【パニグレ】被り武器・被り意識の使い道

パニシング:グレイレイヴン(パニグレ,パニシンググレイレイヴン)における被り武器・被り意識の使い道について解説しています。武器・意識が被った際の取り扱いに困ってるという方は是非ご覧ください!

被り武器の使い道

武器の強化に使用する

画像
被った武器は、強化素材として武器の強化に使用できます。武器の強化素材(特に星4武器)は、シナリオ・後方勤務での入手確率が低く、意識に比べて強化できる機会が限られるため、武器強化に使用した方が効率的です。

特に星1〜星4の武器が被った際には、武器の強化素材として使用することをおすすめします。

同ランク武器の共鳴に使用する

画像
星5以上の武器は、同ランク武器の共鳴を行う際の素材として使用可能!共鳴を行えば、該当の星5〜星6武器に対して固定の共鳴効果(追加ステータス・共鳴専用の追加効果など)が付与されます。

最大2〜3個まで同時付与できるため、武器の性能を向上させるためにも利用したいところ!

武器欠片へ解体する

画像
星4以上の武器を解体すると、大量の『ナット』に加え、星Lvに応じた『武器欠片』を獲得できます。ここで獲得した星4〜星6の武器欠片は、ストア内の解体ストアで利用可能!

意識強化素材・同じ星Lvの武器へ交換可能!

画像
解体ストアでは、各星Lv(星4〜星6)の武器欠片を消費することで、レア度(星Lv)の高い武器を入手できます。また、星4の武器欠片は、星4の意識強化素材とも交換できるため、武器強化素材が余っている・意識強化素材が足りないといった場合に利用しましょう。

被り意識の使い道

意識の強化に使用する

画像
被った意識は、強化素材として意識の強化に使用できます。星4以下の不要な意識は、基本的に強化素材として使用することをおすすめします。

特に序盤のうちは、星2〜星4の意識を素材として使い、ミッション消化などで手に入れた星5〜星6意識を強化しましょう。

同名意識の共鳴に使用する

画像

星5以上の意識は、共鳴を行う際に同名/同ランクの意識を使用します。共鳴を行えば、該当の星5〜星6意識にランダムな共鳴効果(追加ステータス・キャラのスキルLvUP効果など)が付与でき、意識自体の性能が向上!

最大2〜3個まで同時付与できるため、意識の性能を向上させるためにも利用したいところ!

意識欠片へ解体する

画像
星4以上の意識を解体すると、大量の『ナット』に加え、星Lvに応じた『意識欠片』を獲得できます。ここで獲得した星4〜星6の意識欠片は、ストア内の解体ストアで利用可能!

武器強化素材・同じ星Lvの武器へ交換可能!

画像
解体ストアでは、各星Lv(星4〜星6)の意識欠片を消費することで、レア度(星Lv)の高い意識を入手できます。また、武器欠片と同様に星4の意識欠片も、星4の武器強化素材へ交換できるため、意識強化素材が余っている・武器強化素材が足りないといった場合に利用しましょう。

お役立ち関連記事

最新情報攻略wikiトップへ戻る

初心者向けおすすめ記事

リセマラリセマラランキング おすすめのガチャ.pngおすすめガチャまとめ
序盤.png序盤の効率良い進め方 毎日やるべきこと.png毎日やるべきことまとめ
キャラ育成要素の解説.pngキャラの育成要素と優先度 Sクラス構造体選択で誰を取るべき?の画像おすすめSクラス選択先

システム解説

意識意識とは? 限界突破武器・意識の限界突破素材一覧
武器意識育成.png武器・意識の育成方法 シナリオ攻略.pngシナリオ攻略メリット
意識救出.png意識救出 幻痛の檻の画像幻痛の檻
紛争戦区の画像紛争戦区 拠点の画像拠点
サンドワールプールの画像サンドワールプールとは? マルチプレイの参加方法の画像マルチプレイの参加方法
スキンの入手方法の画像スキンの入手方法 アカウント連携の画像アカウントの連携方法
PS4コントローラーでプレイする方法を解説!の画像PS4コントローラーでのプレイ方法 -

効率系お役立ち記事

被った武器の使い道.png被った武器・意識の使い道 被りキャラ・逆元欠片の使い道の画像被りキャラ・逆元欠片の使い道
ナットの効率良い集め方の画像ナットの効率良い集め方 指揮官レベル.png指揮官レベル上げ方法
黒パスの画像無課金で手に入る黒パス おすすめ編成の画像おすすめ意識編成・組み合わせ!

    攻略メニュー

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • 一足お先にヴィラ様ゲット
      幕開やっててよかった

    • >>[36] 返信ありがとうございます。
      見送ることにします

    権利表記

    トップへ戻る