【にゃんこ大戦争】カノとソウマの評価と使い道

にゃんこ大戦争における、カノとソウマの評価と使い道を掲載しています。カノとソウマのステータスや特性、解放条件や進化前・進化後のキャラ、にゃんコンボなど、あらゆる情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

カノとソウマの進化元・進化先

第一形態 第二形態 第三形態
カノとソウマの画像カノとソウマ カノとソウマとネコの画像カノとソウマとネコ

カノとソウマの評価点

評価点

カノとソウマの画像カノとソウマ 評価: 準備中
コスト: 420
ランク: レア

カノとソウマの総合評価

▼機動力のある対エイリアン量産壁

「カノとソウマ」は「エイリアンに打たれ強い」特性を持つ量産型の壁キャラです。エイリアンに対する高い耐久性と優れた機動力を兼ね備えており、エイリアン戦における前線維持を大きく助けてくれます。

カノとソウマの簡易性能と役割

特性対象
赤 特性無 浮いてる敵 特性無し 黒 特性無 メタル 特性無 天使 特性無 エイリアン 特性有 ゾンビ 特性無 古代 特性無
攻撃対象 特性
範囲 ・打たれ強い
コスト 射程 役割
低.png低コスト 短射程短射程 壁

▶︎詳細ステータスはこちら

カノとソウマは育成するべき?

対エイリアン壁が欲しいなら育成しよう

「カノとソウマ」は「打たれ強い」特性と高い機動力により量産壁として使い勝手の良いキャラなので、エイリアン戦の前線維持に不安がある場合は育成することをおすすめします。

カノとソウマは進化するとどうなる?

性能に変化なし

「カノとソウマ」は第二形態になっても性能が変化しないため、見た目の好みで進化前後を使い分けることができます。

カノとソウマの最新評価

カノとソウマの強い点

▼エイリアンに打たれ強い

「カノとソウマ」は「打たれ強い」特性によりエイリアンに対して高い耐久性を発揮します。生産コストや再生産時間のわりに場持ちが良いため、エイリアン戦における壁役として優秀なキャラです。

▼移動が速い

「カノとソウマ」は移動が速い点も優秀です。すばやく前線に駆けつけて味方の壁になれるため、幅が広いフィールドでも出撃制限に悩まされる心配がありません。

カノとソウマの弱い点

▼エイリアン以外には使えない

「カノとソウマ」は元の体力が低いため「打たれ強い」特性を発揮できない状態だと壁役として力不足です。基本的にエイリアン戦以外では使えないため、壁役として活躍できるステージは限られてしまいます。

カノとソウマにキャッツアイは使うべき?

エイリアンに苦戦するなら使おう

「カノとソウマ」は「打たれ強い」特性を持っており、キャッツアイの恩恵を大きく受けることができます。耐久性が上がれば壁役として更なる活躍が期待できるため、エイリアンに苦戦しているならキャッツアイを積極的に使いましょう。

カノとソウマのステータス・特性

カノとソウマのステータス

攻撃頻度 再生産 ノックバック数
約3.37秒 約4.53秒 2回

カノとソウマの特性

・対 エイリアン 打たれ強い

カノとソウマの本能

無し


カノとソウマの解放条件

ガチャ排出

ガチャでは排出されません

▶︎ガチャのスケジュールはこちら

ガチャ以外の解放条件

ガチャ以外で入手することはできません。

カノとソウマのにゃんコンボ

にゃんコンボはありません。

▶︎にゃんコンボの組み合わせ一覧はこちら

味方キャラ関連情報

超激レア.gif超激レア 激レア.gif激レア
基本キャラクター.gif基本 EXキャラクター.gifEX レアキャラクター.gifレア

にゃんこ大戦争の攻略情報

攻略TOPに戻るにゃんこ大戦争攻略wikiトップ
リセマラ関連
リセマラ当たりランキング 効率的なリセマラのやり方
主要ランキング記事
最強キャラランキング 壁(盾)キャラランキング
激レアキャラランキング レアキャラランキング
人気コンテンツ
序盤の効率的な進め方 無課金攻略5つのポイント
ガチャスケジュール にゃんコンボ一覧
味方キャラクター一覧 敵キャラクター一覧
お役立ち情報一覧 掲示板一覧

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「カノとソウマの評価と使い道」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    Show?1541060590

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る