【ぷよクエ】スピルの評価とスキル・ステータス

ぷよクエ人気投票総選挙本戦の結果発表です!1位に輝いたキャラは一体誰なのでしょうか!?ぜひご確認ください!

ぷよクエ(ぷよぷよクエスト)における、スピルの評価と使い道について掲載しています。スピルのステータスやスキル、コンビネーションなどのデータも充実しているので、使い方に迷っている方はぜひ参考にしてください。

スピルの総合評価

スピル
総合評価 【星6】 8.08.0 /10.0

スピルのここが強い!

毎ターン自動回復のリーダースキル

スピルのリーダースキルは「黄属性カードの攻撃力・回復力2倍+毎ターン味方の黄属性カードに 「かいふく」×1の回復」というものです。

回復力が2倍になるため、自動回復はかいふく×2倍となります。体力は上がりませんが毎ターンの自動回復なので、安定してクエストの攻略ができます。

2ターン継続のエンハンス

スピルのスキルは2ターン継続の黄属性2.5倍エンハンスです。倍率はすずらん+αシリーズには及びませんが、2ターン継続するのが魅力です。また必要ぷよ数も35個で、他のエンハンス系スキルよりも少なくなっているため優秀です。

童話シリーズ漁師ボーイズ雅楽師シリーズなどと組み合わせてスキルをチャージしていくことで、エンハンスをループさせることもできなくありません。

スピルのここはイマイチ・・・

入手が難しい

スピルはアーケード連動のカードのため、アーケードガチャでしか入手できません

現在はアーケードの稼働も終了しているため、ポイントはミッション報酬等でしか入手できません。連動をしていなかったプレイヤーは、入手が非常に難しいでしょう。

スピルのスキル

リーダースキル

おとめ座の導き Lv.3【星6】
黄属性カードの攻撃力と回復力を2倍にし 毎ターン、味方の黄属性カードに 「かいふく」×1の回復

スキル

黄星のりゅうせい Lv.3【星6】
2ターンの間、味方の黄属性カードの 攻撃力が2.5倍になる
発動条件:きいろぷよを35個消す

スピルの使い道

スピルは、自動回復に2ターンエンハンスと非常に優秀な性能を持ったカードです。ステータスも申し分なく様々なデッキで活躍できます。

同様の自動回復は喫茶店の3人娘が持っていますが、黄色と紫はいないため、スピルは非常に貴重な存在となります。

リーダースキルの効果が、テクニカルクエスト「ベストールの挑戦状」で非常に活躍したため、欲しいと思ったプレイヤーも多いのではないでしょうか。

スピルの基本情報とステータス

基本情報

コンビネーション星6
ガールズ
剣士
主属性/副属性
きいろのアイコンきいろ
タイプ こうげき・単体のアイコンこうげき・単体
シリーズ 星座ガールズ
入手方法 アーケードガチャ

ステータス

星6
コスト 30
たいりょく 2900
こうげき 2023
かいふく 407

※ステータスはLv.MAX時の最大値です。

スピルのカード紹介とセリフ

カード紹介とセリフ(星6時)

カード紹介文
おとめ座から力をもらうホーリーナイトの 女の子。みんなを幸せにするための、 とくべつなまほうが得意。
セリフ1
そなたのおかげで、ここまで強くなれた 誇りに思っていいぞ
セリフ2
我の力は皆を幸せにするためにある そのためならば、努力は惜しまん!
セリフ3
レスタに三つ編みのやり方を 教わってみるか…

ぷよクエ関連リンク

レア度別
星7星7キャラ 星6のアイコン星6キャラ 星5のアイコン星5キャラ
属性別
赤属性あか 青属性あお 緑属性みどり 黄属性きいろ 紫属性むらさき
タイプ別
攻撃タイプ (1).pngこうげき iOS の画像 (102) (1).pngかいふく 体力タイプ (1).pngたいりょく バランスタイプ (1).pngバランス
ランキング記事
りせまらー.pngリセマラ ふともじ.png最強キャラ いべ.png最強イベントキャラ

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「スピルの評価とスキル・ステータス」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 召喚ポイントは人それぞれだろうがコインはみんな腐らせてんだろうね
      なんか使い道欲しい

    • >>[11432]
      登場当時は出現確率4%以下だったガチャがあったやつ。

    権利表記

    トップへ戻る