【FF2】ステータスの上げ方と育成テクニック【スマホ版】

FF2トップ
FF2(ファイナルファンタジー2/スマホ版)の各種ステータスの上げ方とキャラクターの育成テクニックについて掲載しています。効率的な育成方法を知りたい方はこちらを参考にしてください。

ステータスの上げ方と説明

ステータス

ステータスの上げ方一覧

キャラクターのステータスは戦闘終了時に上がる可能性があり、何が上がるかは戦闘中の行動や戦闘結果などで変わります。

なお、ステータスが上がるかどうかは確率要素が強いため、「上げ方」欄に示す行動をしても上がらないことがあります。また、死んだり石化になったりしたまま戦闘を終了してしまうとステータスは伸びません。

種類 上げ方
最大HP 戦闘開始時よりもHPが減った状態で戦闘を終了する。大きく減っていると上がりやすい。また戦闘10回ごとにも上昇する。
最大MP 戦闘開始時よりもMPが減った状態で戦闘を終了する。大きく減っていると上がりやすい
攻撃 ちからを伸ばす/攻撃力の高い武器を装備する
命中レベル 熟練度の高い武器を装備する
命中率 ちからを伸ばす/命中率の高い武器を装備する
防御 防御力の高い防具を装備する
回避レベル 敵の物理攻撃のターゲットになる。ターゲットになればよいので敵の攻撃は外れてもよい
回避率 すばやさを上げる/なるべく軽い防具を装備する/回避率の高い装備をする
魔法防御レベル 敵の魔法攻撃のターゲットになる。ターゲットになればよいので敵の攻撃は外れてもよい
魔法防御率 たいりょくを上げる/まりょくを上げる/防具を装備する
ちから 「たたかう」を選ぶ。選んだ回数が多いと上昇確率が上がる
たいりょく 戦闘開始時よりもHPが減った状態で戦闘を終了する。大きく減っていると上がりやすい
せいしん 戦闘中に白魔法を使う。使った回数が多いと上昇確率が上がる
すばやさ 回避確率が高い状態で戦闘をする
ちせい 戦闘中に黒魔法を使う。使った回数が多いと上昇確率が上がる
まりょく 戦闘開始時よりもMPが減った状態で戦闘を終了する。大きく減っていると上がりやすい

ステータスの説明

種類 説明
最大HP HPの最大値
最大MP MPの最大値
攻撃 高いと1HITあたりのダメージが高い
命中レベル 最大HIT回数。持っている武器の熟練度と同じ
命中率 攻撃1HITごとの命中確率
防御 高いと敵から受けるダメージが小さい
回避レベル 敵からの物理攻撃を回避する判定の回数。これより多い回数ぶんの物理攻撃には回避判定が発生しない
回避率 敵からの物理攻撃を1HITあたり回避する確率
魔法防御レベル 高いとダメージ魔法の被ダメージ量が小さい
魔法防御率 ステータス異常を引き起こす魔法を回避する確率。また、敵の物理攻撃の追加効果を発生させない確率。ダメージ魔法のダメージには関係ない
ちから 攻撃力や物理攻撃の命中確率に影響
たいりょく HP上昇時の上昇量。魔法防御率にも影響
せいしん 白魔法の威力や命中率に影響
すばやさ 先制攻撃率、被先制攻撃率、回避率、行動順に影響
ちせい 黒魔法の威力や命中率に影響
まりょく MP上昇時の上昇量。魔法防御率にも影響

熟練度の上げ方と説明

種類 熟練度の上げ方/説明
武器 物理攻撃をする。対象は敵でも味方でも良い
[説明]高いと威力・HIT数・命中率が上がる
魔法 魔法を使う。対象は敵でも味方でも良い
[説明]高いと威力・命中率・消費MPが上がる
物理攻撃のターゲットになる
[説明]回避率が上がる

武器や魔法を使うほどレベルが伸びていく

「たたかう」や「まほう」コマンドで敵を攻撃すると熟練度ゲージが上がり、ゲージが上がりきった状態で戦闘を終えると熟練度が1上がります。もっと厳密に言うならば、熟練度は「戦闘終了時に持っていた武器種の熟練度ゲージを」「その戦闘中にたたかうをした回数ぶんだけ」上昇します。

なお、1回の戦闘で上がる熟練度は1までです。

熟練度は武器種・魔法種ごと

熟練度は武器種ごと・魔法種ごとに設定されており、どれかの熟練度がどれかに継承されるなどということはありません。

武器熟練度は敵が弱いと上がりにくい

武器の熟練度は戦闘中の敵に設定されているモンスターランクより高くは上がりにくくなっています。熟練度が上がらない場合は強い敵と戦闘するようにしましょう。なお、魔法の熟練度は敵によらず上がっていきます。

効率的な育成のテクニック

味方を攻撃してHPとMPを伸ばす

パーティアタック
味方を攻撃して戦闘開始時よりもHPやMPを減らした状態で戦闘を終了させることでHPやMPを伸ばすことができます。HPを伸ばす場合は物理攻撃や魔法攻撃を、MPを伸ばす場合はアンチやアスピルを味方に使いましょう。ただし死んだり石化になったりしたまま戦闘を終了してしまうとステータスは伸びません。

▼序盤はミンウ加入中にアンチでMP上昇

序盤はミンウのアンチを使って味方のMPを減らして戦闘を終了することで戦闘終了時のMP上昇を狙いましょう。ただし宿屋で回復する必要があるので、金策に困りがちになる序盤はお金には注意です。

▼終盤はアンチが不発しやすいのでアスピルを使いたい

終盤はアスピルを使いましょう。終盤はパーティメンバーの魔法防御が上がるためアンチが命中しないことが多くなります。また、自分にアスピルを使ってもMPが減ったあとにそのぶんのMPが回復するだけなので効果はありません。

▼敵が逃げやすくなるデメリットも

パーティのHPが高すぎると敵が逃げやすくなるため、敵から攻撃を受ける必要のある回避率などを育てるのに苦戦しやすくなるデメリットもあります。

両手盾で戦闘を終了し回避率と素早さを伸ばす

両手盾
両手に盾を装備すると回避率が高くなり、回避率が高い状態で戦闘を終了することで素早さが上がりやすくなります。素早さが上がると回避率が上がるだけでなく先制攻撃率も上がるためメリットが大きいです。

ただし、両手に盾を装備すると物理攻撃ができなくなるので、しばらくターンを回した後に敵を倒すときは他の味方に倒してもらうか魔法で倒しましょう。

両手盾→戦闘終了前に別武器に持ち替える

両手に盾を装備して「たたかう」を繰り返して戦闘終了前に武器を持ち替えることで、持ち替えた後の武器の熟練度を効率的に上げることができます。

熟練度は先述のとおり「戦闘終了時の武器の種類の熟練度ゲージを」「その戦闘中にたたかうをした回数ぶんだけ」上昇するため、演出の短い両手盾でたたかうを繰り返すことによって短時間でたたかうの回数を稼ぎ、戦闘終了前に熟練度を上げたい武器に持ち替える、というテクニックが使えます。

▼戦闘中に装備を変えるのはアイテム欄から

戦闘中にアイテム欄の一番上を表示し、そこから上にスクロールするボタン▲(画面右上付近)を押すことで戦闘中に装備を変更することができます。

テレポとケアルを交互に使ってケアルを強化

ダンジョンに入ってテレポ→テレポ使用者にケアルしてダンジョンに入る、を繰り返すことでテレポとケアルの熟練度を手軽に稼ぐことができます。

片手武器を両手で持つ二刀流で効率アップ

武器を両手で2本持つことで、1ターンの攻撃で2回攻撃したことになり、効率的に熟練度を上げることができます。なお、弓と素手は2回攻撃したという判定にはならないためこの方法は使えません。

FF2の関連記事

育成に関する記事
回避率と魔法防御の仕様
ステータスの上げ方と育成テクニック
各キャラの育成方針
コラム
リメイクによる違い
アルテマはなぜ弱いと言われるのか
冒険を始める前に知っておきたい知識

このゲームをプレイしている人におすすめ

1
ビビッドアーミー
【インストール不要】
個性豊かな兵士たちと陸・空・海を制覇せよ!中毒者続出のリアルタイムストラテジー
2
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
【リリース開始!】
人気TVアニメがゲームで登場!サクサク育成が可能なハーレム系RPG!
3
大軍師
【インストール不要】
自らの都市を繁栄させ、軍備を強化し、様々なイベントを楽しめる本格三国SLG!

    いいね機能

    コメントを「いいね」すると保存できるよ。
    会員登録でいろんな機能が使える!

    記事・書き込みへのご意見はこちら
    記事・書き込みへのご意見
    ゲームエイトをご利用いただきありがとうございます。
    記事をより良くしていくために、「ステータスの上げ方と育成テクニック【スマホ版】」に関する間違いの指摘やご意見、感想などを募集しています。
    不具合のご報告の際には、どのような状況でどのような症状が起きたかを可能な限り詳細にご記入ください。
    • FF2攻略Wiki

    • ステータスの上げ方と育成テクニック【スマホ版】

    ランキング

    新作ゲーム

    事前登録

    最大3000円分のAmazonギフトコードが当たる!30秒で引ける事前登録くじ開催中!

    権利表記

    トップへ戻る