【パズドラ】キングタンの使い方と入手方法!

★パズドラ攻略wikiからのお知らせ
【今回の報酬は白ソニア!】
▶ソニアエル杯の攻略はこちら!
【6周年生放送の新キャラが実装!】
▶最新キャラと究極進化情報はこちら
【6周年記念ダンジョン到来!】
▶ヘキサゼオン降臨の攻略情報はこちら

キングタン

パズドラにおけるキングタンの入手方法や使い方、ピィとの違いを紹介しています。

キングタンの使い方

スキル上げのサポート役

キングタンはスキルレベル上げをする時に使用するモンスターです。

スキルレベルを上げたいモンスターに同じスキルを持つモンスターを合成する時、キングタンも一緒に合成すると同じスキルを持ったモンスターの数だけスキルレベルを上げることができるという能力を持ったモンスターです。ですが、合成させるモンスターとタンの属性は同じ属性でないといけません。

キングタンの使い方

上記画像のパワーアップ合成はキングモクタン1体とゼウスディオス4体を覚醒ゼウスディオスにパワーアップ合成させるので覚醒ゼウスディオスのスキルレベルが4上がることになります。

キングタンの入手方法

キングタンの入手方法

キングタンとは、スキル継承をする時に使用していたタンを究極進化させたモンスターのことです。タンを1体キングタンに究極進化させるには進化させるタン1体に対して5体の同じ属性のタンを使用します。つまり1体のキングタンを作るのに6体の同属性タンを使用することになります。

なし

効率の良いタンの集め方

タン大量発生のバナー

ゲリラダンジョンやクエスト報酬の「タン大量発生」が1番効率良くタンを集めることができます。タン大量発生はスタミナ消費50で4フロアのダンジョンです。たくさん周回してタンを集めましょう!

キングタンが期間限定で出現!

降臨ダンジョンにキングタンが登場

開催期間 6/9(月)10:00~6/18(日)09:59

期間中、一部降臨ダンジョンの「超地獄級」限定でキングタンが必ず登場します。キングタンはスキル上げを楽にしてくれるキャラなので、必ず周回して集めておきましょう。

キングタンとピィの違い

ピィは確定でスキルレベル1アップ

ピィは、同属性モンスターのスキルレベルを確定で1上げるという能力を持っています。つまり、キングタンとは異なり、別にスキル上げ素材を集める必要が無いのです。

ピィはキングタンの完全上位互換ではない

とはいえ、ピィはキングタンの完全上位互換というわけではありません。ピィを無限に集められれば話は別ですが、ピィの入手方法は限られます。進化素材を集められるダンジョンがあるのであれば、ピィよりもキングタンを利用するほうがピィを有効に使えるでしょう。

なので、降臨やダンジョンで獲得できるスキルを持つモンスターのスキルレベルはキングタンで上げ、覚醒や転生のように独自のスキルを持つモンスターはピィで上げるという使い分けをしましょう。

ピィの入手方法一覧

キングタンのまとめ

キングタンはスキル上げを非常に楽にしてくれる存在です。使い方や入手方法も特別難しいわけではないので、積極的に活用できるといいですね。

下記の記事では、スキル上げに関する基本的な情報をまとめています。合わせてご覧ください。

パズドラの関連記事

注目記事の一覧

▼最新情報をまとめてチェック!
トップ.pngパズドラ攻略wikiトップページ
▼人気のランキングページ
最強リーダー最強リーダー 最強サブ最強サブ リセマラ最強アシスト
▼ピックアップページ
新キャラ.png新キャラ評価 最新イベント.png最新イベント スキル上げ.pngスキル上げ情報
▼データベース
キャラ一覧.pngキャラ一覧 テンプレ一覧.pngテンプレ一覧 ダンジョン攻略.pngダンジョン攻略

コメント

3 名無しさん約1ヶ月前

>>2 キングタンじゃないとスキル確定で上がらないですよ? キングにしないと意味無いです

2 名無しさん約1ヶ月前

あの、わざわざタン×6で進化させてキングタンにして スキルレベルを4上げるよりも、 タンを単体で六回する方がよいのでは? とおもったのですが、、、

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「キングタンの使い方と入手方法!」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    権利表記

    トップへ戻る