【デモンズソウル】技量戦士ビルドのステ振り例とおすすめ武器【リメイク】

デモンズソウルリメイクの技量戦士ビルドに関する記事です。技量戦士とはなにか、どういったステ振りなのか、またおすすめの武器も掲載しているのでぜひ参考にしてください。

技量戦士ビルドとは

技量特化型の戦士のこと

「技量戦士」とはその名の通り技量に特化したビルドのことです。同じ近接型である「技量戦士」と比べると動きが軽い武器が多く、また、弓も高威力になり遠距離戦闘もそれなりに得意です。

技量戦士ビルドのステ振り例

神殿騎士でのステ振り例(SL82)

ステ レベル ポイント
体力 30 ・体力は30まで伸びがいい
・自分の腕前と相談して低くしてもいい
知力 8 ・エンチャントや復活を使わない場合
・使う場合は13か18まで上げる
頑強 40 ・40までスタミナが伸びる
筋力 18 ・18で技量系武器は扱える
技量 40 ・余ったら技量に振る
魔力 6 ・不要
信仰 13 ・一度切りの復活を使わない場合
・使う場合は16まで上げる
7 ・不要

必要条件を満たすため筋力にも多少振る

技量戦士というくらいなので基本は「技量」に極振りしていきたいところですが、技量戦士の代表的な武器である「打刀」や、かっこいい「柄無し」などは筋力も要求されます。もちろん両手持ち前提であれば筋力には振る必要はありませんが、片手でも扱うことを念頭に置く場合は武器にもよりますが18までは振っておきましょう。

技量戦士ビルドの立ち回り

近接戦闘の基本通りで問題ない

技量戦士といってもなにか特別なことはする必要はなく、振りの速さを活かしたヒット&アウェイという基本的な動きで問題ありません。手数で勝負していくタイプなので、隙きを見ては攻撃を叩き込んでいきましょう。

対人なら二刀流もあり

ストーリー中ではなく「対人」も考えるなら、二刀流にしてみるのも面白いでしょう。モーションの違う2つの武器を扱えば、相手もこちらの動きを読みづらくなります。オプションとして装備しておくのはおすすめです。

技量戦士ビルドのおすすめ武器

鋭利派生

技量特化型なのでやはり「鋭利派生」のある武器がまずおすすめです。武器種は曲剣や刺剣、槍などテクニカルなものが揃っており、それぞれ使ってみて自分にあったものを選んでみるのがいいでしょう。

鋭利派生武器一覧

スパイクシールド サイズ ウィングドスピア
ショートスピア かぎ爪 つるはし
ウォーピック ねじくれたレイピア エストック
レイピア メイルブレイカー 打刀
ショーテル キリジ ファルシオン
シミター フランベルジェ ブロードソード
パリングダガー 隠密の短刀 ダガー

オリジナル版では純粋石が集めづらかったのには注意

鋭利派生を運用していくうえで避けて通れないのは武器強化ですが、+5にするには「純粋な刃石」を入手する必要があります。しかし肝心のドロップする敵が「嵐の祭祀場2」にでてくる黒骸骨を倒すのみであり、ドロップ率は目を覆いたくなるような数字です。通称純刃マラソンと呼ばれたそれは、数々のプレイヤーを難易度以外の面で青ニートにしました。リメイク版では改善されることを期待しましょう。

致命のエストック

オプションとして持っておきたいのが「致命のエストック」です。致命派生ということで致命の一撃で高いダメージを狙えます。オプションとして一本は持っておくのがおすすめです。

ブラインドと柄無し

「ユニーク武器」を使用する場合、「ブラインド」や「柄無し」もおすすめです。ブラインドは相手の盾を貫通することができ、対人では活躍する場面があるでしょう。一方の柄無しですが、強力ではあるものの攻撃が当たる度に自傷ダメージを食らうという非常に癖の強い武器となっており、扱うには高い技量が必要です。

関連リンク

ステータスとビルドのステ振り例
脳筋 技量戦士
上質戦士 魔法戦士
純魔 信魔
竜戦士 ブルブラ

▶攻略トップへ戻る

デモンズソウルプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る