【崩壊3rd】戦乙女(キャラ)のスキル種類と強化方法

崩壊3rdにおける、戦乙女(キャラ)のスキル種類と強化方法について掲載しています。スキルの特徴や強化方法など詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

各スキルの特徴まとめ

スキル

スキル名 効果 / 特徴
リーダースキル 編成時にリーダーにした際に発動するスキル
パッシブ 戦闘に参加した際に自動で発動するスキル
回避 極限回避など回避行動に関わるスキル
特殊攻撃 QTEや出場スキルなど通常攻撃以外の攻撃に関するスキル
必殺技 EPを消費して発動する攻撃に関するスキル
通常攻撃 一部を除く基本的な攻撃に関するスキル
SPスキル 特定のキャラだけが持つスキル

各スキルの詳細

リーダースキル

リーダースキル
リーダースキルは、名前の通りリーダーに設定することで発動するスキルのことです。キャラごとにタイプやキャラ指定など効果対象が異なります。また、戦友(フレンド)を選択してクエストに挑戦した場合は戦友のキャラもリーダースキルが発動します。

パッシブ

パッシブスキルは、戦闘に参加した際に自動で発動するスキルのことです。自身にだけ影響があるものからパーティメンバー全員に影響があるものまで効果は様々ですが、基本的に戦闘を楽にできるので優先的に上げるといいでしょう。

回避

回避スキルは、極限回避など回避に関するスキルのことです。回避スキルを強化することで極限回避のクールタイム軽減や極限回避の効果などを強化できます。回避は、戦闘で使う場面が非常に多いので強化しておいて損はないでしょう。

特殊攻撃

特殊攻撃は、QTEや出場スキルなど通常攻撃と必殺技を除く攻撃に関するスキルのことです。主にQTE、出場スキル、分岐攻撃などを強化、開放することができます。出場スキルやQTEは、キャラによって使い勝手や使用頻度が異なるので、強化の優先度もキャラによって変わります。

必殺技

必殺技は、EPを消費して発動する効果に関するスキルのことです。必殺技の効果は敵にダメージを与えるものから、ステータス強化まで様々で効果はキャラごとに異なります。

通常攻撃

通常攻撃は、必殺技や特殊攻撃を除く基本的な攻撃に関するスキルのことです。通常攻撃は、戦闘の基本なのでスキルの強化優先度は比較的高めです。

SPスキル

SPスキル

SPスキルは特定のキャラが持つスキルで、キャラのランクを上げるごとに一つずつ解放できるようになります。

SPスキルで得られる効果は比較的大きいものが多いため、可能であれば上げられる最大値まで強化することがおすすめです。

スキルの解放や強化方法

①スキル強化はキャラページから行う

スキル
スキル強化ページはキャラページの「スキル」をタップすることでアクセスすることができます。

②スキルの解放条件を満たす

スキル解放
スキルの解放や強化にはそれぞれレベルやキャラランク等の条件が課せられています。指定の条件を満たすことで該当スキルの強化を行うことが可能です。

③素材を消費してスキルを強化する

スキル強化
スキル強化は基本コインを消費します。

ただし霊魂覚醒キャラやSP戦乙女のスキル強化にはコインとは別にスキル材料(高級)が必要となるため、自身の所有している資産と相談しながら強化を行うと良いでしょう。

スキルは強化すべき?

惜しまず強化しよう!

スキルの項目は1つにつきそれぞれ2~4個ありますが、選択ではなく強化した全ての項目が適用されるため、コインのみで強化できる場所等は迷わず強化していきましょう!

関連記事

topへ戻る▶崩壊3rd攻略Wikiトップページ
崩壊3rdのリセマラのアイコンリセマラランキング 崩壊3rdの最強ランキングのアイコン最強ランキング 崩壊3rdのおすすめ編成のアイコンおすすめ編成
崩壊3rdの初心者用のアイコン初心者関連 お役立ち情報のアイコンお役立ち情報 最新情報のアイコン最新情報
キャラのアイコン全キャラの評価一覧 武器一覧のアイコン全武器の評価一覧 聖痕一覧のアイコン全聖痕の評価一覧
クエストのアイコン記憶戦場攻略 クエストのアイコン超弦空間攻略 コミュニティのアイコンコミュニティ

    攻略メニュー

    新着コメント

    • >>[13254]右の四角に立って左側の2つを同時に撃つ、左の四角に立って右側の2つを同時に撃つ、ってだけなんだけど、当たり判定おかしくなってたりするのかも…?
      自分はそこは大丈夫だったけど、ブロック動いて足場ができるはずの所で何も起きなかったり(一旦リセットしたら直った)、戦闘BGMになっても敵がなかなか出現しなかったりはあった。あの空間バグっぽい挙動多い気がする

    • SVV2GM
      よろしくお願いします。

    権利表記

    トップへ戻る