【テイルズオブアライズ】評価・レビュー|プレイした感想

評価・レビュー

テイルズオブアライズの評価とレビューを掲載しています。実際にプレイした評価者によるスコア付けや感想、ユーザー投稿のレビューなども掲載しています。

テイルズオブアライズのGame8スコア

総合評価
48.6点/60
ストーリー
(世界観)
グラフィック 戦闘
8.1/10 9/10 7.6/10
キャラクター サウンド 快適さ
8/10 7.8/10 8.1/10

【総合評価】
編集部が話し合いによって決める参考値です。総合評価は10点満点となっており、10点=神ゲー、5点=普通、1点=致命的のように点数が高いほどより面白いゲームと言えます。
【6項目評価】
ストーリー:ストーリーの面白さ、世界観の参考値
グラフィック:映像や背景の綺麗さの参考値
戦闘:戦闘システムの面白さなどの参考値
キャラクター:キャラたちの魅力、背景の参考値
サウンド:ボイスやSE、BGM等の参考値
快適さ:ロード時間や操作性、運営の更新性の参考値

メンバーの評価

攻略班Z 7 7 8 7 7 7
攻略班O 10 10 8 9 9 8
攻略班K 7 10 8 6 8 9
攻略班P 8 9 8 9 8 9
攻略班M 9 9 7 9 8 9
攻略班G 8 9 7 8 7 7

こんなあなたにおすすめ!

  • テイルズオブシリーズ初プレイの方
  • テイルズオブシリーズが好きな方
  • アクションが面白いJRPGをやりたい方

みんなの評価

面白い!! 1711
普通 60
まぁまぁ 43
イマイチ 219

▶みんなの評価を見る

テイルズオブアライズの感想

テイルズオブ未プレイ者の感想

""攻略班O PS4版をプレイ
テイルズオブシリーズは初めてプレイしましたが……めちゃめちゃ面白かったです!特にストーリー!!
ストーリーは序盤こそ悪を討ち、世界を救うといったような王道系ですが、進めていくとただの王道に留まらず、進めるほどに面白くなり先が気になっていく、とても引き込まれる素晴らしいシナリオと世界設定でした。
キャラたちも個性に溢れ、物語を進めると見られる会話やスキットの多さから「俺は仲間との冒険しているんだな…」感がとても心地よかったです。
物語の最後の方は「もうこの冒険も終わってしまうんだな…」と本当に僕自身がアルフェンの隣にいるような気がして戦っていました。
"攻略班K"攻略班K PS5版をプレイ
テイルズオブシリーズは今作は初めてのプレイでしたが、グラフィックの良さとキャラの表情の豊かさに驚きました。PS5でプレイしてたのでロードの短さや接敵した時にラグがないなど、PS4に比べて快適さが段違いだと感じします。リンウェルは陰キャ感あって好きです。
""攻略班P PS4版をプレイ
シリーズ初プレイでしたが遊びやすく、演出も派手で爽快感がありとても面白かったです。ゲーム自体は最低難易度でもやや難しめですが、RPGにありがちなレベル上げのための戦闘を繰り返さずとも、道中の敵やサブクエストで十分強くなれるのでストレスを感じることなく進められました。
ストーリーでは仲間たちが種族や身分の壁を乗り越え相互理解を深めていく過程が魅力的で、スキットだけでなく画面左下のチャット会話も面白いので読むほどキャラたちに愛着が湧きます。本編が終わる頃には仲間の全員がプレイヤーにとってかけがえのない存在になっていることでしょう。
個人的にはキャラはテュオハリムとシオンが、BSは灼熱のバーンストライクがお気に入りです。

攻略班Zは下の評価レビューを書いています

テイルズオブシリーズ既プレイ者の感想

""攻略班M マザーシップタイトルは全部プレイ済み
ベルセリアから数年振りのテイルズ新作でしたが、面白かったです。ストーリー前半はファンタジー色が濃く、後半はSF要素が濃くなり、ちょっと「エターニア」っぽさを感じました。後半の怒濤の伏線回収ターンはストーリーの謎が解けて気持ち良かったです(見てる時間が長かったが…)。また、主人公の性格もひねくれていなくもなく正当派な感じで好感持てる青年で良かったと思います。

戦闘面に関して。私はテイルズにおいてバトルを重視していて、今作のバトルに関しては良くもあり悪くもあるという評価です。雑魚戦においては気軽にコンボを叩き込めること、ブーストストライクを頻繁につかえて操作していて非常に楽しかったです。一撃必殺のブーストストライクはエクシリアのリンクアーツやヴェスペリアのフェイタルストライクが合体したような上手いシステムで感心しました。とても楽しかったです。

ただし、ボス戦やギガントなどの大型の敵に関しては、敵が常に鋼体(スーパーアーマー)を纏っており、こちらが攻撃しても怯まないため攻撃していて爽快感がないと感じざるを得ませんでした。また、常に鋼体を纏ってるがゆえに長いモーションの技は必然的にスキを晒すことになり死に技化してしまうとこも残念と感じてしまいました。さらにやり込んでいくと、アルフェンのブーストアタックからの最大溜めフラムエッジが強力すぎてそれを狙うだけのバトルになってしまったのもボス戦の底が少し浅いように感じました。ついでにボス戦はモーションの短い強力な技か弱点の技を連打する単調な戦いになってしまっているように感じました。また、個人的にはアタッカーとしてのロウがアルフェンの下位互換になってしまっているのも残念だなと思います。これだったら、もうちょっとアウェイクニングの能力を強化するか、攻撃を受けても仰け反らないスキルがあっても良かったな、と感じます。

とはいえ、ボス・ギガント戦以外は正直完成度の高いバトルだったこと、ストーリーも王道だったこと、以上の事からゼスティリアの悪評を打ち消した完全なテイルズブランド復活作として万人におすすめできる良作RPGだったなぁと思いました!
""攻略班G テンペストのマザーシップシリーズ、マイソロシリーズプレイ済み
ストーリーについては、他シリーズのような主人公の成長を感じる場面が、個人的には少ない印象を受けました。ただ内容は非常に惹き込まれたため、クリアした時に「あぁここから彼らは成長するんだろうな」と思いました。
ゲームの内容としては、今までのシリーズをやっていると物価がひどく高騰していて、回復もCP消費になったことで管理が非常に難しく、ダメージを受けないのが大前提になったように感じました。もともと回避が重要なゲームではありますが、アクションが苦手な人には難易度が低くても、少々大変難しく感じるかもしれません。
ブーストブレイクが通る相手は、アルフェンのブレイクゲー。
シリーズ定番の戦闘終了後のセリフの「チョロあま」があったり、釣りのルアーが歴代のマスコットがいたりと、過去作を知っている人には嬉しい小ネタがちゃんとある点に、いつものテイルズらしさを感じました。アーティファクトも小ネタ満載です。
スキットやサブイベントの唐突なギャグモードも健在(๑•̀ㅁ•́๑)✧。

テイルズオブアライズの評価レビュー

レナとダナ、2つの星を巡る物語

支配するレナ、隷属するダナ

ダナとレナ
本作の物語は2つの星を巡る物語となっています。名前はダナとレナ。それぞれの星に住む人は外見はほとんど変わらないまでも、そこには圧倒的な力の差が横たわっていました。

レナの星霊術という不可思議な魔法と高い技術の前に、ダナは侵略され支配されてしまったのです。主人公であるアルフェン――鉄仮面は、そんなダナに生きる、よくいる奴隷の一人です。痛みを感じないことと記憶がまったくないこと、そして大きな鉄仮面をつけていることを除いては。

炎の剣を手に叛逆の火を灯す

炎の剣
本作の冒頭は、奴隷となったダナ人の悲惨さから幕を開けます。鉄仮面もといアルフェンは、そんな状況に燻りを覚えます。ある日仇敵のはずのレナ人であるシオンという少女と出会ったことから、その燻りは大きな火となって、彼らの世界を一変させることになるのでした。

そんな話の流れなので序盤の印象ではシリアスなお話が続くのだろうかと思っていましたが、道中ではシオンの可愛らしい一面やアルフェンのどこか抜けた態度など、重くなりすぎないよう特にスキットなどでは塩梅が考えられているように感じました。

まだストーリーは序盤も序盤ですが、ゲーム面だけでなくシナリオ面もしっかりと作ろうとしている印象を受けます。ただ一点残念なのが、物語はじめに寝る場面があるのですが、それが通常宿場や野営で寝起きするSEと同じだったため、余計な軽さを与えてしまったように思います。細かい点でしたが、奴隷の悲惨さを感じさせることや本作のキーワードの一つである没入感という意味ではここは頑張ってほしかったです。

個性が光るキャラクターたち

デレるシオン

時折デレるシオンの破壊力は凄まじい

本作のキャラは先程も書いたように、シリアスに偏りすぎないような個性をもたせています。アルフェンは持ち前の鈍感さやお人好しさが光りますし、シオンはお腹がぺこぺこであったり時折見せるデレの破壊力が凄まじく。中でもキサラは一見お硬いキャラに見せながらも釣りが大好きな一面を見せるなど、スキットやチャットで会話を見ているだけで楽しめます。

ちなみに筆者はリンウェル推しです。とはいえシオンもアルフェンとのコンビが非常に良くて悩みます。テュオハリム様も常人にはなかなか理解が難しい言動が魅力です。一人一人しっかりと掘り下げていくと、どんどんキャラたちに愛着が湧いていきます。

”進化”したグラフィック

グラフィック
『テイルズオブアライズ』でまず目を引くのはそのグラフィックです。テイルズオブシリーズといえばアニメ調のグラフィックが印象的でしたが、特に本作はいわゆるトゥーンといった趣ではありません。一方でフォトリアルかといわれればそうでもなく、キャラクターの頭身も高く設定されています。

こうしたグラフィックを公式で「アトモスシェーダー」と名付けました。また、その際に目標としたのが水彩画のような世界だといいます。実際、世界を見回してみると決して”リアル”な描写ではありませんが、質のいいグラフィックに仕上がっています。本作のプレイでグラフィックの良さ=リアルではないということをまざまざと感じられるはずです。

細かい動作で没入感が高められる

先程キャラクターの頭身の高さについて触れましたが、デザインされた『テイルズオブアライズ』の世界に合わせることで、より没入感を高める目的があるそうです。筆者としても、キャラだけアニメだと浮いてしまうと思うのでこの試みは成功しているように思えます。

待機モーション

キャラごとの待機モーション。衣擦れの音なども聞こえ、キャラクターの息遣いまで感じられる

また全体的に没入感にこだわっており、特にモーションに力を入れているそうです。実際にプレイしてみると、例えばキャラクターの表情が目立つところですが、細かいところだとフィールド散策中のジャンプです。着地したタイミングで前につんのめるようにしてやや減速してしまうのですが、こうした細かいモーションを入れることによってリアルなグラフィックではないながらも、キャラクターの”リアリティ”を感じさせる仕組みを作っているのだと感じました。

シンプルながらも奥が深いアクション

セットできる術技

セット可能な技は計6つだが、組み合わせが多く考えるのも楽しい

ハードはかなり骨太難易度

テイルズオブシリーズの特徴といえば、やはりアクション性の高い戦闘でしょう。筆者はテイルズオブシリーズに関してはほぼ門外漢なのですが、アニメ調の作品だなという認識と同じくらいアクション性のあるRPGという認識でした。

本作のアクション性に関しては、他作品と比較することはできませんが、予想以上にアクション性が高い作品だと思いました。まずゴリ押しがきかない。一番最初のボスであるビエゾは、筆者が道中の敵をスルーしまくるという性格もありレベル7で挑んだのですが、これがもう大苦戦です。

ハードでもいけるだろうという甘い認識は早々に砕かれ、ノーマルでも何度も死にます。しかりリトライは直前からなのでそれほど気にならず何度でも挑戦し、そして徐々にモーションを覚えてカウンターレイドを決めていき……という流れでようやく撃破しました。挑んだ回数は10回を数えたころでした。

カウンターレイド

本作の特徴であるカウンターレイド。これがヒッジョーにダイジ

回避の重要性と攻撃タイミングはしっかり

この戦闘で筆者は回避の大切さを叩き込まれました。回避ダイジ、ゼッタイ。筆者がつかんだコツは、攻撃しすぎないということ。ゴン攻めしすぎると回避キャンセルがないため攻撃を食らってしまいます。ブーストアタックや連携攻撃で敵の体勢を崩したらフラムエッジなどで攻撃という流れがよかったです。

とはいえ死んでもすぐリトライできることや、ロード時間もPS4proですがそれほど気にならず、快適に遊べました。思った以上に歯ごたえがあり、かつ考えてアクションをする必要もあってかゲーム最初のボスにも関わらずかなり楽しめました。

画面が見づらいのはマイナス点

何が起こっているかわからない

エフェクトが激しくなにが起こっているかわからない

序盤のボスはこちらの人数が少ないことやエフェクトが派手な攻撃がなかったのでそれほど気にならなかったのですが、リンウェル加入後からかなり画面がわちゃわちゃしてきます。加えて敵も複数体かつ術を使う場合、エフェクトがかぶってしまい状況が全く把握できません。

本作の特にボス戦は敵の行動を見つつ回避させて攻防の入れ替わりをさせたいようなデザインになっているので、この点は大きなマイナスポイントかなと思いました。エフェクトを軽くしてもらえるようなアップデートがくるのを期待します。

ゲームに慣れてない人は難易度ストーリーで楽しもう

難易度

難易度はコンフィグからいつでも変えられるのも嬉しい

上述したようにアクションの難易度はゲームに慣れていない、普段アクションゲームをそれほどやらない人は苦戦が予想されます。ただしストーリーモードであれば被ダメージがかなり抑えられる上、敵のHPも0.75倍になります。

とはいえストーリーでもゴリ押しが効果的になることを除けばアクション性を損なうことなく楽しめるので、ゲームの難易度に挫折しそうになったらぜひストーリーモードでプレイして本作を楽しんでいただきたいです。難易度はゲーム中いつでも自由に変更できるので、慣れてから難易度を上げていくのもおすすめです。

継承しつつも新しい”テイルズオブ”

継承と進化
本作は”継承”と”進化”を念頭に作られた作品だといいます。というのも、テイルズオブシリーズには最近のシリーズで新規開拓ができていない、という課題があったそうです。『テイルズオブアライズ』は改めてシリーズの魅力を見つめ直し、まさに”継承”と”進化”によって既存ファンだけでなく新規プレイヤーを増やすという非常に重い使命を負った作品となっています。

実際に筆者は実質新規プレイヤーの一人ですので、継承という面に関してははっきり言ってしまうとわかりません。ただしそれ以上に本作が力作であると同時に今後テイルズオブシリーズの新作をプレイしてみたいと思わせるような出来栄えだと感じました。新参者ではありますが、ここから新しい”継承”が始まっていくのかもしれません。

テイルズオブアライズの製品情報

"" 発売日
2021年9月9日(木)
価格(定価)
7980円(税抜)
公式サイト
対応ハード
【パッケージ・DL版対応】
PS4、PS5
【DL版のみ】
Xbox One、 Xbox Series X/S、STEAM

関連記事

攻略TOPに戻る▶︎攻略TOPに戻る

やりこみ要素攻略

ふくろうの場所ふくろうの場所一覧 クリア後要素クリア後の要素と周回プレイ
釣りの関連記事
釣りのやり方とコツ釣りのやり方 魚の場所と種類魚の場所と種類 釣り竿とルアー釣り竿とルアー

攻略お役立ちガイド

初心者序盤の効率的な進め方 最強装備最強装備まとめ
最強アクセサリ最強アクセサリの作り方 術技習熟度術技習熟度のオート稼ぎ
SP稼ぎSPの効率的な稼ぎ方 金策金策の効率的な方法
鉱石鉱石の効率的な集め方 トロフィートロフィーの条件一覧
牧場牧場の解放条件と進め方 修練場の攻略修練場の攻略
星霊花星霊花の入手場所 おすすめ難易度おすすめ難易度
ファストトラベルファストトラベルのやり方 野営野営で出来ることまとめ
衣装衣装・コスチュームまとめ 操作方法操作方法とおすすめ設定
スキットスキットとは マップの見方マップの見方

事前に読みたい記事

レビュー評価・レビュー 新要素と変更点新要素
対応ハード対応ハードまとめ 体験版体験版の引継ぎ
PS5とPS4の違いPS5とPS4の違い データ移行PS4からPS5へデータ移行
DLCDLCの一覧と受け取り方 早期購入特典早期購入特典の一覧
クリア時間の目安クリア時間の目安 アップデートアップデートの最新情報

テイルズオブアライズプレイヤーにおすすめ

今すぐ遊べるおすすめゲーム


ビビッドアーミー
陸海空の揃った色鮮やかな戦場を駆けるオンラインゲーム

戦姫戦記-魔王倒しの旅-
美少女や魔物娘と戦うRPG!あなたはどちらを選択する?

精霊幻想記アナザーテイル
異世界転生ファンタジー「精霊幻想記」初のゲーム作品!

ラストラグナロク
7頭の罪竜から世界を守る放置系王道ファンタジーRPG!

城姫クエスト
お気に入りの城姫たちと一緒に戦おう!

ゲゲゲの鬼太郎妖怪横丁
鬼太郎達とお店を繁盛させて、日本一を目指そう!

空島クロニクル
空を巡る冒険ファンタジーRPG!

コメント

232 名無しさん2時間前

普通に面白いのだが、シナリオが、と言うより、表現かな?正直言って幼稚な気がします。そんな事でウジウジするかな?等が散見される。

231 名無しさん7時間前

このワイルドアームズ5hdリマスター無限ロードに入って進まないんだけど誰か課金する以外の対処わかります? 因みにレナ本国ついてすぐのエレベーターのとこです

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[2] 既に見たシーンを自由に見返すことができるギャラリーモードが欲しくなりますね

    権利表記

    トップへ戻る