【大三国志】演武とは?【率土之濱ー大三国志】

◆「晋」陣営武将情報はこちら!
晋武将一覧

◆士気システム追加!
士気とは?

◆捕虜武将情報を追加!
征服季「太師乱漢(たいしらんかん)」の概要

演武とは?

大三国志における、演武について解説しています。演武とは何?という疑問から、「指導演武」「自由演武」の仕様なども記載しているので、演武について知りたい方はぜひご覧ください。

演武とは?

戦闘訓練を行える場所

戦闘訓練を行える場所

演武とは戦闘訓練を行える場所です。演武では、自分の武将を自由に組み合わせて部隊を結成し、敵と戦闘することができます。戦闘に勝つと資源や銅銭などの報酬が貰えるため、演武は必ず毎日行いましょう。

また、演武には「指導演武」と「自由演武」の2種類あります。

兵種の種類と相性

演武の種類

指導演武

指導演武

演武は最初「指導演武」から始まり、指導演武を10つクリアすると自由演武へ移ります。指導演武では、兵種の相性など戦闘の基本事項を教えてくれるため、ここでしっかりと戦闘の基礎を学んでおきましょう。

また、指導演武をクリアすれば、玉符や資源などの報酬を獲得できます。

自由演武

自由演武

挑戦回数 報酬倍率
20回以下 3倍
30回以下 2倍
31回以上 1倍

自由演武は毎日1回行うことができ、演武クリアで資源などの報酬を獲得できます。自由演武は1日に何回も挑戦することができますが、挑戦回数に応じて報酬の倍率も変わるので、なるべく少ない回数でのクリアを目指しましょう。

また、自由演武には4つの難易度があり、難易度が高いほど報酬も豪華になります。

難易度一覧

難易度 敵軍最大レベル
簡単 Lv.15
普通 Lv.25
困難 Lv.36
極難Ⅰ Lv.50
極難Ⅱ Lv.50

演武に挑戦する難易度は基本的に敵軍Lv.-10のものに挑むのがおすすめです。しかし、極難に関しては相性が悪かったり、戦法レベルを上げきれていないと勝てないこともあるので、2パターンほど、部隊を用意してから挑むのがいいでしょう。

※演武は毎日24時にリセットされます。

編成のお試しに使おう

演武には様々な編成の部隊が登場します。シーズン終盤は「極難」難易度の敵に合わせて色々な編成を試すことが可能です。資源を獲得するだけでなく自分の編成の模擬戦としても活用しましょう。

▼演武で自分の編成をチェックするポイント例

チェックマーク火力担当がちゃんと火力を出せているか
チェックマーク優位を取りたい兵種に対応できているか

関連リンク

topに戻る.pngWikiTopに戻る

システム解説

データ関連
名前の変更方法リンク.png名前変更の方法 リセマラはできる?.pngリセマラはできる? データの引き継ぎ方法リンク.pngデータの引き継ぎ
ゲーム内要素関連
施設とは?リンク.png施設とは? 政令とは?リンク.png政令とは? 屯田とは?リンク.png屯田とは?
徴兵とは?リンク.png徴兵とは? 内政とは?リンク.png内政とは? 政策とは?リンク.png政策とは?
疲労とは?リンク.png疲労とは? 演武とはリンク.png演武とは? 陳情とは?リンク.png陳情システムとは?
補給範囲リンク.png補給範囲とは? 主公簿とはリンク.png主公簿とは? 主要事項の進め方リンク.png主要事項の進め方
翻訳設定の変更方法リンク.png翻訳設定の変更方法 玉符の使い道リンク.png玉符の使い道 銅銭.png銅銭の使い道
将令リンク.png将令の使い道 士気とは?士気とは? 戦備区についてリンク.png戦備区について

率土之濱プレイヤーにおすすめ

事前登録受付中!


ゴブリンスレイヤーEH
大人気アニメ「ゴブリンスレイヤー」を原作とした新作RPG!

今すぐ遊べるおすすめゲーム


放置少女
DLなしで気軽にプレイできる美少女放置系RPGゲーム!ローディングも早い!

ウィクロスマルチバース
大人気トレーディングカードゲーム『WIXOSS(ウィクロス)』を題材にしたチームバトルRPG

転生賢者の異世界ライフ
大人気ノベルが原作のRPG!アニメに登場するキャラクターやモンスター達と一緒に、テイムや白熱のバトルを楽しもう!

クイーンズブレイドリミットブレイク
「クイーンズブレイド」シリーズに登場する美闘士たちがフルオートで強く、激しく闘う、ターン制RPG

ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    権利表記

    トップへ戻る