【テイルズオブアライズ】新要素と過去作からの変更点

新要素と変更点
テイルズオブアライズの新要素と変更点に関する記事です。

テイルズオブアライズの新要素

新要素一覧

チェックマークビジュアル面が大幅進化!独自の映像表現を実現

チェックマーク戦闘システムはシリーズを引き継ぎつつ新要素も

チェックマーク農場・釣りなどが楽しめる

チェックマークアーティファクトやフクロウなどの収集要素

チェックマーク衣装だけでなく武器もスキン対応

チェックマーク野営で仲間とのコミュニケーションを

チェックマークオートセーブに対応

ビジュアル面が大幅進化!

""
本作のビジュアルはテイルズオブシリーズの特徴であるアニメ・イラスト調の世界を基調にしつつも、トゥーンレンダリングではなく水彩画のような世界を表現することに注力されています。ユーザーにわかりやすいよう「アトモスシェーダー」という名前付けがなされ、従来作品のようなトゥーンシェーダーとは差別化が果たされています。

ゲームの魅力の一つにもなっているグラフィック。従来ファンからするとトゥーンシェーダーを採用してほしいという声もあるとは思いますが、本作が掲げる「継承と進化」の進化部分としてグラフィック面には期待してみましょう。

戦闘システムはシリーズを引き継ぎつつも変化

""
本作の戦闘システムは「アビス」で初めて実装されたフリーランを基本としつつ、ファンから人気の高い「グレイセス」や「ベルセリア」の戦闘システムを発展させました。TP消費式ではなくAG(アーツゲージ)を使った術技システムは簡単にコンボを繋げられる楽しさだけでなく「ブーストストライク」のカッコいい演出で敵を仕留める爽快感も加わりました。

なお、ブーストストライクは「ヴェスペリア」のフェイタルストライクシステム(特定の条件を満たすと一撃で敵を仕留められる)と似たシステムで、2人一組で技を放つ演出は「エクシリア」のリンクアーツのようで熱心なテイルズシリーズファンならイメージしやすいかと思います。

余談ですがシリーズファンにはおなじみの「LMBS」という呼称がありましたが、もはやLMBSで表現しきれないほどの自由なアクションを再構築していき、さらには新たなプレイヤーを開拓するという思いでLMBSという名前を使わない、という判断にしたそうです。

▶戦闘システムの解説を見る

農場・釣りなどの寄り道要素

""
本作では「農場」で料理に使う作物を手ずから作ったり、従来作品でもあった「釣り」を楽しめます。農場では様々な作物を育てることにより料理に必要な素材を作れます。釣りでは料理に使うのはもちろん、換金素材としての側面がある魚もいるそうです。

収集要素で隅々まで探索を

""
本作では「アーティファクト」と呼ばれる遺物や各地に点在する「フクロウ」などの収取・探索要素があります。アーティファクトは身につけることでバフ効果は発生し、フクロウは「フクロウの杜」に帰してやることでアタッチメントを入手できます。

衣装・武器スキン対応

本作では衣装だけでなく、武器スキンにも対応しています。これによりお気に入りの武器の見た目や衣装との統一感を保ったまま、強力な武器に変更可能です。また、衣装変更などは「スキット」にも反映されるのでその点でも楽しめます。
▶キャラの衣装を見る

野営で仲間とコミュニケーション

""
本作では「野営」というシステムがあり、そこで料理を作ったりスキットの回想が可能です。さらに任意の仲間とのコミュニケーションが取れます。場合によってはスキットも発生するなど、単なる休憩スポット以上の役割を持っています。
▶野営でできることを見る

オートセーブに対応

本作ではオートセーブに対応します。もちろん手動でのセーブも実行できますが、オートセーブがあることで誤って電源オフにしてしまったりしても傷が浅くて済むのでありがたいです。

テイルズオブアライズの変更点

変更点一覧

チェックマークアニメーションは引き続きufotableが担当

チェックマークスキットシステムの表現が変化

チェックマーク戦闘評価はグレードからスコアに

チェックマーク移動中やバトル中のチャットシステム

アニメーションはufotableが担当

""
前作に引き続きアニメーショんは「ufotable」が担当します。「鬼滅の刃」の大ヒットが記憶に新しいですね。その他「Fate/Zero」シリーズや「刀剣乱舞」、「空の境界」など数多くのヒット作の制作実績があります。随所にアニメーションが流れるということなので、こちらも期待大です。

シリーズお馴染みスキットシステムの変化

スキット

シリーズお馴染みとなった「スキット」システムですが、本作では3D表現に変わりました。従来のシリーズファンだとアニメ調の演出が名残惜しいかもしれません。ただ本作における表現もただ3Dになっただけでなく、漫画のコマ割りのような表現にもなっており、表現の幅も増えているのではないでしょうか。

▶スキットの詳細を見る

戦闘評価はグレードからスコアに変更

本作では従来作品のグレードからスコアというものに戦闘評価が変わりました。スコアが高いとSP(スキルポイント)がたくさんもらえ、高いスコアだとスキル習得が早くなるというメリットがあります。また、連戦ボーナスでレア敵やレアアイテムが入手しやすいなどの恩恵を享受することができるようです。

従来のグレードは2周目以降の要素でしたが、それを撤廃した形になります。とはいえ全くなくなったわけではなく、アーティファクトが2周目要素となっているという説明がありました。

チャットはフレキシブルな会話に

本作では戦闘後の掛け合いがなくなってしまいましたが、その分戦闘中や戦闘後、あるいは移動中にキャラクターが掛け合い(チャット)をします。スキットとは差別化されており、最中に話している、というものです。様々なバリエーションがあり、戦闘中では攻略のヒントも教えてくれる場合があります。

関連記事

攻略TOPに戻る▶︎攻略TOPに戻る

やりこみ要素攻略

ふくろうの場所ふくろうの場所一覧 クリア後要素クリア後の要素と周回プレイ
釣りの関連記事
釣りのやり方とコツ釣りのやり方 魚の場所と種類魚の場所と種類 釣り竿とルアー釣り竿とルアー

攻略お役立ちガイド

初心者序盤の効率的な進め方 最強装備最強装備まとめ
最強アクセサリ最強アクセサリの作り方 術技習熟度術技習熟度のオート稼ぎ
SP稼ぎSPの効率的な稼ぎ方 金策金策の効率的な方法
鉱石鉱石の効率的な集め方 トロフィートロフィーの条件一覧
牧場牧場の解放条件と進め方 修練場の攻略修練場の攻略
星霊花星霊花の入手場所 おすすめ難易度おすすめ難易度
ファストトラベルファストトラベルのやり方 野営野営で出来ることまとめ
衣装衣装・コスチュームまとめ 操作方法操作方法とおすすめ設定
スキットスキットとは マップの見方マップの見方

事前に読みたい記事

レビュー評価・レビュー 新要素と変更点新要素
対応ハード対応ハードまとめ 体験版体験版の引継ぎ
PS5とPS4の違いPS5とPS4の違い データ移行PS4からPS5へデータ移行
DLCDLCの一覧と受け取り方 早期購入特典早期購入特典の一覧
クリア時間の目安クリア時間の目安 アップデートアップデートの最新情報

テイルズオブアライズプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る