【パズドラ】無課金最強キャラランキング

パズドラにおける、無課金キャラの最強ランキングを掲載しています。入手難易度などを一切考慮していないランキングですが、入手難易度などの表記もあるので、初心者の方でも参考にしてみてください。

★パズドラ攻略wikiからのお知らせ
<ノマダンスタミナ0イベント開催中!>
天元周回のおすすめ編成を11種紹介中!
覚醒マシンアテナの画像ランキング一覧
最強リーダー リセマラ当たり
無課金最強キャラ 危険モンスター
モンポおすすめ +換算値

この記事では、無課金(ダンジョンドロップ)の最強キャラをランキング形式で掲載しています。

SSランク(最優先で育成したい!)

キャラ 評価
超覚醒ゼウス・ディオスの画像ゼウスディオス 入手難易度:D 育成難易度:D
マルチの劉備ディオスが有名だが、ソロのディオスリーダーでもかなりの攻略適性を持つ。多くのダンジョンを周回できるマルチの最先端であり、複数体の編成で真価を発揮する。
星刻の時龍契士・ミルの画像ミル 入手難易度:S 育成難易度:SS
ダンジョン攻略において、多くのガチャ限を上回るリーダー性能を持っている。課金者、非課金者問わず必ず育成しておくべきモンスター。
覚醒マシンゼウスの画像マシンゼウス 入手難易度:SS 育成難易度:SS
マルチの高速周回機として有名。覚醒やステータスが優秀なのでサブとしてもギガグラの需要がある。劉備ディオスの登場でリーダー需要は減少傾向。
覚醒マシンヘラの画像マシンヘラ 入手難易度:SS 育成難易度:SS
マルチの高速周回機として有名だが、マシンゼウスには劣りがち。覚醒やステータスが優秀なのでサブとしてもギガグラの需要がある。同じく劉備ディオスの煽りをもろに受けている。

Sランク(優先的に育てたい!)

キャラ 評価
天下御免の大泥棒・石川五右衛門の画像五右衛門 入手難易度:D 育成難易度:A
非常に優秀なスキルを持ち、無課金だけでなく廃課金にも愛用される優秀なキャラ。多くのダンジョンを周回できる周回の要。
闊達の灼冥魔・スカーレットの画像スカーレット 入手難易度:AA 育成難易度:AA
火パであればガチャ限すらも凌ぐサブ性能が魅力。システムが有名だが、システムでなくとも充分強い。一応リーダー適性もそこそこある。
覚醒スルトの画像スルト 入手難易度:A 育成難易度:B
五右衛門とは少し違う部分で活躍する周回要員。リーダー適性はない。ブレスがなく自傷がないため、優劣はつけがたい。が、最速編成の話になると大体スルトが勝つ。
絶海龍・ウェルドールの画像ウェルドール 入手難易度:SS 育成難易度:S
初のスキブ5キャラ。スキル継承によって多くの周回やパーティ編成を可能にする優秀なサブ。封印耐性を持っていないので天狗とは甲乙つけがたい。
緑冥龍・ラグウェルの画像ラグウェル 入手難易度:SS 育成難易度:S
初の封印耐性5。使い道こそ限られるが、特定の周回パや野良マルチなどで活躍する。スキル継承のベースとしても優秀。ただしパーティ全体で代用しやすく、育成の優先度自体は低め。
無間の破戒神・大天狗の画像大天狗 入手難易度:D 育成難易度:D
無数のダンジョンの周回を実現に結びつけたスーパーサブ。スキル継承のベースとしても優秀だが、リーダー適性は皆無。無課金よりも重課金者向けのキャラ。
疾速の龍騎姫・イシュタルの画像イシュタル 入手難易度:E 育成難易度:A
高いステータスと4way、そしてドラゴンキラーが強力。防御0スキルのおかげでぷれドラ対策なども可能。進化は簡単だが、必要経験値が非常に多いので注意。
覚醒マシンアテナの画像マシンアテナ 入手難易度:SS 育成難易度:SS
マルチで真価を発揮するリーダーだが、サブとしての性能も良い。継承前提なスキルがネックだが、高いステータスを大きく評価。
神命姫神のアーマー・アナの画像ヴァルキリーアナ 入手難易度:D 育成難易度:A
無課金キャラとは思えないサブ性能を持ち、リーダー適性もそこそこある。扱いやすさが何よりの長所。進化前のヴァルキリーローズでも充分強い。
相思の天界神・ゼウス&ヘラの画像ゼウス&ヘラ 入手難易度:AA 育成難易度:AA
ギガグラ枠として優秀。スキブ3が特徴的だが、マシンゼウスやマシンヘラを持っている場合ほとんど不要になる。
転生スカイゴッドナイト・ヴァーチェの画像転生ヴァーチェ など 入手難易度:D 育成難易度:A
通称魔剣士シリーズ。必要経験値がとにかく多いが、扱いやすさはダントツ。メインの属性パに合わせて確保しておきたい。
光の星導機・オルファリオンの画像オルファリオン 入手難易度:SS 育成難易度:SS
サブとしての評価が非常に高いがリーダーでも十分な活躍の余地がある。ただし、オルファリオン以外の代用が効くことが多い。育成難易度が非常に高く、所有率が低いのが原因か。
平定の黄泉神・イザナミの画像闇イザナミ 入手難易度:B 育成難易度:D
短いスパンで使用できる軽減スキルが特徴。リーダー適性が低く、覚醒スキルなどやや物足りない部分も多いが、闇パを使用するのであれば必ず所持しておきたいキャラ。

Aランク(なるべく育てておきたい!)

キャラ 評価
紅水の泉龍神・ヒノミツハの画像ヒノミツハ 入手難易度:SS 育成難易度:S
スキルがランダム性を持っているので少し使いづらいが、覚醒スキルが優秀なのでサブ・リーダー問わず使える降臨モンスター。クラミツハ降臨に幻獣として出現するので、入手なんいど は高め
アハトロスの画像アハトロス 入手難易度:SS 育成難易度:S
究極進化後よりも優秀なバインド回復役。変換役としても悪くなく、見た目の割にステータスも高め。だが、どちらとしても代用が利きやすい。
忠心の白猿臣・ハヌマーンの画像ハヌマーン 入手難易度:AA 育成難易度:S
2ターンで使用できるスキルがスキル継承のベースとして最適。覚醒スキルも悪くなく、潜在能力は高い。進化やスキル上げなど、育成難易度はかなり高め。
閃機帝・アナザークルセイダーの画像アナザークルセイダー 入手難易度:SS 育成難易度:S
覚醒スキルがとにかく強力で、マルチブーストを活かした高スペックが注目されている。入手できるダンジョンが高難易度かつ幻獣として出現するので、育成難易度を高めに設定。
岩鱗の海龍帝・ディエイトロスの画像ディエイトロス 入手難易度:SS 育成難易度:SS
「手に入る頃にはもっと強いキャラがいるはずだから使われない」典型的なキャラ。自身の能力は高く、サブとしてもまあまあ優秀。だが使われない。
密命の天使・イーリアの画像イーリア 入手難易度:A 育成難易度:B
スキルや覚醒スキルが強力だが、他の変換キャラに少々押され気味。イベントでの入手は困難だが、ゴッドラッシュの登場や進化が存在しないなど、育成難易度自体はそれほど高くない。
黒天の幻龍王・ゼローグ∞の画像ゼローグ∞ 入手難易度:S 育成難易度:SS
かつての無課金最強リーダー。サブとしてはまだ需要があり、3タイプなので組み込めるパーティも多め。ちなみに、今でもリーダーとして決して弱いわけではない。
恍惚の幻獣魔・アーミルの画像アーミル 入手難易度:A 育成難易度:C
無課金のバインド回復役。回復力が非常に高く、列パにも組み込める覚醒スキルを持つ。ただ、バインド回復は代用も利きやすいのでBOXの内容次第では全く出番がない。
忘却の死神・グリザルの画像グリザル 入手難易度:A 育成難易度:B
スキルや覚醒スキルが強力で、光→闇変換の他キャラと覚醒スキルが被らないため出番はそこそこある。

初心者におすすめのキャラ10選

キャラ 評価
紅蓮華の女傑・エキドナの画像エキドナ パズドラの最初期から活躍するキャラ。HPの低さが致命的だが、育てやすさとスキルがとにかく優秀。初心者がまず育成すべきキャラの筆頭。
轟炎龍・アームドティラノスの画像アームドティラノス など 初期で貰える御三家の究極進化後。究極進化の素材が大変だが、リーダーとして優秀。2体攻撃による攻撃力も高く、サブとしても充分活躍が可能。
碧の機神将・ヴィズアースガルの画像アースガル など 無課金のダメージ軽減役。スキル上げも比較的しやすく究極進化前でも活躍できるが、入手手段は意外と少ない。光のゴーレム闇のゴーレムも強いが、究極進化がとにかく大変。
富山湾の絶対王者・寒ブリの画像ブリ 高岡市コラボダンジョンで入手できる。究極進化の素材が大変だが、究極進化をしなくても強力な変換スキルで戦える。水パを使いたいなら是非育成したい。
聖都の守護神・アテナの画像アテナ 2体攻撃による攻撃力が強力。降臨キャラでは入手しやすい部類だが、究極進化までは活躍が難しい。リーダー運用も可能なので、最初の目標にしてもいい。
獄羅苦狂魔皇・ベルゼブブの画像ベルゼブブ 2体攻撃による攻撃力が強力。降臨キャラでは入手しやすい部類だが、究極進化までは活躍が難しい。リーダー運用も可能なので、最初の目標にしてもいい。アテナとはお好みで。
闇黒魔王・ヴァンパイアデュークの画像闇デューク など 入手はやや難しいが、無課金の貴重な変換キャラ。他にも、ギガンテスジークフリートクーフーリンヴァルキリーなどがいる。
地獄の魔神王・サタンの画像サタン 悪魔パの強力なリーダー。究極進化後が特に強力だが、進化前でも優秀。回復できない欠点を持つため、サブとして活躍できないのが難点。
虹の番人の画像虹の番人 進化素材だが、充分なステータスを持つ。ダメージ軽減スキルも持っているので、上記のゴーレムを育てる余裕がない場合の選択肢に。
黄金の番人の画像黄金の番人 進化素材だが、充分なステータスを持つ。定期的にスキルが変更されるが、いずれも強力なものが多い。虹の番人よりもステータスは高いが、入手が難しい。

評価の基準

ダンジョンでドロップするキャラが対象

評価の対象はダンジョンでドロップするキャラです。ですが、ダンジョンでドロップするキャラでも以下のようなキャラは評価の対象から外しています。

  • 神龍など、レアガチャからも登場するキャラ
  • 復刻などが絶望的なコラボキャラ

評価基準は攻略適性・使い道の多さ

この記事のランキングでは、攻略適性・使い道の多さに重点を置いて評価をしています。攻略適性に関しては、リーダーとサブ・ソロとマルチのどちらも考慮しています

例えば、明らかにマルチでの運用が想定されているマシンゼウスを、「ソロのリーダーで使えない」という理由でマイナス評価することはありません。

入手・育成難易度は不問

入手の難しさや育成の難しさは一切考慮していません。ですが、参考として入手難易度と育成難易度を掲載しています。どちらも、SSからDの7段階で指標を用意しています。

入手難易度の基準

ドロップするダンジョンの難しさ。

育成難易度の基準

進化素材の内容・必要経験値の量。
スキル上げに究極上げやピィを要する場合は大幅にランクを上げています。

この後、よく読まれている記事はこちら!

トップへ戻る