと良いです。このタイミングであればGCDの回りが遅くなるという効果がデメリットとして機能しなくなります。

また、5.4以降は仕様後に5秒間移動速度がアップする効果もついています。(正確に言うとパッチ5.4では常時「疾風の構え」ではなくなり「紅蓮の構え」になる都合上、移動速度がパッチ5.3より遅くなってしまうため、5.3以前の使用感を変えないために付けられた効果であると思われます。)

ギミック処理などで殴れなくなる前に使う

ギミック処理で敵を殴れなくなる時にも六合は使えます。しかし、「ギミックでちょっと離れるから六合を撃つ」という単純な考えは禁物です。以下の表を参考にして使う場所をコンテンツ毎に考えてみてください。

離れる時間 六合を撃つべきかどうか
1〜3秒 離れる時間よりも六合のリキャストが長いため撃つのは非推奨。この位の時間であれば闘気を溜めた方が良いです。
4秒〜 ギミックで4秒以上敵から離れる時間があれば撃ちましょう。またリキャストが戻ってもまだ接敵できないのであれば闘気も溜めておきます。

闘魂旋風脚

闘魂旋風脚の画像

パッチ5.4の「闘魂旋風脚」は、45秒毎に撃っていくアビリティとなりました。基本的にはスキル回し中にリキャスト毎にどんどん挟んでいくスキルとなっています。

リキャストが45秒のため2回に1回は紅蓮桃園のバースト中に撃つことができるので、必ずバースト中に1回撃つように心がけましょう。

闘魂旋風脚の後に羅刹衝で着弾を早める

余談ですが闘魂旋風脚は着弾までがかなり遅いですが、闘魂旋風脚を撃った後すぐに羅刹を撃つことで着弾を早めることが出来るのでお試しあれ。

レベル70以降の新アクション解説

レベル70以降の新アクション一覧

アクション 概要と主な使い方
万象闘気圏
万象闘気圏
・闘気Vを消費する直線範囲攻撃
・ID道中など敵が2体以上の時はこれ
・レイドやボス戦では陰陽闘気斬を使う
無我
無我
・型の効果の経過を停止
・双掌打の効果時間を延長し経過時間停止
・効果中は移動不可&アクション使用不可
・履行技などボスを殴れない間に使用
六合星導脚
六合星導脚
・単体強攻撃
・使用後はWSに約4秒のリキャが発生する
・使用後に移動速度上昇
・トドメやボスが殴れなくなる直前に使用

XHB(クロスホットバー)のスキルセット参考配置

PS4ゲームパッドでプレイする際の、XHBのスキルセット参考配置です。XHBに加え、L2R2同時押し拡張操作で2ページ目のスキルを使うことを前提とした配置になっています。

※あくまでも個人的に使っているXHBを紹介しているだけなので、自分のやりやすい配置があれば自分好みにカスタムして下さい。

XHB(クロスホットバー)の例

1ページ目
スクリーンショット 2020-06-25 18.07.44.jpg
L2十字側 L2ボタン側 R2十字側 R2ボタン側
・紅蓮の構え
・六合星導脚
・疾風の構え
・蒼気砲
・演舞
・壊神衝
・四面脚
・地烈斬
・踏鳴
・双竜脚
・双掌打
・破砕拳
・羅刹衝
・連撃
・正拳突き
・崩拳
2ページ目
L2十字側 L2ボタン側 R2十字側 R2ボタン側
・アムレン
・薬
・レッグス
・牽制
・闘魂旋風脚
・トゥルノ
・内丹
・ブラバス
・桃園結議
・金剛の極意
・無我
・LB
・万象闘気圏
・闘気
・マントラ
・紅蓮の極意

1ページ目には基本コンボを配置

1ページ目は一番良く使うモンクのコンボの基本であるWSやアビリティを配置しています。なお、この配置はWSに限り以下の法則で並べています。

  • 壱の型のWSは○(右)
  • 弐の型のWSは✕(下)
  • 参の型のWSは□(左)

また、疾風迅雷の更新の要である「演舞」は1ページ目のボタン側に配置します。基本動きながら使うスキルかつスティック操作しながらになるためです。

2ページ目にはバフやサポートスキルを配置

2ページ目には基本バフとサポートスキルを置いています。桃園や紅蓮などよく使うバフは、R2側に配置しています。基本L2側は自由枠ですので押しやすいボタン配置にしましょう。

関連リンク

モンク関連

モンク関連記事
80スキル回し 70スキル回し
特徴や使い方 サブステ比較

ジョブの80レベルスキル回し一覧

ジョブ一覧.jpgジョブTOPに戻る
タンクタンク
ナイトの画像ナイト 戦士の画像戦士 暗黒騎士の画像暗黒騎士
ガンブレイカーの画像ガンブレ - -
ヒーラーアイコンヒーラー
白魔道士の画像白魔道士 学者の画像学者 占星術師の画像占星術師
メレーアイコン.png近接(メレー)
竜騎士の画像竜騎士 モンクの画像モンク 忍者の画像忍者
侍の画像 - -
レンジアイコン.png遠隔(レンジ)
吟遊詩人の画像詩人 機工士の画像機工士 踊り子の画像踊り子
キャスアイコン魔法(キャスター)
黒魔道士の画像黒魔道士 召喚士の画像召喚士 赤魔道士の画像赤魔道士

FF14プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
ホワイトデーイベント開催中!
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム
2
戦姫戦記-魔王倒しの旅-
【インストール不要】
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?
3
封神山海経 -破暁-
【インストール不要】
放置系のお手軽MMORPG!神獣妖獣たちと冒険にでよう!

コメント

5 名無しさん約5ヶ月前

>>4 ありがとうございます!!!!! めちゃくちゃ助かります!

4 名無しさん約5ヶ月前

踏鳴後の型なし双竜脚では、連撃効果アップのバフが発動しないので、23番の壱の型が乗った双龍脚で、連撃効果アップを発動させています。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る