【にゃんこ大戦争】キャッツアイの効率的な入手方法と使い道

キャッツアイの効率的な入手方法と使い道

にゃんこ大戦争における、キャッツアイの効率的な入手方法と使い道を掲載しています。キャッツアイ【EX】や優先的に使うべきキャラなども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事
キャッツアイの効率的な入手方法と使い道キャッツアイの効率的な入手方法 レベル上限解放のやり方レベル上限解放のやり方

キャッツアイの主な入手方法

入手方法まとめ
チェックマークガマトト探検隊
チェックマークユーザーランクの報酬
チェックマークイベントステージの報酬
(塔、レジェンドクエスト、地図etc)

チェックマーク課金
チェックマークガチャのおまけ

①ガマトト探検隊

ねこの目洞窟.jpg

キャッツアイは、ガマトト探検隊から一定確率で入手できます。探検に出す場所次第で入手できるキャッツアイが異なります。

②ユーザーランク報酬で入手

ランク報酬

ユーザランク報酬でもキャッツアイを入手できます。

ユーザーランク報酬一覧はこちら

③イベントステージの報酬

風雲にゃんこ塔のバナー画像

風雲にゃんこ塔やレジェンドクエストなど、イベントステージの報酬としてもキャッツアイを入手できます。

④ランクアップセールで購入

ランクアップセール
キャッツアイ伝説と闇は、ユーザーランクが100上がる毎に購入できるランクアップセールでも入手可能です。

⑤11連ガチャのおまけとして入手

11連ガチャおまけ
キャッツアイ闇のみ、ガチャを11連で引いた際おまけとして付いてくる場合があります。

キャッツアイの効率的な集め方

ガマトト探検隊(ネコの目洞窟)を1時間で回す

ねこの目洞窟.jpg
キャッツアイはイベント開催中などに度々登場する、ガマトト探検隊の「ネコの目洞窟(超ネコの目洞窟も)」が一番効率良く集めることができます。(伝説以外4種が落ちる)

最高効率で集める場合は1時間探検、妥協する場合でも3時間探検を回しましょう。ネコビタンで探検時間を短縮すれば超高速収集も可能です。

ネコビタンの入手方法とおすすめの使い道はこちら

伝説・闇は基本コツコツ集めるしかない

キャッツアイ伝説と闇は基本的にステージのドロップ報酬として入手することになります。ガンガン課金できる方は、バトルアイテムパックの購入やガチャのおまけで沢山集めることも可能です。

キャッツアイの種類と使い道

レベル上限解放に使う

レベル上限解放バナー

キャッツアイは、キャラのレベル上限解放に使用します。レベル30以上のキャラにキャッツアイを使用することで、1個につき1つレベルの上限を解放できます。(45~50、55~60は1レベルにつき2個使用。)

キャッツアイは全6種類

キャッツアイ一覧
キャッツアイは「EX・レア・激レア・超激レア」キャラに対応したものと、基本キャラ以外どのキャラにも使用できる特別なキャッツアイ「伝説」、超激レアのレベルを50以上に上げるために使うキャツアイ「闇」の合計6種類があります。

キャッツアイ 詳細
キャッツアイ【EX】画像 キャッツアイ【EX】 EXキャラのレベル上限解放に使用。
キャッツアイ【レア】画像 キャッツアイ【レア】 レアキャラのレベル上限解放に使用。
キャッツアイ【激レア】画像 キャッツアイ【激レア】 激レアキャラのレベル上限解放に使用。
キャッツアイ【超激レア】画像 キャッツアイ【超激レア】 超激レアキャラのレベル上限解放に使用。
キャッツアイ【伝説レア】画像 キャッツアイ【伝説】 基本キャラ以外のレベル上限解放に使用。
キャッツアイ【闇】画像 キャッツアイ【闇】 超激レアのレベル50以上の上限解放に使用。

キャッツアイを優先して使うべきキャラは?

強さで決める

キャッツアイを優先して使うべきキャラは、やはり強いキャラです。もともと強いキャラのレベル上限を解放することで、攻略や周回をより楽にしてくれます。

おすすめの最強キャラは以下の記事で紹介しているので、合わせて参考にしてください。

最強キャラランキングはこちら

愛で決める

にゃんこ大戦争をプレイするのは様々な理由があるでしょうが、その1つに愛があります。にゃんこ大戦争はまどマギやFateなど様々なコラボも開催されているので、お気に入りのキャラがいると思います。

にゃんこ大戦争を続けるモチベーションにもなるので、愛でレベル上限解放するのもありです。

関連記事

アイテムの入手方法と効果一覧はこちら

にゃんこ大戦争プレイヤーにおすすめ

コメント

98 名無しさん15時間前

ラーメンを40まで上げたんだけど、次誰上げればいい? カメラマン?

97 名無しさん16日前

れあちけほしい

記事を書いている攻略メンバー

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る