【FF14】ID(インスタンスダンジョン)とは?

FF14におけるID(インスタンスダンジョン)について解説している記事です。IDが何のことかわからない方やIDに言ったことがない方は参考にしてください。

IDとは?

インスタンスダンジョンの略

IDとは、インスタンスダンジョンの略称です。簡単に言うとパーティ毎に作られるダンジョンエリアのことを指します。FF14では4人パーティで挑むコンテンツのことをID、8人パーティはレイド、24人パーティはアライアンスレイドと分けて呼ばれます。IDはメインストーリーを進めると解放されていきます。

ダンジョン(ID)の攻略一覧

IDの参加条件

  • 1〜4人用(TANK:1/HEALER:1/DPS:2)
  • 制限時間:90分
  • レベルx〜x
  • 平均アイテムレベルx〜
  • アイテムレベルシンク:x

基本4人PT、90分構成

IDは4人パーティ、制限時間90分の構成が基本です。コンテンツファインダー(CF)から申請した場合、タンク1、ヒーラー1、DPS2の構成になります。

レベル制限

レベル
IDにはレベル制限があります。例えばレベル71〜72が条件であれば、レベル71にならないとコンテンツに参加出来ません。レベル上限を超えた場合はレベルシンクされ、現在80レベルでもコンテンツ中のみ72レベルに下がります。

平均アイテムレベル

平均アイテムレベルの画像

平均アイテムレベルは、マイキャラクターを開いたときにジョブ名の右隣に書いてある数字のことです。例えば平均アイテムレベルが410〜となっている場合、平均アイテムレベルが410以上ないと該当コンテンツに参加出来ません。

アイテムレベルシンク

アイテムレベル

アイテムレベルシンクは、装備のアイテムレベルが規定のアイテムレベル以下になるということです。画像の装備のアイテムレベルは475ですが、アイテムレベルシンクが440と決まっているIDであれば、装備の性能も440以下になるよう調整されます。

IDの進み方

タンクが先導する

IDはタンクが先導して進み、敵視を先に取ったら全員で戦います。道がわからなければ慣れていないことや、初見であることを伝えましょう。ヒーラーとDPSは敵と対面する際にタンクより先に前に出ないようにしてください。

ヒーラーはタンクの回復を最優先

ヒーラーは攻撃よりタンクの回復を優先します。タンクが死ぬとヘイトを取って耐久できる人がいなくなり、パーティが全滅します。

タンクと同じ敵を攻撃する、敵が複数いれば範囲攻撃を使う

タンクが1体目を挑発したら、その敵を優先的に倒しましょう。倒し終わったらHPの低い敵を倒します。敵が複数いる場合は単体攻撃ではなく範囲攻撃を使いましょう。

その他戦闘でよく使われる用語集

スクリーンショット 2019-09-17 15.27.16.png
GCD WS/アビリティ
キャスト/リキャスト dot/hot
LB DPS
AoE AA
MT/ST スイッチ
敵視 バフ/デバフ
バースト シナジー
マクロ ステータス/サブステ
ID エンドコンテンツ
プロック 滑り撃ち
まとめ狩り 軽減

FF14プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
【9/15~まどマギコラボ開催決定】
ログインで鹿目まどかが全員もらえる!
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
ガールズ&クリーチャーズ
【インストール不要】
ブラウザで遊べるお手軽MMORPG!勇者陣営か魔王陣営か選んで豊富なコンテンツを遊びつくせ!
3
ナイトメアクロノス
【インストール不要】
多彩な職業とスキルで数々の試練を突破せよ!本格ダークファンタジーMMORPG!
4
黒い砂漠
【会員登録】
オープンワールドで楽しむ本格MMORPG。ミニゲームから大規模バトルまで様々な要素を好きなだけ遊び尽くせ!

コメント

2 名無しさん約1ヶ月前

>>1 どっか違うの?14におけるIDってここに書いてあるとおりじゃないのか?

1 名無しさん約1ヶ月前

堂々と用語の意味を間違えているのはどうかと。 ただしいものに修正する気はないのかな。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ID(インスタンスダンジョン)とは?」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る