【イルルカSP】スカウトの成功率を上げるコツ【ドラクエモンスターズ2】

イルルカ(DQM2)におけるおすすめのスカウト方法について記載しています。スカウトとはなにかやおすすめのスカウト方法について詳しくまとめているので、スカウトを行う際の参考にしてください。

スカウトとは?

戦闘時に敵モンスターを仲間にする行動

「スカウト」とはモンスターとの戦闘時にメニュー欄にある「スカウト」を使用し「スカウトアタック」を仕掛ける行動のことです。スカウトに成功すると敵モンスターを仲間にすることができます。

失敗すると一定確率でスカウトできなくなる

もし、スカウトに失敗するとモンスターが「様子を見る」or「怒りだす」の反応を示します。怒りだしてしまうとその戦闘中はスカウトが行えなくなってしまうので注意しましょう。

スカウトの成功率を上げる方法

スカウト成功率を上げる方法一覧

成功率を上げる方法
敵のHPが低いほど成功させやすい
テンションを最大まであげる
攻撃力の高いキャラでスカウトを行う

おすすめ
スカウトの成功率が上昇するアイテムを使用する

アイテムを使用したスカウトがおすすめ

魔物のエサ」や「くんせいにく」などのアイテムを使用することでスカウトの成功率を上げることができます。また、使用したターンはスカウトに失敗しても怒らない効果もあるので、スカウトのしやすさが格段に上がります。

ただし、アイテムには使用制限があり、無限に使えるわけではないので注意が必要です。

スカウトのおすすめパーティ

ハートナイト部隊

おすすめパーティ
ハートナイト画像ハートナイト ハートナイト画像ハートナイト ハートナイト画像ハートナイト ハートナイト画像ハートナイト

スカウトをする際は「ハートナイト」4体の編成がおすすめです。「ハートナイト」は「AI2回行動」を持ち、「チェイン」による連携攻撃や、武器鍛冶の「スカウトアタック2倍」などと組み合わせることで、高確率でスカウトを成功させられる、スカウトに特化したパーティにすることが可能です。

▶︎ハートナイト部隊のスカウト用スキル構成を見る

超Gサイズモンスター

超Gサイズモンスターは、新生配合してプラス値を★まで強化することで、確実に10%のスカウト率を確保することが可能です。超Gサイズモンスターは4枠使うため1体しか編成できませんが、4回行動することができるので40%ものスカウト率を確保することが可能です。

▶︎超Gモンスターの出現場所を見る

関連リンク

人気記事一覧

イルルカSP攻略TOPイルルカSP攻略TOPへ戻る
イルルカSPの攻略記事
イルルカSPストーリー攻略ストーリー攻略 イルルカSPボス攻略ボス完全攻略
イルルカSPやり込み要素やりこみ要素 対人戦おすすめパ対人戦おすすめパーティ
イルルカSPモンスター一覧モンスター一覧 タマゴから生まれるモンスター記事下卵情報まとめ
イルルカSP配合配合 イルルカSPお役立ちお役立ち
イルルカSPスキルスキル一覧 イルルカSP特性特性一覧
イルルカSP武器武器一覧 イルルカSPアイテムアイテム一覧
イルルカSP掲示板掲示板 イルルカSPマップマップ|地図

イルルカSPプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

コメント

5 名無しさん約9ヶ月前

レベル未カンスト 新生無  名無闇王 で10%保証できてるので新生・レベルは関係なさそう・・

4 名無しさん約9ヶ月前

レベル未カンストとか言っちゃってる時点で+値☆にしてないくさいわ。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[6732]
      ぜひよろしくお願いします。少し慣れてはきましたが、まだまだ結構負けます。やっぱり赤霧パも作っておくべきかなとか(見飽きたテンプレパーティはさすがに作る気しないですが)、超Gも他にいくつか作ろっかなとか、今はその程度のレベルです。

    • 129037385
      まあまあ考えて作ったつもりなんだけどよく考えたら状態異常にめっぽう弱いメンツでした。

    権利表記

    トップへ戻る