【パズドラ】嵐翼型おでドラの評価とスキル上げ方法|超覚醒のおすすめ

パズドラにおける嵐翼型おでドラ(光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型)の評価、スキル上げ方法、ステータス、超覚醒のおすすめを紹介しています。

モンポドラゴンシリーズのキャラ

鍛煉神・シヴァ=ドラゴンの評価シヴァドラ 聖舶神・ネプチューン=ドラゴンの評価ネプドラ 起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型の評価光槍型おでドラ 光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型の評価嵐翼型おでドラ 破神機・ラグナロク=ドラゴンの評価ラグドラ
全能神・ラー=ドラゴンの評価ラードラ 暗黒神・ツクヨミ=ドラゴンの評価ヨミドラ

嵐翼型おでドラの評価

嵐翼型おでドラ

リーダー評価 サブ評価 アシスト評価
6.5点 / 9.9点 8.0点 / 9.9点 / 9.9点

嵐翼型おでドラの簡易ステータス

キャラ 性能
光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型の画像光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型
神 ドラゴン 回復
【ステータス】
HP4600 / 攻撃1200 / 回復1100
プラス換算値1066.6
限界突破後
HP5060 / 攻撃1320 / 回復1210
プラス換算値1173.3
【リーダースキル】
神タイプの攻撃力と回復力が3倍。HP満タン時、受けるダメージを激減(80%)。
【スキル】 ドラウプニル
最大HP50%分のHP回復、バインド状態と覚醒無効状態を全回復。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。(最短9ターン)
【覚醒スキル】
バインド耐性 バインド耐性 スキルブースト 自動回復 自動回復 自動回復 自動回復 自動回復 自動回復

超覚醒スキル
L字消し攻撃 ドラゴンキラー L字消し軽減

【つけられる潜在キラー】
ドラゴンキラー 悪魔キラー マシンキラー 攻撃キラー 回復キラー
光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型の関連記事
評価・ステータス おすすめ継承・潜在

リーダーとしての性能は低い

嵐翼型オデドラは耐久寄りの性能を持ったリーダーです。運用の仕方が特殊で、にも関わらず使い勝手で緑おでんに劣ります。リーダーとしては扱いにくいので、サブとして運用するのが普通です。

高難易度で輝く回復スキル

嵐翼型おでドラは、危険なギミックである覚醒無効状態を完全に回復できます。対策が必須なダンジョン自体は決して多くありませんが、超高難易度ダンジョンに挑むのであれば対策しておいて損はありません。

どうしても使いにくさが勝る

嵐翼型おでドラのスキルやステータスは優秀ですが、肝心の覚醒スキルの内容が扱いにくいのが欠点です。覚醒スキルの差で、嵐翼型おでドラは光槍型おでドラに劣っていると言わざるを得ません。

嵐翼型おでドラの使い道

バインド対策役としてサブ運用が基本

嵐翼型おでドラはバインド対策役としてサブで使うのが最適です。ただし封印耐性やスキルブーストの観点から他のバインド回復役に劣ることもあるので、パーティ全体で覚醒スキルの兼ね合いを考慮しましょう。

嵐翼型おでドラが活躍できるパーティ例

緑おでんパーティ(緑おでんパ)のテンプレ緑おでんパ
(7.5点)
ルシャナパーティ(ルシャナパ)のテンプレルシャナパ
(9.0点)
転生セレスパーティ(転生セレスパ)のテンプレ転生セレスパ
(8.0点)

嵐翼型おでドラのおすすめ超覚醒スキル

付けられる超覚醒スキル

超覚醒スキル① 超覚醒スキル② 超覚醒スキル③
L字消し攻撃L字消し攻撃 ドラゴンキラードラゴンキラー L字消し軽減L字消し軽減

②のドラゴンキラーがおすすめ

嵐翼型おでドラは、ドラゴンキラーの超覚醒スキルを狙うのがおすすめです。対ドラゴンタイプにしか機能しないとは言え、火力に乏しかった嵐翼型おでドラでも多くの敵にささるドラゴンキラーを持つことで使い勝手が変わります。

L字消し攻撃もおすすめ

次いでおすすめなのは、L字消し攻撃の超覚醒スキルです。自身の能力では木/光ドロップを用意出来ないものの、いざという時に火力があがり、またロック解除効果が付くのも魅力的です。

嵐翼型おでドラのスキル上げ方法

スキル上げ素材は入手できない!

嵐翼型おでドラのスキル上げ素材は存在しません。スキルレベルを上げるためにはピィが必須になります。

スキル上げはすべき?

嵐翼型おでドラのスキル上げはそれほど重要ではありません。覚醒無効やバインドを回復する場面は限られているためです。光槍型おでドラであればともかく、嵐翼型は性能が低いのも理由の1つです。

嵐翼型おでドラのステータス

基本情報

光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型
嵐翼型おでドラ
レア度 コスト 属性 タイプ
★10 150 木/光 神/ドラゴン /回復

ステータス

HP 攻撃 回復
Lv99 4600 1200 1100
Lv99+297 5590 1695 1397
凸後Lv110+297 6050 1815 1507
Lv99換算値 / 1066.6
Lv110換算値 / 1173.3
460.0
506.0
240.0
264.0
366.6
403.3

つけられる潜在キラー

つけられる潜在キラー
神キラー✕ ドラゴンキラー 悪魔キラー マシンキラー
バランスキラー✕ 攻撃キラー 体力キラー✕ 回復キラー

スキル

ドラウプニル ターン数:14→9
最大HP50%分のHP回復、バインド状態と覚醒無効状態を全回復。 自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。

リーダースキル

神界の揺籃
神タイプの攻撃力と回復力が3倍。HP満タン時、受けるダメージを激減(80%)。

覚醒スキル

覚醒スキル 効果
バインド耐性バインド耐性 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある
バインド耐性バインド耐性 自分自身へのバインド攻撃を無効化することがある
スキルブーストスキルブースト チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる
自動回復自動回復 ドロップを消したターン、HPが回復する
自動回復自動回復 ドロップを消したターン、HPが回復する
自動回復自動回復 ドロップを消したターン、HPが回復する
自動回復自動回復 ドロップを消したターン、HPが回復する
自動回復自動回復 ドロップを消したターン、HPが回復する
自動回復自動回復 ドロップを消したターン、HPが回復する

超覚醒スキル

超覚醒 効果
L字消し攻撃L字消し攻撃 自分と同じ属性のドロップをL字型に消すと攻撃力がアップし、盤面のロック状態を解除する
ドラゴンキラードラゴンキラー ドラゴンタイプの敵に対して攻撃力がアップする
L字消し軽減L字消し軽減 回復ドロップ5個をL字型に消すと敵から受けるダメージを軽減する

嵐翼型おでドラの入手方法

キャラ 入手方法
光槍神・オーディン=ドラゴンの画像光槍神・オーディン=ドラゴン ・オーディン=ドラゴンから進化
オーディン=ドラゴンの画像オーディン=ドラゴン モンスター購入
光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型の画像光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型 ・光槍神・オーディン=ドラゴンから進化

進化に必要な素材

キャラ 必要な進化素材
光槍神・オーディン=ドラゴンの画像光槍神・オーディン=ドラゴン
光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型の画像光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型

パズドラの関連記事

モンポドラゴンシリーズのキャラ

鍛煉神・シヴァ=ドラゴンの評価シヴァドラ 聖舶神・ネプチューン=ドラゴンの評価ネプドラ 起源神・オーディン=ドラゴン・光槍型の評価光槍型おでドラ 光槍神・オーディン=ドラゴン・嵐翼型の評価嵐翼型おでドラ 破神機・ラグナロク=ドラゴンの評価ラグドラ
全能神・ラー=ドラゴンの評価ラードラ 暗黒神・ツクヨミ=ドラゴンの評価ヨミドラ

比較されやすいキャラの評価

光槍の魔術神・オーディンの評価緑おでん ホーリーセレスのアーマーX龍喚士・アナの評価セレスアナ 転生セレスの評価転生セレス

注目記事の一覧

▼最新情報をまとめてチェック!
トップ.pngパズドラ攻略wikiトップページ
▼人気のランキングページ
最強リーダー最強リーダー 最強サブ最強サブ リセマラ最強アシスト
▼ピックアップページ
新キャラ.png新キャラ評価 最新イベント.png最新イベント スキル上げ.pngスキル上げ情報
▼データベース
キャラ一覧.pngキャラ一覧 テンプレ一覧.pngテンプレ一覧 ダンジョン攻略.pngダンジョン攻略

コメント

11 名無しさん約1ヶ月前

>>10 ですよねー。今ならリーダーでゼラとかのサブにも使えるし。

10 名無しさん約2ヶ月前

操作延長持ちのリーダースキルが増えて、サブの1人2人が弱くても火力が足りる今こそ再評価されるべき。おでん武器込みで8000、2ターンで16000も回復できる。回復半減やバッテンギミック、回復→変換等々への対応力で光槍と同等以上の採用価値があると思った。1度実際に使って比べてみてほしい。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「嵐翼型おでドラの評価とスキル上げ方法|超覚醒のおすすめ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る