【崩壊3rd】若水(武装人形)の評価とスキル|おすすめキャラ

  【崩壊3rd Ver5.7アップデート情報!】
  ★Ver.5.7アップデートの情報まとめ

崩壊3rdにおける、武装人形「若水」の評価と基本情報について掲載しています。スキルや欠片の入手方法など詳しくまとめていますので、若水について調べる際の参考にしてください。

若水の評価 / 基本情報

若水の総合評価

若水

総合評価 9.0 / 10点
▶︎武装人形の評価一覧
簡易評価 ・氷ダメージを扱う元素アタッカー
・必殺技が高倍率
・深淵状態により敵が受ける氷ダメージをアップできる

若水の基本情報

人形タイプ 氷サポート
ランク SランクSランク
特徴
氷.png 吸い寄せ.png

▶︎各特徴のキャラ一覧
読み方 ジャクスイ
入手方法 人形補給
欠片 【入手方法】
人形補給
【ランクアップ優先度】
★★★★☆

若水のスキル情報

通常攻撃

【若水】通常攻撃の画像剣雨 通常攻撃1:水の弾2つ発射し、1つにつき攻撃力の240%の氷ダメージを与える。通常攻撃2:剣を振り回して波を発生させ、命中した敵に攻撃力の480%の氷ダメージを与える

【若水】通常攻撃の画像風が来る 戦闘開始時、人形は毎秒EPを1.6回復する
【若水】通常攻撃の画像雨が降る 人形の通常攻撃の全ダメージ+20.0%

必殺技

【若水】必殺技の画像去邪 陣を召喚し、広範囲の敵を吸い寄せる、継続時間7秒。期間中合計攻撃力の800%+5*100%+800%の氷ダメージを与え、敵に深淵状態を付与し、受ける氷ダメージ+10.0% 陣の継続時間中、一度で500以上の氷ダメージを与えた時、吸い寄せ効果が強化される。継続時間1秒、クールタイム1秒

【若水】必殺技の画像寒露を飲む 陣終了時、陣の中にいる敵の深淵状態の継続時間+4.0秒
【若水】必殺技の画像濁りを清める 深淵状態の敵が受ける氷ダメージ+3.0%
【若水】必殺技の画像明鏡止水 人形の必殺技の全ダメージ+21.0%

パッシブ

【若水】パッシブの画像無根 [チーム発動]チームに氷特徴のある戦乙女がいる時、深淵状態の敵が受ける氷ダメージ+8.0%

【若水】パッシブの画像常形なし 人形の初期EP+30.0
【若水】パッシブの画像常在なし [チーム発動]チームに氷特徴のある戦乙女が2名以上いる時、陣が終了した後、深淵状態の継続時間+2.0秒

連携

【若水】連携スキルの画像断水 キャラのQTEが敵に命中した時、人形が前方へ剣気を繰り出し、敵に攻撃力の800.0%の氷ダメージを与える、クールタイム10秒

【若水】連携スキルの画像海流入り 人形の通常攻撃による氷ダメージ+21.0%
【若水】連携スキルの画像滄海戻り 人形の連携攻撃はEPを6.0回復する

若水と相性のいいキャラ

蒼騎士・月魂の画像月魂 理の律者の画像理の律者 星淵のニュクスの画像星淵
おすすめ度
【★★★☆☆】
おすすめ度
【★★★★☆】
おすすめ度
【★★★★★】

全キャラ(戦乙女)の評価一覧

若水の強い点 / 弱い点

若水の強い点

深淵状態を付与して氷ダメージをアップする

若水は必殺技の発動により、敵に深淵状態を付与することができます。

深淵状態を付与された敵は受ける氷ダメージがアップされるほか、パッシブスキルでさらに深淵状態の敵に与える氷ダメージをアップできるので氷元素を扱うキャラの火力上昇バフとなるでしょう。

吸い寄せ効果で敵を集め、サポートする

若水は必殺技に広範囲の敵を吸い寄せることができます。

また、必殺技による[陣]発動中に一度で500以上の氷ダメージを与えた時にも吸い寄せ効果を発動できるので、散らばった敵を集めることで集団相手にも立ち回りやすくしてくれるでしょう。

若水の弱い点

深淵状態を付与できないとダメージアップできない

若水のダメージアップ効果はなによりもまず、深淵状態付与から始まるため、必殺技を発動しなければ氷元素キャラの火力上昇はできません。

また、必殺技発動後に沸いた敵などに対しては深淵状態を再び付与しなければいけないため、クエストによっては使いづらいでしょう。

関連記事

topへ戻る▶崩壊3rd攻略Wikiトップページ
崩壊3rdのリセマラのアイコンリセマラランキング 崩壊3rdの最強ランキングのアイコン最強ランキング 崩壊3rdのおすすめ編成のアイコンおすすめ編成
崩壊3rdの初心者用のアイコン初心者関連 お役立ち情報のアイコンお役立ち情報 最新情報のアイコン最新情報
キャラのアイコン全キャラの評価一覧 武器一覧のアイコン全武器の評価一覧 聖痕一覧のアイコン全聖痕の評価一覧
クエストのアイコン記憶戦場攻略 クエストのアイコン超弦空間攻略 コミュニティのアイコンコミュニティ

    攻略メニュー

    権利表記

    トップへ戻る