【モンスト】ハングドマン(極)の攻略手順と適正キャラクター

【本日のピックアップ記事】
▶︎プロツアー2018(第2戦)優勝予想が開始!
【追憶の書庫で金卵の排出率が2倍に】
▶︎追憶の書庫のおすすめ運極を見る
▶︎全運極おすすめランキングTOP10

ハングドマン 反逆者のダークナイフ バナー画像

モンスト(モンスターストライク)で「ハングドマン」がドロップするイベントクエスト「反逆者のダークナイフ(極)」の攻略方法を記載しています。攻略の参考にぜひご覧ください。

目次

ハングドマン(極)の基本情報

基本情報

ボス種族 亜人族→亜人キラー一覧
ボスアビリティ
入手モンスター ハングドマン
ボスの属性
雑魚の属性
スピードクリア 12ターン

対策すべきギミック「シールド」

出現ギミック 出現頻度
シールド ★★★★★
地雷 ★★★☆☆

攻略おすすめキャラクター

ガチャ限定適正キャラクター

アイコン アビリティ ゲージ
進化ジュピターのアイコン
ジュピター
(進化)
シールドブレイカー

進化カヲルのアイコン
カヲル
(進化)
シンクロ
盾破壊
アンチ重力バリア

降臨適正キャラクター

アイコン アビリティ ゲージ
進化ヤマタケのアイコン
ヤマタケ
(進化)
アンチワープ
アンチダメージウォール
進化ガッチェスのアイコン
ガッチェス
(進化)
亜人キラーL

神化リリスのアイコン
リリス
(神化)
亜人キラー

ハングドマン攻略の3つのポイント

シールドブレイカーを連れて行こう

シールドが雑魚を召喚してくるので手数増えてしまうクエストです。SB(シールドブレイカー)がパーティーに1体いるとスムーズに攻略することができます。地雷は威力が低いので気にしなくても大丈夫です。

ホーミング系の友情コンボは控えよう

シールドにダメージが分散されてしまうため、ホーミング系の友情コンボは威力を発揮しないです。レーザー系の友情コンボ持ちを連れて行くと攻略がスムーズにできます。

亜人キラーが有効

ボスのハングドマンは亜人族です。アビリティに、亜人キラーを持ったキャラがいると、ハングドマンに効率良くダメージを与えることができます。

ステージ情報

ステージ1

モンスト ハングドマン極攻略1

攻略の手順

  1. シールドを破壊する
    • ハングドマンを倒す
    ## ステージ2 モンスト ハングドマン極攻略2

攻略の手順

  1. シールドを破壊する

ステージ3(ボス1)

モンスト ハングドマン極攻略3

ハングドマンのHP:約50万

ボス(ハングドマン)の攻撃パターン

場所
(ターン数)
攻撃 威力
右下
(3ターン)
毒衝撃波3発×3 1ヒット約1,500
※毎ターン約2,500
右上
(5ターン)
攻撃力ダウン爆発 1ヒット約4,500

(7ターン)
短距離拡散弾 1体ヒット約4,000

(8ターン)
貫通ホーミング 全体約10,000

攻略の手順

  1. ハングドマンを倒す
    • 残りの雑魚を倒す
    ## ステージ4(ボス2) モンスト ハングドマン極攻略4

ハングドマンのHP:約70万

攻略の手順

  1. ハングドマンを倒す
    • 残りの雑魚を倒す
    ## ステージ5(ボス3) モンスト ハングドマン極攻略5

ハングドマンのHP:約90万

攻略の手順

  1. SSを使ってハングドマンを倒す

関連リンク

ハングドマンを神化素材として使うキャラクターは下記のリンク先で確認できます。

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ハングドマン(極)の攻略手順と適正キャラクター」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • ☆新メンバー大募集☆
      穏やかなグループです(*≧∀≦*)
      毎日参加できる方(๓´罒`๓)♪♪ストックしたり、時にはガッツリ!
      マルチ出来る時間に一緒に楽しみましょう(๑و•̀ω•́)و
      募集内容
      ☆社会人の方
      ☆毎日顔出しされる方のみ
      ☆通話可能な方
      ☆どなたでも募集
      ☆大学は不可
      ...

    • 427535353
      出来ればアリス固定の方

    権利表記

    トップへ戻る