【エピックセブン】鬼火の灯篭の評価・おすすめ装備キャラ

エピックセブンにおける古代遺物『鬼火の灯篭』の性能や評価を掲載しています。古代遺物スキル情報・おすすめ装備キャラなども掲載しているので、古代遺物入手時・編成時の参考までにご覧ください!

鬼火の灯篭の評価・基本情報

鬼火の灯篭の画像 レア度
専用クラス 全職共用
評価 7.5
ステータス
(初期)
攻撃力:9
生命力:36
ステータス
(最大)
攻撃力:117
生命力:468

クエスト周回時のHP減少対策として使える!

古代遺物『鬼火の灯篭』を装備すると、バトル開始時にHPの少ない味方を回復できるようになります。キャラクター・銀色の幻影の育成を行う際に編成することで、引率アタッカーのHP減少・気絶のリスクを削減できます。

鬼火の灯篭のおすすめ装備キャラ

キャラ おすすめ理由・運用方法
画像銀色の幻影 レアリティアップ素材である『銀色の幻影』などに鬼火の灯篭を装備することで、引率のアタッカーキャラが生存しやすくなります。

鬼火の灯篭の古代遺物スキル情報

S.Lv スキル効果
1(初期) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を10.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
2(+3) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を11.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
3(+6) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を12.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
4(+9) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を13.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
5(+12) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を14.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
6(+15) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を15.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
7(+18) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を16.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
8(+21) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を17.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
9(+24) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を18.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
10(+27) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を19.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。
11(最大) バトル開始時、生命力が最も低い味方の生命力を20.0%回復する。対象の最大生命力が高いほど回復量がUPする。

鬼火の灯篭のプロフィール / 画像

鬼火の灯篭の画像
ストーリー
湖上にうっすらと浮かび上がる灯りに気を取られていると、水中の悪鬼の手があなたの目の前に…。

エピックセブン攻略データベース

レア度別一覧

★5古代遺物の画像★5古代遺物 ★4古代遺物の画像★4古代遺物
★3古代遺物の画像★3古代遺物 ★2古代遺物の画像★2古代遺物 ★1古代遺物の画像★1古代遺物

専用クラス別一覧

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「鬼火の灯篭の評価・おすすめ装備キャラ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • >>[143]
      英雄の覚醒を、五段階完了するとステータス画面の遺物装備の斜め下から装備出来るみたいですよ。

    • 団員を2名募集中!場合によっては追加募集もあります!
      【ギルド名】rétro
      【ギルドレベル】19
      【メンバー】26/30人
      【加入条件】Rank60以上
      【寄付&支援】寄付:可能であれば/支援:ルーン限定(通常、レア問わず)
      【ギルド出征】積極的に参加できるならOK
      【追放条件】未ログインが2~3週間以上続いた場合
      【ギルド方針】ギルド出征&支援&コミュニケーションを大切にしており、ガチ勢ではなくメンバーがマイペースに楽しんでいます。
      質問や相談はチャットに反応があれば対応しますので、気軽にどうぞ。
      ...

    権利表記

    トップへ戻る