【FF14】学者のスキル回し(80レベル)【パッチ5.3】

FF14における「学者」のスキル回しを初心者向けに紹介しています。80レベルの開幕スキル回しやヒールワーク、転化の使い方を掲載しているので、「学者」を始めたばかりの方は、ぜひ参考にしてください。

学者関連記事
80スキル回し 70スキル回し
おすすめマクロ 特徴と使い方
サブステ比較

学者のスキル回し

開幕の軽減択

軽減択 鼓舞激励の策の画像 鼓舞激励の策 秘策の画像 秘策 展開戦術の画像 展開戦術
士気高揚の策の画像 士気高揚の策 フェイイルミネーションの画像 フェイイルミ コンソレイションの画像 コンソ

開幕は全体攻撃がくるかこないか、どの程度のダメージなのかを踏まえて軽減とヒールの準備を行います。レイドでは最初に全体攻撃が来ることが多いので、上記のスキル等を組み合わせて使用します。

開幕スキル回しの一例(1)

1 2 3 4
秘策 秘策の画像 鼓舞激励の策 鼓舞激励の策の画像 展開戦術 展開戦術の画像 心力
5 6 7 8
死炎法 死炎法の画像 蠱毒法 蠱毒法の画像 エーテルフロー エーテルフローの画像 死炎法 死炎法の画像
9 10 11 12
ルインラ ルインラの画像 連環計 連環計の画像 死炎法 死炎法の画像

竜騎士のバトルリタニーや忍者のだまし討ちなどシナジーに合わせるために連環計を少し遅らせた開幕回しです。パーティのジョブ次第ですが基本は開幕の1発目から数えて3GCD目、遅くて5GCD目までには連環計を入れましょう。

開幕スキル回しの一例(2)

1 2 3 4
秘策 秘策の画像 鼓舞激励の策 鼓舞激励の策の画像 展開戦術 展開戦術の画像 薬
5 6 7 8
死炎法 死炎法の画像 蠱毒法 蠱毒法の画像 エーテルフロー エーテルフローの画像 死炎法 死炎法の画像
9 10 11 12
ルインラ ルインラの画像 エナジードレイン エナジードレインの画像 連環計 連環計の画像 ルインラ ルインラの画像
13 14 15 16
エナジードレイン エナジードレインの画像 ルインラ ルインラの画像 エナジードレイン エナジードレインの画像 死炎法 死炎法の画像

開幕からエーテルフローを使わない場合の回しです。詠唱のないルインラとエーテルフローを交互に使うことで、死炎法連打よりも瞬間火力が出せます。後のギミックに余裕がある場面では、転化をして更にルインラ→エナジードレイン×3を撃ち込むとより火力が出せます。

学者の単体ヒールワークとスキル解説

※ 掲載している表について、フェアリーの回復力は学者本体よりも低いため、表記上の回復力と実際の回復力が異なる可能性があります。

単体回復スキル一覧

アクション 回復力 消費
光の癒し
光の癒し
150
(3秒毎に1回)
-
フィジク
フィジク
400 MP400
鼓舞激励の策の画像 鼓舞激励の策 300
(+バリア375)
MP1000
生命活性法
生命活性法
600 エーテルフロー1
深謀遠慮の策
深謀遠慮の策
800 エーテルフロー1
エーテルパクト
エーテルパクト
400
(最大10回)
フェイエーテル10
応急戦術.jpeg+鼓舞アイコン.jpeg
応急戦術+鼓舞激励
675
(300+375)
MP1000
秘策.jpeg+深謀.jpeg
秘策+深謀
800
(+クリUP分)
-

単体回復スキル解説/使用優先度

スキル/優先度 スキル解説
深謀遠慮の策の画像 1.深謀遠慮の策 ・学者の単体回復さいつよスキル
・リキャスト毎にどんどん使って良い
・回復力は白魔道士のテトラグラマトンやケアルラ以上
・タンクに投げれば効果発動までタンクへの回復を放置出来る
エーテルパクトの画像 2.エーテルパクト ・3秒毎に1回単体回復、光の癒しの強化版
・タンクへの継続的なダメージのカバー
・パクト実行中フェアリーは別の行動が出来ない
生命活性法の画像 3.生命活性法 ・単体のHPを即座に戻せる
・大して回復量が多くない
・主に被弾者のHPを戻すための緊急回復用
・リキャストが短いものの使いまくるとフローが溶けるため乱発は避ける
鼓舞激励の策の画像 4.鼓舞激励の策 ・バリアスキルなので単純にヒールがしたいときには不向き
・消費MPがやや多いため単体ヒールとして連発するのは避ける
フィジクの画像 5.フィジク ・白魔道士のケアルや占星術師のベネフィクと比べ最も性能が低く、あまり使う場面がない。XHBなら2枚目に配置して良い。

※レイドではギミックによって対応が変わるため、必ずしもこの優先順通りにスキルを使うとは限りません。

▼ピンチの場合は転化を活用

アクション 効果
転化
転化
フェアリーを帰還させるかわりにエーテルフローを最大スタックさせる。自身の回復魔法の効果を20%上昇させる。効果が終了するとフェアリーが再召喚される。
効果時間:30秒 リキャスト:180秒

転化は基本的にどうしてもヒールが足りなくなった時の最終手段として使います。転化には下記のメリットとデメリットがあるので、把握しておきましょう。

▼転化のメリットとデメリット

メリット ・エーテルフローが強制的に最大スタックに
・エーテルフローがリキャスト中でもフロー消費技を使える
・自身の回復魔法(※)の効果が20%アップする
デメリット ・フェアリーが30秒間いなくなる
・オート回復の光の癒しがなくなる
・フェアリーのスキルが一切使えなくなる

※ 回復魔法とは「フィジク」や「鼓舞」など詠唱のあるスキルのことです。フロー消費技はアビリティに分類されるため、回復効果は上がりません。

転化のデメリットとしてフェアリーのスキルが一切使えなくなることが挙げられますが、フェアリーのスキルは特に全体回復が優秀なので、全体回復が必要な場面ではあまり使いません。IDのまとめ狩りなどで、単体回復が追いつかないと判断した時に使うのがおすすめです。

学者の範囲ヒールワークとスキル解説

範囲回復スキル一覧

アクション 回復力 消費
士気高揚の策
士気高揚の策
180+バリア225 MP1300
不撓不屈の策
不撓不屈の策
400 エーテルフロー1
光の囁き
光の囁き
合計840
(120×7)
-
フェイブレッシング
フェイブレッシング
350 フェイエーテル10
コンソレイション
コンソレイション
300 チャージ2
秘策.jpeg+不屈.jpeg
秘策+不撓不屈
400
(+クリ分UP)
-
応急アイコン.jpeg+士気.jpeg
応急戦術+士気高揚
405
(180+225)
MP1300

範囲回復スキル解説

スキル/優先度 スキル解説
不撓不屈の策の画像 不撓不屈の策 ・フェイブレッシングと比べて回復量が多い
・範囲回復1つで済む場合は不屈を使用する
リキャ:30秒 範囲:15m
フェイブレッシングの画像 フェイブレッシング ・全体攻撃に対する戻し不足の補填
・囁きと合わせてメディカラのように使う
・フローをエナドレに回したい時の不屈の代用
リキャ:60秒 範囲:20m
光の囁きの画像 光の囁き ・効果時間が21秒と長めの範囲リジェネ
・パーティメンバーが散開する前や継続的にダメージを受けるときに使う
リキャ:60秒 範囲:15m 効果時間:21秒
コンソレイションの画像 コンソレイション ・セラフィムの召喚時間22秒の間に2回使用できる範囲回復+バリアアビリティ
・ヒールが辛い時など単純な戻しに使うもよし、回復→バリアが噛み合うギミックに当てはめるもよし
範囲:20m 効果時間(バリア):30秒
士気高揚の策の画像 士気高揚の策 ・詠唱ありの範囲回復+バリアスキル
・バリアが消費される場合のみ使用する
範囲:15m 効果時間(バリア):30秒

学者のバリア・軽減スキル解説

バリア・軽減スキル一覧

アクション 回復力/軽減率 消費
鼓舞激励の策
鼓舞激励の策
300+バリア375 MP1000
士気高揚の策
士気高揚の策
180+バリア225 MP1300
野戦治療の陣
野戦治療の陣
合計500
(100×5)
被ダメ10%軽減
エーテルフロー1
フェイイルミネーション
フェイイルミネーション
被魔法ダメ5%軽減 -
コンソレイション
コンソレイション
300+バリア300 チャージ2
秘策.jpeg+鼓舞アイコン.jpeg
秘策+鼓舞激励
300+バリア375
(+クリ分UP)
-
秘策.jpeg+士気.jpeg
秘策+士気高揚
180+バリア225
(+クリ分UP)
-

バリア・軽減スキル解説

スキル/優先度 スキル解説
鼓舞激励の策の画像 鼓舞激励の策 ・単体に回復+回復力の125%分のバリア付与
・秘策と一緒に使うと激励がつき強力な単体バリアになる
距離:30m 効果時間(バリア):30秒
士気高揚の策の画像 士気高揚の策 ・詠唱ありの範囲回復+バリアスキル
・全体攻撃前に軽減として使用
・鼓舞激励の策と違い、クリティカル時に激励は付与されない
範囲:15m 効果時間(バリア):30秒
野戦治療の陣の画像 野戦治療の陣 ・範囲内のパーティメンバーの被ダメージ10%軽減
・全体攻撃に合わせて使用
・hot効果もあるため全体攻撃後の戻しとしても
リキャ:30秒 範囲:8m 効果時間:15秒
フェイイルミネーションの画像 フェイイルミネーション ・被魔法ダメージ5%軽減+回復量10%上昇
・回復量アップはアビリティ(不屈、フェイブレッシング、コンソレイション等)には乗らないので注意
リキャ:120秒 範囲:15m 効果時間:20秒
コンソレイションの画像 コンソレイション ・コンソレイションのバリアは鼓舞のバリア効果と重複するため、士気だけではバリアが心許ないときに追加する
範囲:15m 効果時間(バリア):30秒

※鼓舞の仕様について

鼓舞は「回復量の125%分のダメージを軽減する」という効果があり、下記のような回復量を上げるスキルで鼓舞のバリア効果を上げることができます。鼓舞展開でバリア力を強めたい場合は、詩人やモンクにサポートスキルを使ってもらいましょう。

ミンネミンネ(吟遊詩人) 自身またはパーティメンバーひとりを対象とする。対象が受けるHP回復効果を20%上昇させる。
効果時間:15秒
マントラ.jpegマントラ(モンク) 一定時間、自身と周囲のパーティメンバーが受けるHP回復効果を10%上昇させる。
効果時間:15秒

その他のスキル解説

応急戦術

アクション 効果
応急戦術
応急戦術
効果時間中に実行する1回の鼓舞/激励のバリア効果分をヒールに変換する。
効果時間:15秒 リキャスト:15秒

応急戦術はバリアをはるのではなくHPを戻す必要のある場面で使います。基本的にバリアをはるのがバリアヒラたる学者の役目なのであまり使いません。とはいえ、慣れないうちはヒールが足りない分を応急戦術で補うといった使い方をしてもよいです。

秘策

アクション 効果
秘策
秘策
効果時間中に実行する1回の鼓舞/士気/不屈/深謀MPやフローを消費せずに実行可能かつ必ずクリティカルヒットする。
効果時間:15秒 リキャスト:90秒

秘策は鼓舞をクリティカルヒットさせるので、単体に対して分厚いバリアをはることが可能です。鼓舞以外の組み合わせも状況に応じて様々です。

秘策の使用タイミング(例)

  • 開幕の全体バリアに秘策+鼓舞+展開
  • タンク強攻撃への軽減に秘策+鼓舞
  • クリが乗った高い単体回復量を確保できる秘策+深謀
  • 展開が早い時の申し訳程度のバリアに秘策+士気

展開戦術

アクション 効果
展開戦術
展開戦術
自身または対象に付与した「鼓舞」を対象の周囲10mのパーティメンバーに拡散させる。激励は展開されない。
効果時間:拡散した時点での時間
リキャスト:120秒

秘策でクリティカルヒットした鼓舞(俗にいうクリ鼓舞)を、展開戦術でパーティメンバーに拡散させ全体バリアをはるといった使用方法が主です。拡散範囲は10mと狭いため、レイドの開幕カウント中や履行技前など、PTメンバーが密集しているときにしか使えません。

学者の攻撃スキル解説

単体攻撃

アクション 威力 キャスト/種類
死炎法の画像 死炎法 280 2.5秒
魔法
蠱毒法の画像 蠱毒法 合計600
(60×10)
Instant
魔法
ルインラの画像 ルインラ 200 Instant
魔法
エナジードレインの画像 エナジードレイン 150 Instant
アビリティ

死炎法で攻撃しつつ、蠱毒法のdotを切らさないよう維持します。蠱毒法は30秒かけてダメージを与え続けるスキルなので、基本的に継続ダメージが完走するであろう敵に付与していきます。IDでは硬い雑魚4体前後であれば蠱毒法を順に撒いていくと良いです。

ルインラは詠唱のある死炎法と違って無詠唱なので、ギミック回避中の攻撃手段やアビリティを挟みたい時の攻撃手段として使います。死炎法よりも威力は低いので、死炎法が打てる場面でルインラを連発しないように。

ルインラ→エナドレで死炎法より高威力の攻撃

ルインラの画像 ルインラ エナジードレインの画像 エナジードレイン

エナジードレインは、MPが減っている状態でフローが余っていれば使いましょう。基本ルインラ→エナドレのセットで使うと1GCDで死炎法より高い火力が出せます。

フロー消費技を当分使わない場合は転化して攻撃

転化
転化

次のギミックまでエーテルフロー消費技を使わない場合は、転化してフローをエナジードレイン(ルインラ+エナドレ)で消化します。転化中(30秒間)はフェアリーがいなくなるためタイムラインを覚えておき、よく考えて使いましょう。

連環計はDPSのバーストに合わせる

連環計
連環計

敵の被クリティカル率を10%上昇させる連環計は、火力アップに繋がるので対ボス戦では積極的に使っていきましょう。味方のシナジースキルと合わせられる場合は合わせましょう。

全ジョブのシナジー技一覧

範囲攻撃

アクション 威力 キャスト/種類
破陣法
破陣法
160 Instant
魔法

IDなどで複数雑魚が3体以上出現する場合は、範囲攻撃の破陣法で対応しましょう。破陣法はMP消費量がそこそこ多いので、ルーシッドと一緒に使います。

レベル70以降の新アクション解説

レベル70以降の新アクション一覧

攻撃、その他

アクション 概要と主な使い方
蠱毒法
蠱毒法
・対象に30秒間無属性の継続ダメージを付与
・雑魚にばら撒いてじわじわと削る
・対ボスの場合は継続ダメが切れる毎に更新
死炎法
死炎法
・対象に無属性魔法攻撃
・メインとなる攻撃スキル
秘策
秘策
・鼓舞、士気、不屈、深謀を必ずクリティカルヒットさせる
・MPやエーテルフローを消費せずに実行できる

妖精操作

アクション 概要と主な使い方
エーテルパクト
エーテルパクト
・1名を対象としフェイユニオンを実行する
・フェイエーテルを消費し1名を継続回復
・フェアリーは他の行動ができない
・セラフィムでは実行不可
フェイユニオン解除
フェイユニオン解除
・フェイユニオンを解除する
フェイブレッシング
フェイブレッシング
・フェアリーにフェイブレッシングを実行させる
・周囲のパーティメンバーのHPを回復する
・セラフィムでは実行不可
サモン・セラフィム
サモン・セラフィム
・召喚しているフェアリーを帰還させセラフィムを召喚(22秒間)
・自動でセラフィックヴェールを実行する
コンソレイション
コンソレイション
・セラフィムにコンソレイションを実行させる
・周囲のパーティメンバーを回復
・一定量のダメージを防ぐバリアを張る
・最大チャージ2

XHB(クロスホットバー)のスキルセット参考配置

PS4ゲームパッドでプレイする際の、XHBのスキルセット参考配置です。XHBに加え、L2R2同時押し拡張操作で2ページ目のスキルを使うことを前提とした配置になっています。

あくまでも個人的に使っているXHBを紹介しているだけなので、自分のやりやすい配置があれば自分好みにカスタムして下さい。

XHB:1ページ目

1ページ目
学者のXHBの画像1拡大
L2十字側 L2ボタン側 R2十字側 R2ボタン側
・エーテルパクト
・フェイイルミ
・光の囁き
・フェイブレ
・破陣法
・ルインラ
・死炎法
・蠱毒法
・不撓不屈
・生命活性法
・野戦治療
・エーテルフロー
・応急戦術
・鼓舞激励
・士気高揚
・深謀遠慮

【R2ボタン側】

主に使う回復スキルをまとめ、応急戦術+鼓舞、応急戦術+士気がしやすいような配置にしました。

【R2十字側】

R2十字側は、フローを消費するスキルをまとめています。R2ボタン側の深謀遠慮もフロー消費技ですのでわかりやすくR2十字側の近くに置いています。

【L2ボタン側】

L2ボタン側には攻撃スキルをまとめて配置しました。学者は攻撃スキルがちょうど4つなのでまとめやすいのがいいですね。

【L2十字側】

L2十字側にはフェアリー関連のスキルを入れています。L2を押しながらそのままR2を押して拡張操作をしたときに、2ページ目のL2十字側でセラフィム(大きい妖精さん)が操作出来るようになっています。

XHB:2ページ目

2ページ目
学者のXHBの画像2
L2十字側 L2ボタン側 R2十字側 R2ボタン側
・セラフィム
LB
・コンソレイション
・エオス
・迅速魔
・スプリント
・堅実魔
・リザレク
・連環計
・転化
・エスナ
・展開戦術
・秘策
・フィジク
・エナドレ
・ルーシッド

【R2ボタン側】

秘策やルーシッドはリキャストがやや長く、エナドレはフローが余った時に使う程度で1ページ目のスキルほど頻繁には使わないので裏に置きました。フィジクは拡張操作をしたときに、鼓舞の位置に単体回復でそのまま使えるようこの位置に置いています。

【R2十字側】

エスナ、転化など頻繁には使わないスキルをまとめました。

【L2ボタン側】

1ページ目に蘇生を入れる場所がなかったため、リザレクをここにIN。堅実魔、スプリントは他ジョブ共通で筆者がこの位置で安定しているのでこの位置に入れているだけです。

【L2十字側】

1ページ目のL2十字と同じく2ページ目のL2十字にも妖精さんのスキルを配置。余った部分にLBを入れました。

リキャストを確認するためのホットバー

ホットバーの画像

ホットバーには、2ページ目にあるスキルをリキャスト確認のために置いています。PS4ゲームパッドでホットバーを登録する方法は別記事を参考にしてください。

ホットバーのスキル登録と削除方法【PS4】

関連リンク

学者関連

学者関連記事
80スキル回し 70スキル回し
おすすめマクロ 特徴と使い方
サブステ比較

ジョブの80レベルスキル回し一覧

ジョブ一覧.jpgジョブTOPに戻る
タンクタンク
ナイトの画像ナイト 戦士の画像戦士 暗黒騎士の画像暗黒騎士
ガンブレイカーの画像ガンブレ - -
ヒーラーアイコンヒーラー
白魔道士の画像白魔道士 学者の画像学者 占星術師の画像占星術師
メレーアイコン.png近接(メレー)
竜騎士の画像竜騎士 モンクの画像モンク 忍者の画像忍者
侍の画像 - -
レンジアイコン.png遠隔(レンジ)
吟遊詩人の画像詩人 機工士の画像機工士 踊り子の画像踊り子
キャスアイコン魔法(キャスター)
黒魔道士の画像黒魔道士 召喚士の画像召喚士 赤魔道士の画像赤魔道士

FF14プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
【9/15~まどマギコラボ開催決定】
ログインで鹿目まどかが全員もらえる!
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
ガールズ&クリーチャーズ
【インストール不要】
ブラウザで遊べるお手軽MMORPG!勇者陣営か魔王陣営か選んで豊富なコンテンツを遊びつくせ!
3
ナイトメアクロノス
【インストール不要】
多彩な職業とスキルで数々の試練を突破せよ!本格ダークファンタジーMMORPG!
4
黒い砂漠
【会員登録】
オープンワールドで楽しむ本格MMORPG。ミニゲームから大規模バトルまで様々な要素を好きなだけ遊び尽くせ!

コメント

1 名無しさん9日前

エナジードレインは3連続で使用するとGCDに食い込みが発生するので2回使ったら死炎法を挟む等する必要があります。 連環計の効果時間中に挟めるエナジードレインの最大数は、 ルインラ 連環計 エナジードレイン 死炎法 ルインラ エナジードレイン (アビ1つ) ルインラ (アビ1つ) エナジードレイン 死炎法 ルインラ 転化 エナジードレイン と繋げた場合の4回が最大になります。 また、激励は展開できないので(バリアに使った場合全体範囲回復150程度のバリア付与)、戦闘開始前の秘策は深謀遠慮に使ったり(単体400程度のヒール)、全体範囲攻撃への対応で不屈に使った方が(全体範囲回復200程度)効果は高くなります。 もし鼓舞クリしなくても開幕バースト中にアビリティを使うタイミングがあるので、光の囁きやフェイブレッシングを入れれば十分鼓舞クリ損失分のカバーは可能ですし、何より戦闘開始前に秘策発動、開始後に消費する回しにすればフェイエーテルが10多く使えますのでパクトに使ってもよし、フェイブレッシングに使ってもよしで随分ヒールできるようになりますよ

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「学者のスキル回し(80レベル)【パッチ5.3】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る