【大三国志】上級プレイヤーにインタビュー!ひかねるさん

【アップデート情報を紹介!】

大三国志における、上級プレイヤーひかねるさんへのインタビュー記事になります。おすすめ編成とおすすめ武将について伺いました!

ひかねるさんにインタビュー!

プロフィール

download-8.jpgひかねる いつからプレイしていますか?
リリース直後です。2017年8月2日くらいだと思います。
大三国志を始めたきっかけ
三国志が好きだからです。
個人勢力値
46000
好きな武将
賈詡

ひかねるさんのおすすめ編成

編成1

本営 中衛 前衛
賈詡の画像賈詡 (深謀遠慮,十面埋伏) 貂蝉の画像貂蝉 (重整旗鼓,草木皆兵) download-6.png張機(健卒不殆,三軍之衆)
download-8.jpgひかねる 張機と群貂蝉の初期戦法は相性が非常に良く、開始3ターンのダメージを大幅に軽減する事ができます。また賈詡に深謀遠慮を付ける事により、後半になるにつれ火力が上がります。さらに群貂蝉の初期戦法で後半に敵を暴走させる為、8ターン全体をコントロールしつつ、敵に大ダメージを与えます。
テンプレの大漢弓や呉レンや蜀歩等の部隊に相性が良く、比較的多くの部隊と戦闘しても勝つ事が出来るでしょう。
詳しく説明して頂きありがとうございます!戦闘序盤から後半まで、隙がない編成だと思います。 大三国志game8攻略班twitter画像Game8攻略班

編成2

本営 中衛 前衛
download-6.png蜀関羽(謀定後動,一騎当千) download-6.png弓諸葛亮(始計,草木皆兵) 劉備の画像劉備 (戦必断金,形兵之極)
download-8.jpgひかねる 弓諸葛亮と戦必断金により開始2~3ターンの被ダメを大幅に抑えつつ、関羽の初期戦法で敵全体を猶予にして、敵の動きを封じます。
また謀定後動と始計により蜀関羽と弓諸葛亮は洞察になり、敵の状態異常を受けなくなり、安定した成績を残すでしょう。 蜀関羽の攻撃距離が足りないので、通常攻撃は当たりません。その為蜀関羽は主動戦法でのみ敵にダメージを与えるので、始計のダメージ上昇の効果を確実に主動戦法に乗るのがポイントです。
蜀関羽は通常攻撃が届かない分、始計の効果と合わせて主動戦法で確実に高火力を出すことができる戦い方は勉強になりました! 大三国志game8攻略班twitter画像Game8攻略班

ひかねるさんのおすすめ武将

賈詡

賈詡の画像賈詡
download-8.jpgひかねる 初期戦法の算無遺策は敵の"主動戦法の発動判定時"に呪詛状態にします。これは敵武将が主動戦法を3つ付けている場合、1ターンに3回の呪詛ダメージを与える事ができる為、トップクラスの火力を誇ります。
ただ敵武将の主動戦法の個数により呪詛回数が変わる為、安定したダメージを与える事ができないのが難点です。
また敵武将が混乱又は猶予状態の場合、主動戦法の個数に関わらずダメージを与える事が出来ません。その為渾水摸魚等の戦法とは相性が悪く、暴走を付与する妖術等の戦法と相性が良いです。
賈詡は非常に強い武将だと思いますが、ひかねるさんの言う通り敵武将によっては安定してダメージを稼ぐことができないのは難点ですね…
ですが、ほとんどの場合火力を出せる武将だと思います。
大三国志game8攻略班twitter画像Game8攻略班

蜀関羽

download-6.png蜀関羽
download-8.jpgひかねる 高火力且つ状態異常付与という優秀戦法持ちです。謀定後動と相性が良く、安定して高火力を出す事ができます。
蜀関羽は攻撃力も高く、火力枠として優秀な武将ですよね〜。戦法で火力を出せる+猶予状態を付与できるのは相当強いです。 大三国志game8攻略班twitter画像Game8攻略班

関連リンク

おすすめ武将インタビュー記事

サクヤさん 大三国志bot(仮)さん Jōhō-yaさん
おげるさん もみもみさん きらしゃんさん
進撃のケケケさん ひかねるさん -

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「上級プレイヤーにインタビュー!ひかねるさん」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    権利表記

    トップへ戻る