【プロスピA】投手の操作方法と投げ方のコツ

ピッチングのコツと操作
プロスピA(プロ野球スピリッツA)における、投手の操作方法と投げ方のコツを掲載しています。

投げ方のコツ

緩急をつけたピッチングを意識

緩急対応ゲージ
バッターはタイミングをずらされるとジャストミートしづらいので、緩急をつけたピッチングを意識しましょう。

画面上部にある「バッター緩急対応ゲージ」は、ピッチャーが投げた球種に合わせて変動します。ゲージがある箇所に近いと打たれやすいので、速い球の次は遅い球、遅い球の次は速い球を意識しましょう。

ストライクゾーン外を有効に使う

ストライクゾーン外
バッターがバットの芯で当てられるのはストライクゾーン内のみです。またボールを織り交ぜることで、バッターの打ち気を削ぐことができます。三振を狙いたい方は、特に意識しましょう。

投手の操作方法

①投げる球種を選択

球種選択画面
まずは、ピッチャーが投げる球種を選択しましょう。選択できる変化球がピッチャーが持っている球種です。

球種の威力を表示する「ランク」

球種の横に書かれているアルファベットが球種のランクになります。ランクはS〜Gまで存在し、Sに近いほど威力が高いです。

最大球速

球種確認画面
球種の下に書かれているの数字が最大球速となっています。球速が投球の大きなコツです。

②球を投げるコースを調整

球を投げるコース選択
球種選択後、指で画面をスライドすることで、ボールを投げる位置を調整することが出来ます。投手の能力「制球」が高いほど、コースに正確に投げることができます。

ストライクゾーン内の色でバッターの特徴が分かる

赤がバッターの得意コース、青がバッターの苦手なコースとなっています。前の投球箇所次第で得意コースと苦手コースが変化する為、気をつけましょう。

赤いマス 青いマス
得意コース 苦手コース

③タイミングを合わせてタップ

タイミングを合わせて投球
投球が始まると、リリースサークルと呼ばれる青い円が現れます。この青い円の端が、投手近くに現れるセンターサークルに重なっている間にタップすることで、ナイスピッチとなり、打たれにくい球を投げることが出来ます。

タイミングが合うとナイスピッチ発動

ナイスピッチ
青い円の端がセンターサークルに重なると「ナイスピッチ」が発動します。ナイスピッチにすることで打者からボールの回転が見づらくなり、ボールの表示が遅れる為、打者は打ちづらくなります。

関連記事

選手育成方法
レベル上げ方 特訓 限界突破
継承 特殊能力 称号
覚醒 特守 スピリッツ解放
ゲームの操作
バッティング ピッチング 流し打ちのコツ
オーダー関連
リーグオーダー リアタイオーダー 打順の組み方
コンボについて 純正オーダー組み方 サブポジの付け方
初心者必須知識
初心者が
序盤にすべきこと
毎日やるべきこと
まとめ
Sランクかぶり
使用方法
引くべき
ガチャ一覧
リアタイで
打てるコツ
同値の詳細と
該当選手一覧
アイテム関連
エナジー貯め方 コイン使い道 Kポイント貯め方
覚醒魂の使い方 試練素材集め方 S補助券の入手方法

プロスピAプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム

1
ビビッドアーミー
【バキコラボ開催決定!】2/11〜のバキコラボが決定!新コラボキャラの備えて準備だ!
2
戦姫戦記-魔王倒しの旅-
【インストール不要】
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?
3
封神山海経 -破暁-
【インストール不要】
放置系のお手軽MMORPG!神獣妖獣たちと冒険にでよう!

コメント

6 名無しさん2年以上前

>>3 牽制のボタンを押す 3回まで出来る

5 名無しさん2年以上前

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「投手の操作方法と投げ方のコツ」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    新着コメント

    • 865396603
      よろしくお願い致します

    • >>[167]
      スゴくはないです。上には上がいるんで。上がれば上がる程、最上位との差を実感します。今は大体100位前後ですが、10位以内との対戦があったらコテンパンにやられます。それが現実です。

    権利表記

    トップへ戻る