【大三国志】戦法とは?戦法の種類・付け方を解説!

【アップデート情報を紹介!】

大三国志における、戦法について紹介しています。戦法の種類や付け方などを記載しているので、戦法について知りたい方はぜひご覧ください。

戦法とは?

戦法=スキルのようなもの

戦法画像

武将は「戦法」というスキルのようなものを所持しています。戦法は武将ごとに固有の戦法が一つあり、武将のレベルを5にした時、武将を覚醒させた時にさらに戦法を1つずつ付けることが可能です。

ただし、武将を覚醒させるには、武将のレベルを20にし、初期戦法(武将固有の戦法)をレベル10にする必要があるので、戦法を3つ付けるには武将を育成する必要があります。

武将の覚醒とは?

戦法経験値を使いレベル上げが可能

戦法レベル上げ画像

戦法は戦法経験値を使い、レベルを上げることが可能です。戦法のレベルを上げると戦法の効果が強化されますが、戦法のレベルを上げるほどレベルアップに必要な戦法経験値が多く必要になります。

戦法経験値の入手方法

戦法には有効距離がある

戦法には武将の攻撃距離と同様、有効距離が設定されています。戦法は有効距離の目標にしか発動できず、戦法距離内の目標はランダムで選択されるので、戦法を付ける際は武将の攻撃距離と合わせて配置に気をつけましょう。

武将の攻撃距離について解説!

戦法には習得可能制限がある

戦法には戦法ごとに、習得可能制限があり、制限内であれば同じ戦法を複数の武将に付けることが可能です。また、武将から戦法を外せば習得可能回数を戻すことができます。

戦法の種類

戦法は全4種類

戦法種類画像

戦法には「主動」「受動」「指揮」「追撃」の4種類があります。受動と指揮の戦法は100%の確率で発動しますが、主動と追撃の戦法は確率で発動するので注意しましょう。

また、戦法には兵種制限もあるため、兵種によっては戦法を付けることができません。

兵種の種類と相性

戦法の付け方

戦法取得から付けたい戦法を選択

戦法習得画像

戦法を付けたい場合、まず戦法が習得可能か確認しましょう。「+アイコン」で習得可能と表示されていれば戦法を付けることができます。

習得可能な場合「+アイコン」をタップすると、戦法習得画面へ行くのでここで付けたい戦法を選びましょう。また、戦法の数を増やしたい場合は戦法を分析する必要があります。

分析戦法の入手方法

戦法の外し方

外したい戦法をタップ

戦法外し方

戦法を外したい場合はまず、武将画面から外したい戦法をタップしましょう。

×アイコンをタップ

戦法外し方

次は戦法アイコンの右上に「×」アイコンが出るため「×」アイコンをタップしましょう。そうすると、戦法を外すか聞かれるのでここで「確定」のボタンをタップすれば戦法が外れます。

※戦法を外すと戦法経験値が80%返還され、習得可能回数が1回復します。

関連リンク

初心者の人はまずこちら!

リセマラはできる? 序盤の効率的な進め方
序盤におすすめな武将 序盤におすすめな編成
毎日やるべきこと 大三国志の最終目的

初心者攻略

演舞について 武将のレベル上げ方法
武将の覚醒とは? 武将の攻撃距離について
武将進化について 兵種の種類と相性
能力値とは? 武将コストと部隊コスト
戦法とは? 分析戦法の入手方法
戦法経験値の入手方法 戦法経験値の使い道
疲労について解説! 領地の拡大方法
城の発展方法と発展の恩恵 同盟のメリットと加入方法
同盟攻城について解説! 内政の内容を紹介!
玉符の入手方法と使い道 個人勢力値の上げ方
任務の進め方 賊兵とは?
政令とは? 施設とは?
屯田とは? 徴兵とは?
銅銭の入手方法と
獲得量をアップする方法
戦備区について解説

効率系

効率的な武将レベルの上げ方 石材の効率的な入手方法
糧食の効率的な入手方法 鉄材の効率的な入手方法
木材の効率的な入手方法 -

システム関連

名前変更はできる? データの引き継ぎと連携方法

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「戦法とは?戦法の種類・付け方を解説!」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る