【ぷよクエ】剣闘士ミノタウロスの評価と使い道

銀魂コラボイベントが始まりました!今回は収集イベントが開催されています!

銀さんこと坂田銀時が登場するガチャが開催中です!この機会にぜひ入手しておきましょう!

ぷよクエ(ぷよぷよクエスト)における、剣闘士ミノタウロスの評価と使い道について掲載しています。剣闘士ミノタウロスのステータスやスキル、コンビネーションなどのデータも充実しているので、「剣闘士ミノタウロスを入手したけど強いの?」「どんなデッキを組めばいいの?」という方はぜひ参考にしてください。

剣闘士ミノタウロスの総合評価

キャラクター 評価点
剣闘士ミノタウロスの画像剣闘士ミノタウロス 7.0/10点

▼剣闘士ミノタウロスはランキング入りしてる?
ぷよクエ最強キャラランキング!

剣闘士ミノタウロスのここが強い!

横一列を自属性ぷよに変換できる

剣闘士ミノタウロスは、ランダムに横1列をきいろぷよに変換するスキルを持っています。盤面にもよりますが攻撃力の2~4倍程度のダメージが発生します。 漁師ボーイズ雅楽師シリーズのスキルが発動している状態であればほぼ確実に2連鎖するため、威力の底上げが可能です。おじゃまぷよも変換できるため処理能力は高いといえます。

剣闘士ミノタウロスのここはイマイチ・・・

イベント報酬カードのため、ステータスの修正が入った後もやや低めのステータスに設定されています。リーダースキルのタフネス貫通も使う場面が限られてしまうため、なかなか出番のないカードとなってしまいます。

剣闘士ミノタウロスのステータス

基本情報

イラスト
剣闘士ミノタウロス
レア度 ☆4〜☆6
主属性/副属性 きいろ/−
タイプ こうげき・単体
コスト 24
シリーズ イベント報酬
コンビネーション ヘビー級,つの,どうぶつ
入手方法

ステータス

初期値 最大値
たいりょく 1545 2602
こうげき 1007 1571
かいふく 132 238

カード紹介文とセリフ

カード紹介文
牛の頭と人間の体を持つモンスター。 ルルーへの強い忠誠心を胸に、巨大な斧を 振り回すその姿はまるで歴戦の剣闘士。 その勢いは誰にも止められない。
セリフ1
オレと戦いたいヤツはかかってこい! 真正面から受けてたつぞ!
セリフ2
オレが強くなる理由はただひとつ! それがなんなのかは、ヒミツだがな!
セリフ3
ブモモーーッ!ルルー様への想い… この一撃にのせるっ!

剣闘士ミノタウロスのスキル

リーダースキル

黄属性タフネス貫通 Lv.1
黄属性カードの攻撃を、通常攻撃に限り タフネス貫通攻撃にする

スキル

一撃斬り!
ランダムでフィールド上の どれか一段をすべて黄ぷよに変化させる
【発動条件】
きいろぷよを30個消す

バトルスキル

なし

剣闘士ミノタウロスの使い道

スキルの性質から、黄単色デッキのスタメンとして編成するのがオススメです。 おじゃまぷよの処理には一役買ってくれるので、多色デッキなどに入れることも有りです。報酬カード内でも全体的に性能が低めなので、残念ながらカードが揃っているプレイヤーにとっては編成候補にあがらないカードでしょう。

ぷよクエ 関連記事

レア度別
星7星7キャラ 星6のアイコン星6キャラ 星5のアイコン星5キャラ
属性別
赤属性あか 青属性あお 緑属性みどり 黄属性きいろ 紫属性むらさき
タイプ別
攻撃タイプ (1).pngこうげき iOS の画像 (102) (1).pngかいふく 体力タイプ (1).pngたいりょく バランスタイプ (1).pngバランス
ランキング記事
りせまらー.pngリセマラ ふともじ.png最強キャラ いべ.png最強イベントキャラ

コメント

4 ぷよクエ攻略wiki@Game82年以上前

>>3 ご指摘ありがとうございます!修正いたしました!

3 名無しさん2年以上前

スキル説明、みどりぷよ〜となってますよ?

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「剣闘士ミノタウロスの評価と使い道」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。

    攻略メニュー

    新着コメント

    • 画像の貼り方間違ってね?

    • >>[11124]
      11124で質問した者です。こつこつワイルドさんを集めて星7にしようと思います。
      教えて頂いた方々、ありがとうございました!

    権利表記

    トップへ戻る