【S24最終11位】ろくろ様のパーティ【剣盾シングル】

パーティの並び

※当構築記事は、ろくろ Twitterへのリンク様に許諾を得て掲載させて頂いております。

カイオーガ

カイオーガの画像 あめふらし
おくびょう
こだわりスカーフ
しおふき
ねっとう
かみなり
れいとうビーム
実数値(努力値) 175-*-111(4)-202(252)-160-156(252)
役割 「こだわりスカーフ+潮吹き」による制圧力が強力。相手のポケモンに触らずに攻撃できるためザシアンと比べてサンダーの「静電気」に悩まされないのが魅力。

霊獣ランドロス

霊獣ランドロスの画像 いかく
ようき
いのちのたま
じしん
そらをとぶ
じばく
いわなだれ
実数値(努力値) 165(4)-197(252)-110-*-100-157(252)
役割 「命の珠」を持たせた型。「自爆」を採用することで相手のダイマックスでの展開を許さず、「ダイアタック」で素早さを下げることでカイオーガを通しやすくする。

ミミッキュ

ミミッキュの画像 ばけのかわ
いじっぱり
イバンのみ
ゴーストダイブ
かげうち
みがわり
のろい
実数値(努力値) 159(228)-156(252)-100-*-129(28)-116
役割 先制技、連続技、回復技がないポケモン全てに対面で勝つことができる。「身代わり」によるターン稼ぎも可能なため、壁展開に対しても強い。

一撃ウーラオス

一撃ウーラオスの画像 ふかしのこぶし
ようき
こだわりハチマキ
あんこくきょうだ
インファイト
つばめがえし
ねごと
実数値(努力値) 175-182(252)-120-*-81(4)-163(252)
役割 「こだわりハチマキ+暗黒強打」によって相手を崩すことができる。「ねごと」はダイウォールの媒体だけではなく、「歌う」を採用したラッキーの対策としても運用可能。

サンダー

サンダーの画像 せいでんき
おくびょう
きあいのタスキ
10まんボルト
ボルトチェンジ
ぼうふう
でんじは
実数値(努力値) 165-*-106(4)-177(252)-110-167(252)
役割 「気合のタスキ」を持つことで相手のダイマックス技を耐えながら「ボルトチェンジ」や「電磁波」を選択し、裏に繋ぐことができる。

ラッキー

ラッキーの画像 しぜんかいふく
のんき
しんかのきせき
ちきゅうなげ
タマゴうみ
うたう
ステルスロック
実数値(努力値) 357(252)-*-62(252)-55-126(4)-49
※S個体値0
役割 相手のサンダーのダイマックスを抑制する。基本軸では対応が難しい構築に対して「ステルスロック+うたう」による展開を狙う。

パーティのポイント

ポケモンのポイントスカーフカイオーガを中心とした対面構築

ポケモンのポイント霊獣ランドロスによる制圧

ポケモンのポイントミミッキュで確実に打ち合いで勝利する

スカーフカイオーガを中心とした対面構築

ろくろ様の構築はカイオーガを主軸とした対面構築です。カイオーガと他二体のポケモンで相手のポケモンを一体ずつ倒し、最終的にミミッキュでの逃げ切りを狙います。

霊獣ランドロスによる制圧

霊獣ランドロスは「命の珠+ダイジェット」によって相手のポケモンを一体倒す動きが強力です。初手ダイマックスで数的有利をとった時の二体目に対して「ダイアタック」を選択することで相手の素早さ上昇を防ぐことができます。また、「自爆」を選択することで相手の「ダイジェット」を不発にさせ、素早さを上昇させない動きも可能です。

ミミッキュで確実に打ち合いで勝利する

本構築に採用されているミミッキュは打ち合いで負けるケースがほとんどありません。

自身より速い相手に対しては「身代わり、呪い、ゴーストダイブ」の順で技選択を行うことで、ゴーストダイブの選択時に「イバンのみ」が発動し先制で姿を消すことができます。その後、後攻で「ゴーストダイブ」で攻撃することで「影打ち」込みで相手に確実に打ち勝つことが可能です。

元記事

ろくろ様の記事では、より詳細なパーティの解説が書かれています。本記事と併せまして是非ご覧ください。

元記事を見に行くバナー

関連記事

トップページに戻るポケモン攻略部トップに戻る
カテゴリ一覧
型解説型解説 最上位パーティ最上位パーティ
並び解説並び解説 大会大会

ポケモン攻略部プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

記事を書いている攻略メンバー

    権利表記

    トップへ戻る