【ポケモン剣盾】珠水ウーラオスの型紹介【ソードシールド】

珠水ウーラオス
ポケモン剣盾(ソードシールド)における、珠水ウーラオスの型紹介です。

基本情報

詳細

ウーラオス(れんげきのかた)の画像

特性 ふかしのこぶし
性格 ようき
持ち物 いのちのたま
努力値 A252 B4 S252
実数値 175-182-121-*-80-163
すいりゅうれんだ/インファイト/かみなりパンチ/つばめがえし

このウーラオスは通常個体で採用しています

関連パーティ

この水ウーラオスは、S10において12位を獲得したインテグラル様が実際に使っていた個体です。インテグラル様の記事では、水ウーラオスを含めたパーティの解説が書かれていますので、本記事と併せてご覧ください。

解説

努力値の解説

A 高火力を活かすため特化
B 余り
S 素早さを伸ばすため特化

このウーラオスは高い攻撃と素早さを活かすためにASともに特化しています。持ち物にいのちのたまを採用しているので、最速を取りつつ高火力を出すことが可能です。

技の解説

すいりゅうれんだ 確定急所の3連続技。ダイマックス時に雨を降らせて自身の水技の火力を上げられる
インファイト かくとう技の最高打点。ダイナックルでAを上げられる
かみなりパンチ 環境に多いみずタイプへの打点。ダイサンダーで眠りを回避できる
つばめがえし 威力60の必中技。ダイジェットでSを上げられる

ダイマックスを切る機会が多い個体となっていますので、Sを上げられるつばめがえしや環境に多いみずタイプに弱点を突きつつ眠りを回避できるかみなりパンチが採用されています。

耐久が高いため多くのポケモンを起点にできる

ウーラオスは攻撃だけでなく防御も高いので、多くのポケモンの技を耐えて起点にできる点が非常に強力です。環境的に素早さも高い分類に入るので、上手くダイジェットやダイナックルを積めれば、いのちのたまの火力サポートと併せて全抜きを狙うことができます。

使ってみた感想

実際にインテグラル様のウーラオスを攻略班が使わせていただき、その感想を掲載しています。

火力の高さが魅力的

火力の高さが魅力的
筆者は水ウーラオスの持ち物をきあいのタスキかスカーフでしか使ったことがなかったので、いのちのたまを持たせた時の火力の高さに魅力を感じました。ダイナックルで一段階Aが上がっていれば特化モロバレルをダイジェットで確1を取れたり、特化ダイマドサイドンをダイストリームで確1を取れるので、試合中にいのちのたまのメリットを感じる場面が多々ありました。雨下であればダイマックスを切らずとも珠+すいりゅうれんだの火力も凄まじいので、いのちのたまの枠が空いている方は是非使ってみてはいかがでしょうか。

ダイストリームによる雨で後続のサポートも可能

ダイストリームによる後続のサポートも可能
ウーラオスのダイストリームによる雨で後続のウオノラゴンのサポートができる点も魅力的です。雨による火力サポートと後続のウオノラゴンがスカーフを持っているので、多くのポケモンの上から高火力を押し付けることができます。

関連記事

S10上位構築に戻る▶︎S10上位構築に戻る
S10型紹介
スカーフいじパッチラゴンスカーフパッチラゴン スカーフアシレーヌスカーフアシレーヌ
襷ウルガモス襷ウルガモス 珠水ウーラオス珠水ウーラオス
しろいハーブポットデスしろいハーブポットデス -

ポケモン剣盾(ソードシールド)プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
【9/15~まどマギコラボ開催決定】
ログインで鹿目まどかが全員もらえる!
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
ガールズ&クリーチャーズ
【インストール不要】
ブラウザで遊べるお手軽MMORPG!勇者陣営か魔王陣営か選んで豊富なコンテンツを遊びつくせ!
3
ナイトメアクロノス
【インストール不要】
多彩な職業とスキルで数々の試練を突破せよ!本格ダークファンタジーMMORPG!
4
黒い砂漠
【会員登録】
オープンワールドで楽しむ本格MMORPG。ミニゲームから大規模バトルまで様々な要素を好きなだけ遊び尽くせ!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「珠水ウーラオスの型紹介【ソードシールド】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る