【パズドラ】危険モンスターランキング!

★パズドラ攻略wikiからのお知らせ
<新天使や英雄などの究極進化が発表!>
究極キャラの評価などはこちらからチェック!

聖船神・ノア=ドラゴンの画像

パズドラにおける敵モンスターの危険度(強さ)をランキング形式で掲載しています。簡単な対策法も記載しているので、暇つぶし程度にでもご覧ください。

ランキング一覧
最強ランキング リセマラランキング
無課金最強ランキング 危険キャラランキング

危険モンスターランキング早見表

※ ランクをタップすると詳細な評価へ移動

ランク 対象
SS
該当なし
S
ヘパドラの評価 ノアドラゴンの評価
オルファリオンの評価 サタンの評価 イービルセレスの評価
A
ヘラドラゴンの評価 マシンアテナの評価 アハトロスの評価 ディエイクの評価 覚醒オロチの評価
覚醒アルテミスの評価 超究極前ヴィシュヌの評価 マシンゼウスの評価 マシンヘラの評価 ゼウスドラゴンの評価
B
光カーリーの評価 闇カーリーの評価 究極前天ルシの評価
イルシックスの評価 スターリングの評価 ガイアドラゴンの評価 闇メタたまドラの評価 ニブルヘイムの評価
C
ホノぷれドラの評価 覚醒シヴァの評価 覚醒カグツチの評価 五右衛門の評価 沙悟浄の評価
リンシアの評価 スタージャスティスの評価 セブンザードの評価 覚醒パールの評価 ソティスの評価

スポンサードリンク

危険モンスターの一覧

※生息地とは、初めて登場したダンジョンです

SSランク(対策とは)

現在のパワーバランスを鑑みるに、こいつが出たら絶対クリアできない!(対策不能)とまで言える強敵は存在しません。

危険モンスターランキング的には、更なる強敵の登場をお待ちしております。

Sランク(対策すればなんとか…)

モンスター 生息地+評価
鍛煉神・ヘパイストス=ドラゴンの画像鍛煉神・ヘパイストス=ドラゴン 生息地:ヘパイストス=ドラゴン降臨!
ヘパドラは強烈なスキル遅延とが特徴的です。先制15ターン遅延からの殴り合いを相手に強制し、高いステータスの暴力で相手をねじ伏せます。50%根性も備えていますがダメージ吸収を持たないため、ヘパドラ降臨においてはマルチでの対策法が確立されています
聖船神・ノア=ドラゴンの画像聖船神・ノア=ドラゴン 生息地:ノア=ドラゴン降臨!
ノアドラはダメージ無効・ダメージ軽減・属性吸収の全てを兼ね揃えるキャラです。段階的にしかダメージを受けず、その段階の区切りで"ジャッジメント"による大ダメージを放ちます。99ターン耐久するのが正攻法とされる性能はSランクにふさわしいといえます。
光の星導機・オルファリオンの画像光の星導機・オルファリオン 生息地:超絶極限コロシアム攻略!
コロシアムが初登場のオルファリオンは50%根性持ちのモンスターですが、根性を剥がすと確実に倒されてしまいます。なので、割合ダメージが必須になります。通常攻撃も2万ダメージを超え、さらに覚醒無効やお邪魔生成など多彩な攻撃を繰り返してくるので、対応必須です。
豊穣神・イービルセレスの画像豊穣神・イービルセレス 生息地:ヘラ=ドラゴン降臨!
イービルセレスは根性とダメージ吸収の組み合わせが無慈悲なキャラです。30%根性を持ち、根性が切れると50万以上吸収、ランダム属性吸収を併用するため、かなりのタフさを持ちます。また、根性発動時には500%ダメージを使用するので、甘えた行動を許しません。
地獄の魔神王・サタンの画像地獄の魔神王・サタン 生息地:裏チャレンジダンジョンレベル11【第39回】
サタンは総HP6億と脅威の耐久力を持っています。また、高HPを活かして相手に絶望を与えるだけでなく、HPを削ると毎ターン行動に変わる騙し討ちスキルで、地道に半分まで削った相手を更なる絶望へ突き落とします。

スポンサードリンク

Aランク(対策しないと勝率ダウン)

モンスター 生息地+評価
暗黒神・ヘラ=ドラゴンの画像暗黒神・ヘラ=ドラゴン 生息地:ヘラ=ドラゴン降臨!
ヘラドラはダメージ吸収の連携が凶悪な敵モンスターです。HP5000万の200万以上吸収なので早々にやられることはなく、即死級ダメージを2ターン毎に繰り返します。仮に全ての攻撃を耐えられたとしても、最後には補助効果打ち消しと500%ダメージを連続で使用できるので、確実に魔法石を奪います。なお、風神には手も足も出ません。
覚醒マシンアテナの画像覚醒マシンアテナ 生息地:マシンアテナ降臨!
マシンアテナはマシン降臨シリーズ第3弾のキャラです。新ギミックの超暗闇、4〜6ターンの先制遅延、400万以上吸収と隙がなく、更に状態異常無効と自身の属性を変化させるため100%軽減戦法も通用しません。4ターンおきに150%ダメージを放つため攻撃性能も抜群です。なお風神(略)
ディエイクの画像ディエイク
アハトロスの画像アハトロス
生息地:伝説の星海
アハトロスは防御888万が非常に特徴的です。木属性吸収、ダメージ75%カットなど防御に特化しており、猛毒とドロップロックでディエイクを援護します。威嚇や防御半減などが弱点です。
覚醒ヤマタノオロチの画像覚醒ヤマタノオロチ 生息地:チャレンジダンジョンレベル10【第37回】
覚醒オロチは実質のHP9億操作時間半減のスキル所持しています。さらに、初ターンにHPを削られない限り、相手に強烈な威嚇スキルと80万以上ダメージを無効化するバリアを使用します。自身がスキルを打てる状態にあれば、ほぼ確実に相手を完封することが可能です。
覚醒アルテミスの画像覚醒アルテミス 生息地:ゼウス=ドラゴン降臨!
覚醒アルテミスは超高威力の先制ダメージと覚醒無効が強力です。HPは低めですが攻撃力が高く、覚醒無効が切れるまで待つ戦法を封じ込めます。1ターン目に限り威嚇通用してしまうので、対策をされると簡単に負けてしまいます。
秩序の創界神・ヴィシュヌの画像秩序の創界神・ヴィシュヌ 生息地:第2回一度きりチャレンジ10
ヴィシュヌはキラーキラーとして優秀なキャラです。100万以上吸収と毎ターン10%回復で耐久力は高めで、問答無用でワンパンできる火力も備えています。HP50%以下で全バインドも発動するため、多くの対策を強いることができます。威嚇と徹底した立ち回りには弱いので、事故を祈りましょう。
覚醒マシンゼウスの画像覚醒マシンゼウス 生息地:マシンゼウス降臨!
マシンゼウスは7コンボ以下吸収が優秀なキャラです。HP70%以下で神バインド、HP50%以下では5ターン200万以上吸収を使用します。200万以上吸収の後は攻撃性能が大幅に上がり、高い確率で魔法石を5個奪います。属性吸収や根性を持たないので、ワンパンだけが苦手です。
覚醒マシンヘラの画像覚醒マシンヘラ 生息地:マシンヘラ降臨!
マシンヘラは属性吸収による運ゲーを強いることが可能です。先制で光半減を使用した後、2ターンに1回光闇属性吸収を使用するので、安定攻略の幅を大きく狭めます。毎ターン即死級ダメージを繰り返しながらスキル遅延・4体バインド・覚醒封印などを連発し、1000%ダメージなど規格外のスペックを誇る優秀なキャラです。
全能神・ゼウス=ドラゴンの画像全能神・ゼウス=ドラゴン 生息地:ゼウスドラゴン降臨
ゼウスドラゴンは初ターンに様子見してくる相手に放つ必殺技が強力です。初ターンに10%以上のダメージを受けない限り、ほぼ確実に相手を葬り去ります。また、見た目からは創造もつかない、自身の属性を変幻自在に操るトリッキーな性能も持っています。

Bランク(最悪初見で対応可能)

モンスター 生息地+評価
爆怒の鉄龍帝・ナインガルダの画像爆怒の鉄龍帝・ナインガルダ 生息地:伝説の遺構
ナインガルダは先制で全ドロップロック攻撃力9倍上昇をしてきます。軽減やドロップリフレッシュのスキルがないと初見での対応は難しいです。他にも爆弾ドロップ生成やコンボ吸収などのギミックが登場するので対応が必要なダンジョンです。
綺羅の秘女神・カーリーの画像綺羅の秘女神・カーリー 生息地:極限の闘技場
光カーリーは闘技場の実質的なボスです。初登場時でHP3,000万を誇り、1ターン目に35%以上(実質70%)削られない限り即死級ダメージを放つことができるので、半端な火力を簡単に返り討ちにできます。火力特化のパーティが非常に苦手です。
劫火の威女神・カーリーの画像劫火の威女神・カーリー 生息地:極限の闘技場
闇カーリーは闘技場の実質的なボスで、基本的なスペックは光カーリーとほぼ同じです。ステータスは優秀ですが、ほぼ毎ターン相手に回復ドロップを作ってしまうのが難点です。また、ドラゴンタイプなのでキラーの餌食になりやすく、防御面がやや心配です。
黎明の熾天使・ルシファーの画像黎明の熾天使・ルシファー 生息地:一度きりチャレンジ
天ルシはパズル教室の室長です。相手のパズル力が必要レベルに達してない場合、強制的にダンジョンから退場させる能力を持っています。相手のパズル力を向上させようとする優しさを持ってはいますが、早口なので何を言っているかわからないことが多いです。
紫棘の霜龍帝・イルシックスの画像紫棘の霜龍帝・イルシックス 生息地:伝説の雪渓
イルシックスは30%以上で発動する根性を持っています。根性が解けるHP1~30%で大ダメージ+水回お邪魔変換+お邪魔ロックを使用し、相手のパーティ次第では詰ませることができます。相手のカウンタースキルをカウンターする"フリージングゾーン"も見逃せません。状態異常無効に高い攻撃力を持つ、時代に流されない優秀なキャラです。
蒼頂の華龍・スターリングの画像蒼頂の華龍・スターリング 生息地:伝説の雪渓
スターリングは隠れたキラーキラーです。40万以上吸収でドラゴンと神キラーの両方を潰せるので、道中での配置が最も輝きます。低HP時とHP満タン時に高威力の毒生成攻撃を使用でき、キラー対策としては充分すぎる性能を持ちます。威嚇が通ってしまうのが難点。
起源神・ガイア=ドラゴンの画像起源神・ガイア=ドラゴン 生息地:ガイア=ドラゴン降臨!
ガイアドラゴンは高いHPが特徴です。ランダム吸収やスキル遅延などは標準装備。高威力の通常攻撃やHP50%以下で500%ダメージなど、典型的なゴーレムタイプです。全てが単発攻撃なのでゾンビ戦法に弱いのが弱点です。
神魔の執行者・メタトロンたまドラの画像神魔の執行者・メタトロンたまドラ 生息地:伝説の樹海
闇メタたまドラは相手に副属性の大切さを知らしめる性能を持っています。敵の50以上のダメージを無効化しつつ毎ターン10万ダメージを放つことで、見た目で侮った相手にお帰りいただきます。
究極氷龍・ニブルヘイムの画像究極氷龍・ニブルヘイム 生息地:伝説の星海
ニブルヘイムはダメージ吸収とコンボ吸収をあわせ持った凶悪なキャラです。さらにダメージ吸収が切れる度に、更に強力な効果にしたダメージ吸収を貼り直すので、コンボ吸収が途切れるまで様子見を行った相手をリタイアさせます。対策として威嚇が有効ですが、伝説の星海では後に控えるディエイク&アハトロス用の威嚇を使わせるといった頭脳プレイも魅せました。

Cランク(たまにやられる奴)

モンスター 生息地+評価
ホノぷれドラの画像ホノぷれドラ など 生息地:極限の闘技場2
闘技場や特殊降臨系を主な生息地とするぷれドラシリーズは、防御力1000万の高防御力と毎ターンの大ダメージ攻撃を武器としています。固定ダメージや威嚇等で対策することが容易ですが、ほぼ確実に相手のスキルを使わせる事が出来るので、道中に複数体で配置しておくのがおすすめです。
覚醒シヴァの画像覚醒シヴァ 生息地:第1回一度きりチャレンジ10
覚醒シヴァはスキル遅延と割合ダメージによるセットプレイを得意とします。第1回一度きりチャレンジでは覚醒パールとのコンビで大活躍しましたが、遅延耐性やスキル継承の登場で一気に出番を失ってしまいました
覚醒ヒノカグツチの画像覚醒ヒノカグツチ 生息地:極限大和ラッシュ
覚醒カグツチは事故を狙うのが得意なキャラです。先制スキル遅延、回復枯渇消し、毒ドロップ生成など多くのトラップを仕掛けることが可能です。根性発動時は99ターン遅延は非常に強力ですが、遅延耐性やスキル継承と威嚇の組み合わせで簡単に対策されてしまいます。
天下御免の大泥棒・石川五右衛門の画像天下御免の大泥棒・石川五右衛門 生息地:極限大和ラッシュ
五右衛門は先制と根性を備えたハイブリットなキャラです。高威力の先制、状態異常無効の根性、3体バインドなどのギミックも得意です。根性発動時はただの全回復なので、無限根性でスキル溜めとして利用される可能性があります。
流砂の妖仙・沙悟浄の画像流砂の妖仙・沙悟浄 生息地:西遊記降臨
沙悟浄は見た目とは裏腹に脅威の耐久力の無さを誇ります。自身が耐久力が無いことを逆手に取り、大ダメージを受けた直後に火事場の馬鹿力で相手を道連れにするコンボが強力です。優しくされると本来の力が出せません。
玻璃の風龍王・リンシアの画像玻璃の風龍王・リンシア 生息地:リンシア降臨!
リンシアは、覚醒スキル無効を初めて使用したキャラです。毒ドロップの降り方も激しく、操作時間延長に頼りきりなパーティを一方的に倒せるのが最大のポイントです。HP80%以下で3体バインド、50%以下でスキル封印など、対策を怠ったパーティには負けません。威嚇に弱く根性もないので、道中に配置するのがおすすめです。
鉄機王・スタージャスティスの画像鉄機王・スタージャスティス 生息地:スタージャスティス降臨
スタージャスティスは比較的正統派の危険キャラです。スキル遅延、根性、状態異常無効ではありますが、即死ダメージを頻発しないため理不尽なキャラではありません。もちろん、根性発動時には正義の鉄槌を下します。
虹翼の旋龍帝・セブンザードの画像虹翼の旋龍帝・セブンザード 生息地:伝説の樹海
セブンザードは複数のギミックを使用するキャラです。コンボ吸収、属性変化、猛毒など動きが多彩で、行動パターンも豊富です。根性を持っていないの柄、高火力パーティが苦手です。
覚醒パールヴァティーの画像覚醒パールヴァティー 生息地:第1回一度きりチャレンジ10
覚醒パールは根性と30万以上のダメージ吸収による持久戦を得意とするキャラです。長期戦を意識したじっくりとした立ち回りでペースを乱し、相手が油断したタイミングでヒマラヤの怒りでワンパンします。ちなみに闘技場攻略において、ヒマラヤのダメージ対策は必須事項です。
覚醒ソティスの画像覚醒ソティス 生息地:スフィンクス降臨攻略!
ソティスは20万以上のダメージ吸収と時限爆弾を所持しています。タイムリミットがきた瞬間、相手をダンジョンからさよならするのが闘技場界隈で有名です。また、さよならされた相手のメンタルにも大ダメージを与える凶悪さも兼ね備えています。

スポンサードリンク

危険度の評価基準

評価基準は4点です。

HPや攻撃力、防御力の高さ

HPが高いほど倒しにくく、攻撃力が高いほど攻略が困難になるため。登場するダンジョンによってステータスは変化するが、基本的に初登場時のステータスを参照。

特性やギミックなどの凶悪さ

厄介なスキルを使用するモンスターを大きく評価。以下は、凶悪度を上げる大きな要因

  • 先制大ダメージ
  • 先制スキル遅延
  • ◯ダメージ以上吸収
  • 根性(カウンターダメージは特に高評価)

ランダム性(運要素)が強いか

多くのモンスターは攻略法が確立されているが、確立されたうえで安定攻略可能かどうかも評価基準の1つ。ランダムバインドや属性変化がその一例。

パーティ編成を束縛するか

パーティ編成に大きな影響を与えるモンスターを高く評価。先制大ダメージが典型例。

パズドラ 関連記事

ランキング一覧
最強ランキング リセマラランキング
無課金最強ランキング 危険キャラランキング
スポンサードリンク
トップへ戻る