【S16最終81位】おやこあい様のパーティ【剣盾シングル】

【Game8のポケモン対戦攻略サイトが開設!】
▶︎ポケモン攻略部ってな〜に?
【注目記事】
▶︎S16最上位パーティまとめ|シングル
▶︎S16注目ポケモンの型解説

S16で最終81位を獲得したおやこあい様のパーティを紹介しています。

パーティの並び

オーロンゲ

オーロンゲの画像 いたずらごころ
わんぱく
たべのこし
ソウルクラッシュ
ふいうち
ビルドアップ
みがわり
実数値(努力値) 201(244)-140-122(204)-*-103(60)-80

日食ネクロズマ

日食ネクロズマの画像 プリズムアーマー
いじっぱり
ラムのみ
メテオドライブ
サイコファング
じしん
りゅうのまい
実数値(努力値) 181(68)-220(180)-148(4)-*-130(4)-129(252)

サンダー

サンダーの画像 せいでんき
ずぶとい
ウイのみ
ボルトチェンジ
ぼうふう
かいでんぱ
はねやすめ
実数値(努力値) 197(252)-*-150(252)-145-111(4)-120

エースバーン

エースバーンの画像 リベロ
いじっぱり
いのちのたま
かえんボール
とびひざげり
ふいうち
とびはねる
実数値(努力値) 155-184(252)-95-*-96(4)-171(252)

霊獣ランドロス

霊獣ランドロスの画像 いかく
ようき
きあいのタスキ
じしん
がんせきふうじ
じばく
ステルスロック
実数値(努力値) 165(4)-197(252)-110-*-100-157(252)

ミミッキュ

ミミッキュの画像 ばけのかわ
ようき
カムラのみ
じゃれつく
のろい
みがわり
いたみわけ
実数値(努力値) 132(12)-141(244)-100-*-125-162(252)

パーティのポイント

ポケモンのポイント積みエースの日食ネクロズマが展開できる状況へ持ち込む

ポケモンのポイント展開構築・サイクル・受けに強いミミッキュで場を荒らす

おやこあい様の構築は、ミミッキュやランドロスで起点を作り、日食ネクロズマで積んで相手を倒していく積み構築となっています。周りに並ぶポケモンは、第二のアタッカーや相手のアタッカーを止められるポケモンで、構成されています。

多数の伝説に対応できる日食ネクロズマが主軸

日食ネクロズマは、ザシアンを始めとした多くの伝説のポケモンと打ち合うことができ、多くの状況で積み技を使用し動き出せることから、本構築の主軸として選ばれました。ラムのみを持っているため相手を問わず積み技の使用がしやすく、弱点保険持ちを警戒しタイプ一致抜群技で攻撃をしてこないこともあり、絶対的エースとして君臨しています。

起点を作るランドロスとミミッキュの使い分けが重要

ランドロスとミミッキュのどちらで起点を作るかが、後ろに控える日食ネクロズマが積んで役割を果たせるかを左右するため、相手の構築に応じて初手に出すポケモンを判断することが重要です。ザシアン軸に多い対面構築を相手する場合はランドロス、ムゲンダイナやカイオーガ軸に多いサイクルや展開構築の場合はミミッキュを選出し、展開していきましょう。

ただし、とんぼがえりを覚えるガラルヒヒダルマや、ゼクロムを始めとしたばけのかわを無視できる特性を持つポケモンが相手にいる場合は、ランドロスを選出したほうが起点を作りやすいことがあります。

ネクロズマの苦手を補う裏のエース

エースバーンは、日食ネクロズマが苦手とするテッカグヤやナットレイに強く、状況に応じて第二のエースやスイーパーの役割を担うことができます。禁伝が使用できなかったときから、安定した強さを持つポケモンのため使い勝手もよく、日食ネクロズマとの相性の良さが、裏のエースとしての強さをより一層際立たせています。

元記事

おやこあい様の記事では、より詳細なパーティの解説が書かれています。本記事と併せまして、おやこあい様の記事も是非ご覧ください。

元記事を見に行くバナー

関連記事

トップページに戻るポケモン攻略部トップに戻る
カテゴリ一覧
型解説型解説 最上位パーティ最上位パーティ
大会大会 -

ポケモン攻略部プレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
ホワイトデーイベント開催中!
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム
2
戦姫戦記-魔王倒しの旅-
【インストール不要】
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?
3
封神山海経 -破暁-
【インストール不要】
放置系のお手軽MMORPG!神獣妖獣たちと冒険にでよう!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    ランキング

    権利表記

    トップへ戻る